« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月30日 (金)

墓守はふかき緑とみてあれば家また家のいきおうばかり

八百六十三日目。

一年の半分が終わる。ゆっくりと先へ進もう。

Img_20170605_125344_2

墓守はふかき緑とみてあれば家また家のいきおうばかり

 

2017年6月29日 (木)

愛煙家たちが手招く二次会の席はあまねくけむたそうなり

八百六十二日目。

都内に入ると、駅前は殊のほかにぎやかだった。選挙戦も中盤なのだろう。

Dsc004812

愛煙家たちが手招く二次会の席はあまねくけむたそうなり

 



 

 

2017年6月28日 (水)

六月の画廊のまどをそめいたる庭の草ぐさ その庭もなし

八百六十一日目。

梅雨らしい一日となりそう。雨傘必需。

Dsc005092

六月の画廊のまどをそめいたる庭の草ぐさ その庭もなし

 

 

2017年6月27日 (火)

夕闇を背にしてきみが眺めていたあの六月の庭はもうない

八百六十日目。

湿度の高い一日。植物はよろこぶ。

Dsc005081

夕闇を背にしてきみが眺めていたあの六月の庭はもうない

 

 

 

2017年6月26日 (月)

六月の庭の片隅ぽつねんときみは佇ちおり夕暮れを連れて

八百五十九日目。

小学校は、きょうがプール開き。梅雨の中休み。

Dsc009052

六月の庭の片隅ぽつねんときみは佇ちおり夕暮れを連れて

 

 

 


 

 

 

2017年6月25日 (日)

六月のまなこつむればたちまちに白き光となるまどの外

八百五十八日目。

非常口の一歩手前にようこその題につられて絵を見るひとも

Dsc00735

六月のまなこつむればたちまちに白き光となるまどの外

 

2017年6月24日 (土)

群れることに不慣れなる子が父と行く水族館は声なき世界

八百五十七日目。

子どものからだの七割は水分なのだ。

Dsc007852

群れることに不慣れなる子が父と行く水族館は声なき世界

 

2017年6月23日 (金)

雨漏りもこのアトリエの一部なりとさとりき 梅雨のあらしのあとで

八百五十六日目。

大嵐ののちの暑さは厳しい。

Dsc00784

雨漏りもこのアトリエの一部なりとさとりき 梅雨のあらしのあとで

 

 

2017年6月22日 (木)

猛々しき雨風午後を吹き荒れて庭に転がる蜂の巣ひとつ

八百五十五日目。

昨日、大量の雨が降りました。風も凄かった。局地的猛烈な雨。

Dsc00849

猛々しき雨風午後を吹き荒れて庭に転がる蜂の巣ひとつ

 


 

 

 

2017年6月21日 (水)

ひととなりが絵にも配置にもあらわれて見た目以上に見せたきこころ

八百五十四日目。

全体が見渡せる場所を求めて。

Dsc00758

ひととなりが絵にも配置にもあらわれて見た目以上に見せたきこころ

 

 

 

2017年6月20日 (火)

木々の枝を払いつつわが浸るなり 庭のクチナシいまが満開

八百五十三日目。

今年は、梔子がよく咲いた。庭の手入れはまだ終わらない。

Dsc00884

木々の枝を払いつつわが浸るなり 庭のクチナシいまが満開

 

2017年6月19日 (月)

なき友のその妻にして雨の中をほがらほがらにあゆみゆく脚

八百五十二日目。

椅子を置くスペースの余裕があればよかった、という意見が多かった。

Dsc007122

なき友のその妻にして雨の中をほがらほがらにあゆみゆく脚

 

2017年6月18日 (日)

幾たびも死者をねむらせかぎりなく白にちかづく日の没りの黄

八百五十一日目。

黄色と白の対比によるフラッグ、右肩下がり。

Dsc00759_2

幾たびも死者をねむらせかぎりなく白にちかづく日の没りの黄

 

 

 

2017年6月17日 (土)

あさいちばん露天湯につかり鶯の声にききいることばは要らず

八百五十日目。

ゆっくりと、えのぐの白を堪能する余裕が欲しい。

Dsc008963

あさいちばん露天湯につかり鶯の声にききいることばは要らず

 

 

 

2017年6月16日 (金)

憂うべき何事もなききょうのひとひ梅雨入りまえの伊東へ来てり

八百四十九日目。

みみときわ、または逃げる韻を踏む日々、空耳。

Dsc00835_2

憂うべき何事もなききょうのひとひ梅雨入りまえの伊東へ来てり

 

 

 

2017年6月15日 (木)

花菖蒲紫陽花のはなの咲きそろう小田原城址公園にあそぶ

八百四十八日目。

手入れが大変だと思います。

Dsc008192_2

花菖蒲紫陽花のはなの咲きそろう小田原城址公園にあそぶ

 

 

2017年6月14日 (水)

冬パジャマ春パジャマをへて夏パジャマへ移行せしのち梅雨寒は来ぬ

八百四十七日目。

ニッチな季節。ニッチには落ち着くという意味もあるが。

Dsc009132

冬パジャマ春パジャマをへて夏パジャマへ移行せしのち梅雨寒は来ぬ

 

 

 

 

 



 

 

2017年6月13日 (火)

睡眠は五時間取れば事足りる のだろうか中吊りの説を怪しむ

八百四十六日目。

梅雨寒の一日。

Dsc009145

睡眠は五時間取れば事足りる のだろうか中吊りの説を怪しむ

 

2017年6月12日 (月)

六十を過ぎて漸う腑に落ちたり やまいのすべての根源は気質

八百四十五日目。

ぼうぼうの庭の剪定をはじめる。すずしいうちに。

Dsc008012

六十を過ぎて漸う腑に落ちたり やまいのすべての根源は気質

 

 

 

2017年6月11日 (日)

病めるわが脳の一部に父がいてウニを舐めおり生湯葉の上の

八百四十四日目。

生湯葉も、ウニもむろん石川県産。

Dsc00875_3

病めるわが脳の一部に父がいてウニを舐めおり生湯葉の上の

 

2017年6月10日 (土)

円陣を組み直すべきか 見よながれわろき排水口は毛だらけ

八百四十三日目。

物の汚れが、目立ち始める時期でもある。

Dsc008512

円陣を組み直すべきか 見よながれわろき排水口は毛だらけ

 

 

2017年6月 9日 (金)

感性がずんずんとぼくを押しのけて見たことのない絵の前に立たす

八百四十二日目。

吉祥寺美術館での、一歩手前展の絵を見てくれた人の感想を読んで、思ったこと。

Dsc008312

感性がずんずんとぼくを押しのけて見たことのない絵の前に立たす

 

2017年6月 8日 (木)

短歌には出口が多いと嘆くまえに独語は電子辞書に替えたし

八百四十一日目。

ことばが、先にあるわけではないが。

Dsc008432

短歌には出口が多いと嘆くまえに独語は電子辞書に替えたし

 

 

2017年6月 7日 (水)

壁ぎわの隙間よりみえる絵のありてうごく影あり絵をみる人の

八百四十日目。

さまざまな隙間へのいざない。

Dsc008412

壁ぎわの隙間よりみえる絵のありてうごく影あり絵をみる人の

 



 

 

2017年6月 6日 (火)

吉祥寺美術館から海までの距離を思(も)いつつ青い絵をみる

八百三十九日目。

波打ち際のように見えたのでしょうか。

Dsc008282

吉祥寺美術館から海までの距離を思(も)いつつ青い絵をみる

2017年6月 5日 (月)

『秋空』の一歩手前に白砂の絵が立ちならぶ 波音さえも

八百三十八日目。

吉祥寺美術館:短歌クラブのみなさま、どうもありがとう。本歌取りにて。

Dsc008262

『秋空』の一歩手前に白砂の絵が立ちならぶ 波音さえも

 

2017年6月 4日 (日)

美術館巡りが趣味というひとのひとふでがきのようなつぶやき

八百三十七日目。

少なからず、だれにでも、の時代というものがあるように思う。

Dsc008042

美術館巡りが趣味というひとのひとふでがきのようなつぶやき

 

2017年6月 3日 (土)

段階的明暗技法は身につかず気づけば嚏(くさめ)止まらぬ五月

八百三十六日目。

梅雨入り前の、穏やかな六月。

Dsc00692_2

段階的明暗技法は身につかず気づけば嚏(くさめ)止まらぬ五月

2017年6月 2日 (金)

ハイデッガーに「見護り」という思考あり、車窓をよぎる躑躅また躑躅

八百三十五日目。

見護ることで、作品が作品として成り立つことを維持する。

Dsc007872

ハイデッガーに「見護り」という思考あり、車窓をよぎる躑躅また躑躅

 

 

2017年6月 1日 (木)

灰色には遠いけれど黒または白の鍵盤があやなすねいろの微妙

八百三十四日目。

もしかしたら、灰色の鍵盤というものも、あるのかもしれないが。

Dsc008092

灰色には遠いけれど黒または白の鍵盤があやなすねいろの微妙

 

 

 

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

weather report

tweets

Flag Fence Giri-giri

  • ALUMATIKSTUDIO
    flag-fence-girigiri

掲示板

LINK

フォト

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ

page top

  • 右にある→