« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月31日 (金)

こむらさきいろの奥行だんだんに赤から青へ ふかみとはふくみ

七百七十二日目。灰色に救われし日々のあり。三月尽。

Dsc001472

こむらさきいろの奥行だんだんに赤から青へ ふかみとはふくみ

 

2017年3月30日 (木)

すき間とかきわに目が行くひとのあらん いちまいの絵の前に立つとき

七百七十一日目。見えるところよりも、見えないところに時間をかける。

199303_q1

すき間とかきわに目が行くひとのあらん いちまいの絵の前に立つとき

 

2017年3月29日 (水)

Barnett Newman氏あたり掲げつついまだに美とか崇高だとか

七百七十日目。ほっと一息。お湯わり飲みながら。

1scan52

Barnett Newman氏あたり掲げつついまだに美とか崇高だとか

 

2017年3月28日 (火)

正面は筆のいきおい 側面を滲むえのぐのこころのうごき

七百六十九日目。閑話休題。

Raku

正面は筆のいきおい 側面を滲むえのぐのこころのうごき

 

2017年3月27日 (月)

横になるすなわちねむるうら若き夏のかなたの添い寝の時間

七百六十七日目。睡眠力を鍛えねば。

P5070344

横になるすなわちねむるうら若き夏のかなたの添い寝の時間

 

2017年3月26日 (日)

我が家から蜜柑山まで一キロほどあれどその間人家はひとつ

七百六十六日目。昭和の時代。

Capture_one_1086321mb

我が家から蜜柑山まで一キロほどあれどその間人家はひとつ

 

2017年3月25日 (土)

いつもいつもバス通りから下りくる男を巡る視線のゆくえ

七百六十五日目。影ある男のゆくえ気になる。

Capture_one_1087821mbmatahanigeruin

いつもいつもバス通りから下りくる男を巡る視線のゆくえ

 

 

2017年3月24日 (金)

眩しきに瞼とざせばにわかにも暗きはだかの絵となる自分

七百六十五日目。目を閉ざすと、はだかになったような気がする。

Capture_one_1091921mb

眩しきに瞼とざせばにわかにも暗きはだかの絵となる自分

 

 

2017年3月23日 (木)

はじまりよりつねに大地は震えおり 奢りの春の花のゆたけさ

七百六十四日目。春の縁側。

Capture_one_1091221mb

はじまりよりつねに大地は震えおり 奢りの春の花のゆたけさ

2017年3月22日 (水)

すき間へと注ぐ眼差し 絵の前に佇むわれもひとつの装置

七百六十四日目。一度しぼんだゴム風船はなかなか膨らまない、割れもしないが。

Capture_one_1089021mb

すき間へと注ぐ眼差し 絵の前に佇むわれもひとつの装置

 

 

 

2017年3月21日 (火)

ことさらに絵を眩しくさせるための装置、あるいは不意のま夏のひざし

七百六十一日目。

夏は不連続に、一挙にやって来る。・・・、
画家、中西夏之氏のことばから。(「夏のために」1975)

Capture_one_10931ototui21mb

ことさらに絵を眩しくさせるための装置、あるいは不意のま夏のひざし

 

 

2017年3月20日 (月)

物質におもねんとする空間の希薄なるさま あるじなきその

七百六十一日目。感性の主観的な条件としての空間。Raum。

P5070354

物質におもねんとする空間の希薄なるさま あるじなきその


 

2017年3月19日 (日)

mediumからpigmentへと意のままにわれを誘う絵ふでが欲しい

七百六十一日目。のぞむべくもないけれど。鉤括弧。

P12700142

mediumからpigmentへと意のままにわれを誘う絵ふでが欲しい

2017年3月18日 (土)

AIを容れる器の拙さを思いみるとき脳は悲しむ

七百五十九日目。たまには空を見上げたい。

Pb290028

AIを容れる器の拙さを思いみるとき脳は悲しむ

 

2017年3月17日 (金)

校庭にあそぶ友らの声を避けてバックネットのかげに微睡む

七百五十八日目。絵の具の乾きがいまいち遅い。早すぎても困るのだが。

Pb290023


校庭にあそぶ友らの声を避けてバックネットのかげに微睡む

 

2017年3月16日 (木)

仰向けにみるとき空ははるけくあり 神よ友よと祈らぬでもない

七百五十七日目。厳冬期の難工事、やれやれ😥。

Pb300030_2

仰向けにみるとき空ははるけくあり 神よ友よと祈らぬでもない

 

2017年3月15日 (水)

友ありてその友のありて百千の土鳩つぶやくなかを群れ行く

七百五十六日目。三月半ば、もうすぐ四月。

Dsc002952

友ありてその友のありて百千の土鳩つぶやくなかを群れ行く


 

 

2017年3月14日 (火)

はな終えて啓翁ざくらさみどりのわかば萌え立つ花瓶のみずに

七百五十五日目。花が終わるとわかばが萌えだす、家の中でも。

Img_20170303_234340_hdr

はな終えて啓翁ざくらさみどりのわかば萌え立つ花瓶のみずに


 

 

2017年3月13日 (月)

ふきわたる風の音いろを慈しむごときまなざし水際べに見す

七百五十四日目。絵のいろを忠実に再現することはむずかしい。

166fence_mg_065821mb

ふきわたる風の音いろを慈しむごときまなざし水際べに見す

2017年3月12日 (日)

絵より先にことばがあるのかもしれないが交わす時候の挨拶がつづく

七百五十三日目。春、すこしのんびりしよう。

Flag_fence_girigiri_201003_b4_edite

絵より先にことばがあるのかもしれないが交わす時候の挨拶がつづく

 

2017年3月11日 (土)

にわたずみ 仰向けに見る感じありて大空高くまわすパラソル 

七百五十二日目。ついついのぞいてしまう水溜まり。今はあまり、見ないけれど。

Flag_fence_girigiri_201003_c1

にわたずみ 仰向けに見る感じありて大空高くまわすパラソル 

 

2017年3月10日 (金)

えがくべきは個性にあらねばやんわりと一歩手前にとどまるこころ

七百五十一日目。一歩手前、だいじなことば。

Flag_fence_girigiri_201003_c2_2

えがくべきは個性にあらねばやんわりと一歩手前にとどまるこころ

 

2017年3月 9日 (木)

空間ははためく旗のようなればすこし遅れてかぜに逆らう

七百五十日目。柚子の香りは食欲をそそる。

P9050001

空間ははためく旗のようなればすこし遅れてかぜに逆らう

 

2017年3月 8日 (水)

ものかげに人のかげあるこれの世の刹那に肌理の交わりを編む

七百四十九日目。夜になると、なおのこといきおうはずだったのだが。

P1010025

ものかげに人のかげあるこれの世の刹那に肌理の交わりを編む


 

 

2017年3月 7日 (火)

夜の道のフェンス越しにみる沈丁の陰をならんで木瓜の花あり

七百四十八日目。こちらは山茶花。

Pc080051

夜の道のフェンス越しにみる沈丁の陰をならんで木瓜の花あり

 

2017年3月 6日 (月)

対角線上のアリスは尾っぽふりふりラクに擦り寄るどちらもコーギー

七百四十七日目。

コーギーは通常生後間もなく断尾するが、動物愛護の立場から尾をのこすようになった。

P8080001

対角線上のアリスは尾っぽふりふりラクに擦り寄るどちらもコーギー

 

2017年3月 5日 (日)

顔のない夜の自画像 鬱鬱とかがみの中のわれを見ている

七百四十六日目。パソコンの修復作業ほぼ終わる。

Pc080008

顔のない夜の自画像 鬱鬱とかがみの中のわれを見ている

 

2017年3月 4日 (土)

帽の子ら紅と白とに分かれいしが(元の隊形に戻れとだれか)

七百四十五日目。紅白帽は目立ちます。

Pc080017

帽の子ら紅と白とに分かれいしが(元の隊形に戻れとだれか)

 

2017年3月 3日 (金)

絵筆手にわれを消しつつ夜のふけを鏡の中のわれがみている

七百四十四日目。夜の自画像。

P50600102

絵筆手にわれを消しつつ夜のふけを鏡の中のわれがみている

 

2017年3月 2日 (木)

絵の具から絵になるまでの距離感を問いつつはこぶ絵筆のおもさ

七百四十三日目。久々の雨。降るごとに暖かくなるような。

P3240046

絵の具から絵になるまでの距離感を問いつつはこぶ絵筆のおもさ

 

2017年3月 1日 (水)

素地と絵とのあわいをさぐるこころみとしての糸口 線を抽き出す

七百四十二日目。三月朔日。おもいあらたに。

Flag_fence_girigiri_201001_c102

素地と絵とのあわいをさぐるこころみとしての糸口 線を抽き出す

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

weather report

tweets

Flag Fence Giri-giri

  • ALUMATIKSTUDIO
    flag-fence-girigiri

掲示板

LINK

フォト

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ

page top

  • 右にある→