« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月31日 (水)

柔らかきアジサイの葉をひとつ選び鼻かむわれが道の端をゆく

八百三十三日目。

絵と照明との関係は、思っている以上に大きい。
できるだけゆっくりと、絵を見るための、配慮をこころがけたく思う。

Dsc009032

柔らかきアジサイの葉をひとつ選び鼻かむわれが道の端をゆく

 

2017年5月30日 (火)

廃院の庭にあそべば手つかずのくさぐさのなかアジサイは闇

八百三十二日目。

子どものころの記憶では、アジサイは、土のあるところには、どこにでもあったような気がする。
雑草だと思っていた。

Dsc009044

廃院の庭にあそべば手つかずのくさぐさのなかアジサイは闇

 

 

2017年5月29日 (月)

ウスムラサキいろの小首を携えてくるくるぼくを目がけて鳩が

八百三十一日目。

フラッグ《フェンスぎりぎり》一歩手前展は、しずかに幕を閉じました。

ご来場いただきましたみなさま、どうもありがとうございます。
それから、展覧会を支えてくれたスタッフのみなさまにも御礼申し上げます。感謝。

Dsc00783

ウスムラサキいろの小首を携えてくるくるぼくを目がけて鳩が

 

2017年5月28日 (日)

気負いすぎるタイトル名とともに見るアクロバットなる一組の絵

八百三十日目。最終日。

Dsc007092

気負いすぎるタイトル名とともに見るアクロバットなる一組の絵

 

 

2017年5月27日 (土)

重々しく吊皮がゆれる此れの世の頭上を占むる広告の波

八百二十九日目。吉祥寺美術館展示風景。

Dsc007102

重々しく吊皮がゆれる此れの世の頭上を占むる広告の波

 



 

 

 

 

 

2017年5月26日 (金)

FRISKをデパスがわりにひとつふたつなめなめきょうは特快にする

八百二十八日目。あとふつか。

Dsc00747

FRISKをデパスがわりにひとつふたつなめなめきょうは特快にする



 

 

 

2017年5月25日 (木)

年内に千首は超えるだろうけれど一日一首、ぼうぼうの庭

八百二十七日目。吉祥寺美術館エントランス。気持ちのいい空間です。

Dsc006862

年内に千首は超えるだろうけれど一日一首、ぼうぼうの庭

 

2017年5月24日 (水)

くろぐろき翅虫がわが画布の上にえがく三角かんけいは淫靡

八百二十六日目。

吉祥寺美術館:フラッグ《フェンスぎりぎり》一歩手前展は、まもなく幕を閉じます。
28日(日曜日)が最終日。19時30分まで開館しております。

Dsc007682 灰黄

くろぐろき翅虫がわが画布の上にえがく三角かんけいは淫靡

 

 



 

)

 

2017年5月23日 (火)

しろじろき画布の上なる三匹の翅虫はいま恋愛中らし

八百二十五日目。

左より、かげふみ、アクロバット・左/右。

Dsc007232

しろじろき画布の上なる三匹の翅虫はいま恋愛中らし

 



 

 

 

 

2017年5月22日 (月)

エネルゲイアすなわち「活動ーしてーいること」エルゴン・Werk・作品ともいう

八百二十四日目。

一歩手前のためのトリプティク、左から、三月号、四月号、五月号。

Dsc00706

エネルゲイアすなわち「活動ーしてーいること」エルゴン・Werk・作品ともいう

 

 

2017年5月21日 (日)

雨晴れて 日日の屈託の真向こうにつかのまのぞく格別の場所

八百二十三日目。

 移りゆく日々の敷居に影落とし、一歩手前にとどまるこころ

 または、逃げる韻を踏む日々 たちまちに過ぎてちいさき絵をひとつ足す

 雨晴れて 日日の屈託の真向こうにつかのまのぞく格別の場所

20090119hinoki_006p1fencep80_blue

日々にかかわる、三連三首詠。

上から順に、

「移りゆく日々の敷居」は、高橋悠治さんの新曲のタイトル、

「または、逃げる韻を踏む日々」は、絵のタイトル、

「日日の屈託の真向こうに」は、平井亮一さんのテキストのタイトル、
それぞれが織り込まれています。

 

2017年5月20日 (土)

さまざまの国の言語に訳されし保証書の中のひらがなをひろう

八百二十二日目。

講演「芸術作品とは何か-ハイデッガーの立場から」
秋富克哉(京都工芸繊維大学教授)さんにお話しいただきました。

哲学の現場はさすがに熱い。

Flag7_19994

さまざまの国の言語に訳されし保証書の中のひらがなをひろう

 

 

2017年5月19日 (金)

超越的(トランセンド) かかる名を持つメーカーの無期限保証書は言語の坩堝(るつぼ)

八百二十一日目。

または、逃げる韻を踏む日々・AA-うしろ前より 
Or,Days to Rhyme the Lines Runnning Away-From Back to Front

Capture_one_087821mbmatahanigeruinw

超越的(トランセンド) かかる名を持つメーカーの無期限保証書は言語の坩堝(るつぼ)

)

)

 

2017年5月18日 (木)

多様なる国の言語を和らげるごとく日本のひらがなはあり 保証書を読む

八百二十日目。

空耳・下-うしろ前より Mishearing・Lower-From Back to Front

Capture_one_1095021mbsoramiminosita

多様なる国の言語を和らげるごとく日本のひらがなはあり 保証書を読む


 

 

 

2017年5月17日 (水)

年老いし母のごとくにあゆめるはわれなるか 動画の編集がつづく

八百十九日目。

たまたま映り込んでしまった動画の中の自分の声とすがた。

非常口・左-縁側より Emergency Exit・Left-From Engawa

Capture_one_7684221mbhijyougutil_4

年老いし母のごとくにあゆめるはわれなるか 動画の編集がつづく

 

 

2017年5月16日 (火)

またひとり土鳩の色のスカーフをゆらしつつくる険しき目をして

八百十八日目。いま、吉祥寺美術館のエントランスの壁に飾られています。

去嫌 Sari-kirai

Flag_fence_girigiri_201003_a5

またひとり土鳩の色のスカーフをゆらしつつくる険しき目をして

 

2017年5月15日 (月)

漸うにねむくなりたるわが自然リズムよとうに朝だ朝だよ

八百十七日目。この三枚の絵はやや中途半端なところがある。

等身大のトリプティク Life-sized Triptych

9_mg_192551mbtousindai_2

漸うにねむくなりたるわが自然リズムよとうに朝だ朝だよ

 

2017年5月14日 (日)

カーテンの隙間にあそぶ朝の陽へ導かれたし セロトニン来よ

八百十六日目。 壁虎 Gecko

脳における、セロトニンと、メラトニンとの関係をいうひとが多いが、ほんとうのところどうなんでしょう?

8fence_girigiri_2013_c16_hekiko2

カーテンの隙間にあそぶ朝の陽へ導かれたし セロトニン来よ

 

 

2017年5月13日 (土)

脳内瓦斯大爆発炎上あわれ薬物にたよるほかなき睡眠の質

八百十五日目。字余りの夜明け前。

飛礫 Cobblestones

7_mg_06642_20150309201611052

脳内瓦斯大爆発炎上あわれ薬物にたよるほかなき睡眠の質

 

 

2017年5月12日 (金)

カーテンをもたぬ出窓はめざめやすく再び眠るをよろこばずなり

八百十四日目。  細石 Sazare   

不眠症の人は意外に多い。いい季節なのに、残念。
朝のひかりが、脳とからだに効くそうです。

6_mg_0663pmsasare2
カーテンをもたぬ出窓はめざめやすく再び眠るをよろこばずなり


 

 

 

2017年5月11日 (木)

ピアニストの右手が挙がり軽く弧をえがくとき、音と画像の全てが終わる

八百十三日目。

小石を繋ぐ-ⅰ。音と言葉と絵との対話。

5capture_one_786921mb_3

ピアニストの右手が挙がり軽く弧をえがくとき、音と画像の全てが終わる

 

2017年5月10日 (水)

パソコンのキーボードへと指示を送るピアニスト高橋さんの呼吸がすべて

八百十二日目。

夜道 The Road at Night 「移りゆく日々の敷居」より

4dsc_29693yomichi21mb

パソコンのキーボードへと指示を送るピアニスト高橋さんの呼吸がすべて

 

2017年5月 9日 (火)

プロトコルとは古代ギリシャのパピルスの表紙のうらの一頁目のこと

八百十一日目。

沈丁花 Daphne

3jinchouge21mb

プロトコルとは古代ギリシャのパピルスの表紙のうらの一頁目のこと


 

 

2017年5月 8日 (月)

絵巻物のさいしょのページは「白紙」なれば プロトコロンという遊び紙

八百十日目。

隣りのフェンス The Next Fence

画像としては、2番目の絵になりますが、白紙のページが巻頭に1枚あるので、
3ページ目ということになります。

2dsc0047831mbtonarinofence

絵巻物のさいしょのページは「白紙」なれば プロトコロンという遊び紙

 

 

2017年5月 7日 (日)

移りゆく日々の敷居に影落とし、一歩手前にとどまるこころ

八百九日目。

垣根のアカメはいまが盛り。AKAME-V・L

12003flagakames602

移りゆく日々の敷居に影落とし、一歩手前にとどまるこころ

 

2017年5月 6日 (土)

あら、月 恩賜公園木々の間に浮かぶ月みる八個のまなこ

八百八日目。

高橋 悠治さんの、ピアノコンサート、「移りゆく日々の敷居」、深い余韻を残しつつ、終える。

Photo

あら、月 恩賜公園木々の間に浮かぶ月みる八個のまなこ

 

 

2017年5月 5日 (金)

わが道は砂のながれ 砂利の浜と砂丘のあいだ 霧立ちこめて

八百七日目。こどもの日。

吉祥寺美術館へようこそ。

Photo

わが道は砂のながれ 砂利の浜と砂丘のあいだ 霧立ちこめて

 



 

 

2017年5月 4日 (木)

ぬれやすき小石が放つ日のひかり さらさらとあれ石つぶてが舞う

八百六日目。

大石、栗石、小石、細石、礫石の順に、石は小さくなるのだそうな。

Photo_2

ぬれやすき小石が放つ日のひかり さらさらとあれ石つぶてが舞う

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

2017年5月 3日 (水)

いくたびも車内通話をこころみるこの娘(こ)深刻 就活中なり

八百五日目。

憲法記念日のきょう。

Photo

いくたびも車内通話をこころみるこの娘(こ)深刻 就活中なり

 

2017年5月 2日 (火)

細く長く吟じいる声益荒男が電車車内に陶酔をせり

八百四日目。

吉祥寺美術館展示風景その2。

Photo

細く長く吟じいる声益荒男が電車車内に陶酔をせり

 

2017年5月 1日 (月)

まずは手のゆっくりとしたる動きより『えのぐのゆくえ』は始まりにけり

八百三日目。きょうから五月。思いあらたに。

北村周一 フラッグ《フェンスぎりぎり》一歩手前展は、5月28日まで。

Photo

吉祥寺美術館での展示風景の一コマ。撮影は、S&T PHOTO

まずは手のゆっくりとしたる動きより『えのぐのゆくえ』は始まりにけり

 

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

weather report

tweets

Flag Fence Giri-giri

  • ALUMATIKSTUDIO
    flag-fence-girigiri

掲示板

LINK

フォト

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ

page top

  • 右にある→