« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月31日 (月)

盛夏、色とりどりのランドセルのCM流れ若き親ら浮き立つ

八百九十三日目。

モルト・防水、左。

Flag_fence_girigiri_201001_c7l_edit

盛夏、色とりどりのランドセルのCM流れ若き親ら浮き立つ

 

 

 

2017年7月30日 (日)

浴衣女子男子ちらほら駅頭に見れど午後から雨の日のきょう

八百九十三日目。

モルト(防水)、右。

_mg_19282r

浴衣女子男子ちらほら駅頭に見れど午後から雨の日のきょう

 

 

2017年7月29日 (土)

立ち並ぶキリコのいくつそのひとつ夏のよぞらに担ぐすずしさ

八百九十二日目。

能登の、キリコ大祭は優美かつはげしい。

Flag_fence_girigiri_201001_c4

立ち並ぶキリコのいくつそのひとつ夏のよぞらに担ぐすずしさ

 

2017年7月28日 (金)

無頼への憧憬は止まず浮き沈む河口間近のトリスの小瓶

八百九十一日目。

暑いときの大掃除、気分転換。

Flag_fence_girigiri_201003_b7

無頼への憧憬は止まず浮き沈む河口間近のトリスの小瓶


 

 

 

2017年7月27日 (木)

できる限りゆっくりと線を引くように、と書き足すメモ魔の画家の猫背よ

八百九十日目。

胸を張って言えることではないのですが。

Flag_fence_girigiri_201003_c31mb

できる限りゆっくりと線を引くように、と書き足すメモ魔の画家の猫背よ

 

2017年7月26日 (水)

崩しながら組み立て直すいとなみも風のまにまに絵になることも

八百八十九日目。

モルト、右。

Flag_fence_girigiri_201003_a3r

崩しながら組み立て直すいとなみも風のまにまに絵になることも

 

 

 

2017年7月25日 (火)

よい痴れて石屋の庫の石の上に眠りいるなり墓石としらで

八百八十八日目。

モルト、左。
molto:非常に、それとも、mortar:モルタル、なのかそれとも、
molt:羽毛、生え替わる時期、なのか、いまもって不明。

Flag_fence_girigiri_201003_a3l

よい痴れて石屋の庫の石の上に眠りいるなり墓石としらで

 

 

 

 



 

 

2017年7月24日 (月)

凹凸のはげしき夢のはざまにて目覚めしわれがわれを起こしぬ

八百八十七日目。

床と、天井と、壁面が作る、すり鉢状の空間。そのなかに立つ人となる。

Dsc00451

凹凸のはげしき夢のはざまにて目覚めしわれがわれを起こしぬ

 

 

2017年7月23日 (日)

奥能登の凹なるところわが生れし町の静けさ 夏のおわりの

八百八十六日目。

美術館を出て南に少し歩くと、松林が広がる。

Dsc003852

奥能登の凹なるところわが生れし町の静けさ 夏のおわりの

 

 

 

 

 

 

 



 

 

2017年7月22日 (土)

中央にあるべき舌が右往左往口内炎なら良しと思いつつ

八百八十五日目。

カテゴリア、アマリリス、旗日とつづく。いつまでもそこにあるわけではない。

Dsc00321

中央にあるべき舌が右往左往口内炎なら良しと思いつつ

 

 

2017年7月21日 (金)

ねむりにも勝ち負けはありやおおデパス0.5ミリに託す正夢

八百八十四日目。

にぎやかな空間のなかにも、しずもりはあると。

Dsc002722

ねむりにも勝ち負けはありやおおデパス0.5ミリに託す正夢


 

 

2017年7月20日 (木)

絵の中の道具仕立てにおもねいる画家のしごとにほころびはなし

八百八十三日目。

実験をたのしむ余裕が欲しい。失敗もまた。

Dsc00270_2

絵の中の道具仕立てにおもねいる画家のしごとにほころびはなし

 

2017年7月19日 (水)

泣かされて汗ばむこころああデパス0.5ミリに託す逆夢

八百八十二日目。

海のにおいのする美術館。沼津市庄司美術館。

Dsc00345

泣かされて汗ばむこころああデパス0.5ミリに託す逆夢

 

 

2017年7月18日 (火)

ねむるならノラ猫のごとひっそりとプールサイドにその身預けて

八百八十一日目。

羨ましいくらい無防備である。

Dsc00268

ねむるならノラ猫のごとひっそりとプールサイドにその身預けて

 

 

2017年7月17日 (月)

夏休みに近づきにつつ水際べを着衣のままの訓練終うる

八百八十日目。

純白絵画のはじまり。

Dsc00457

夏休みに近づきにつつ水際べを着衣のままの訓練終うる

 

2017年7月16日 (日)

ひとの児らに鰾あらず一斉にペットボトルをつかむ音する

八百七十九日目。

着衣泳というらしい。こちらは沼津の美術館。灰色主義。

Dsc004582

ひとの児らに鰾(うきぶくろ)あらず一斉にペットボトルをつかむ音する

 

 

 

2017年7月15日 (土)

脳内のおぐらき部分夢さめてわれをあざむくための手つづき

八百七十八日目。

みみときわ、またはメラトニンとセロトニンの関係。
早朝の日差しは、安定した睡眠を促す。

Dsc007252

脳内のおぐらき部分夢さめてわれをあざむくための手つづき


 

 

2017年7月14日 (金)

たなごころ汗ばむまでにわれは絵のなかのツールとなりにけるかも

八百七十七日目。

早朝、雨戸を開けたら、きびしい暑さが待っていた。初蝉の声。

Dsc007182

たなごころ汗ばむまでにわれは絵のなかのツールとなりにけるかも

 

 

 

2017年7月13日 (木)

SC相模原イレブンを鼓舞せんに赤の一番能活が吠える

八百七十六日目。

1975年生まれのGK川口能活選手の闘魂は、いまだ健在である。

Dsc006942

SC相模原イレブンを鼓舞せんに赤の一番能活が吠える

 

2017年7月12日 (水)

バブル弾けても肩幅ひろきW着こなし夜明けまではしゃぐ七月

八百七十五日目。

1ダースの月、七月まで一挙公開。

Dsc007032

奥湯河原温泉にあそぶアーティスト河原温氏がえがく一月

 

崇高のひかりあまねくカーテンの隙間に踊りはじめる二月

 

震災が何かを変えたと思うまで絵を画くのみにすごす三月

 

花々の芯より生れていまここに色とりどりの種蒔く四月

 

段階的明暗技法は身につかず気づけば嚏止まらぬ五月

 

『洗濯バサミは攪拌行動を主張する』の絵をあたらしく描きたす六月

 

バブル弾けても肩幅ひろきW着こなし夜明けまではしゃぐ七月

 

 

2017年7月11日 (火)

『洗濯バサミは攪拌行動を主張する』の絵をあたらしく描きたす六月

八百七十四日目。

いろんな六月があったけれど。

Img_20170605_110911

『洗濯バサミは攪拌行動を主張する』の絵をあたらしく描きたす六月

 

2017年7月10日 (月)

茫洋にしてありのままの語り口が鉄の作家を重たくさせる

八百七十三日目。

伝統と保守との違い、きみはしらずや。

Img_20170605_110844

茫洋にしてありのままの語り口が鉄の作家を重たくさせる

 

2017年7月 9日 (日)

絵画場なる実験場に身を置きてつつしみぶかし絵筆とるきみ

八百七十二日目。

アトリエも展覧会場も、実験の現場でありたい。

Img_20170605_110806

絵画場なる実験場に身を置きてつつしみぶかし絵筆とるきみ

 

2017年7月 8日 (土)

ぶどう糖液に浸れるわがなずき思いみるごとチョコレイト舐めおり

八百七十一日目。

脳の重さは、ヒトの体重の2%ほどなのに、消費するエネルギーは20%を超える。
けれど、深く考えたからといって、消費量が増えるわけではない。

Img_20170605_110716

ぶどう糖液に浸れるわがなずき思いみるごとチョコレイト舐めおり

 



 

 

2017年7月 7日 (金)

わが脳はみちたりてありやグルコース濃度をおもう午後四時の頃の

八百七十日目。

空腹時低血糖症のひとは体調維持が肝要。

Img_20170605_110649_3

わが脳はみちたりてありやグルコース濃度をおもう午後四時の頃の

 



 

 

2017年7月 6日 (木)

にくみ合うことしか知らない姉妹にもふるふる雨が傘の中まで

八百六十九日目。

すきまだらけのフラッグにも手を差し伸べてみたい。

Dsc006892

にくみ合うことしか知らない姉妹にもふるふる雨が傘の中まで

 

2017年7月 5日 (水)

信じあうことを知らない兄弟の傘の中にもしとしとと雨

八百六十八日目。

灰いろがそもそもの始まりだった。

Dsc006902

信じあうことを知らない兄弟の傘の中にもしとしとと雨

 

 

2017年7月 4日 (火)

なにとなく祖母が顔だす感じありて路地を枯れゆくアジサイのはな

八百六十七日目。

ことばと絵画の縁をとりもつ、音楽のちから、または哲学。

Dsc007862

なにとなく祖母が顔だす感じありて路地を枯れゆくアジサイのはな


 

 

 

2017年7月 3日 (月)

あじさいの花のおわりは切なきよ 路地ゆく人をながめいるのみに

八百六十六日目。

見られる側から、見る側へ変わる、変わり目。

Img_20170606_1132541

あじさいの花のおわりは切なきよ 路地ゆく人をながめいるのみに

 

2017年7月 2日 (日)

鉄錆のいろに塗れし礫という小石の上を線路はつづくよ

八百六十五日目。

原則は遠きにありて思うものなのかもしれない。

Img_20170606_162943

鉄錆のいろに塗れし礫という小石の上を線路はつづくよ


 

 

2017年7月 1日 (土)

アドレナリンの季節はすぎて下半期ノルアドレナリンに包まれてあり

八百六十四日目。

きょうから七月。アドレナリン:闘争的、ノルアドレナリン:自虐的。

Img_20170606_1640181

アドレナリンの季節はすぎて下半期ノルアドレナリンに包まれてあり

 

 

 

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

weather report

tweets

Flag Fence Giri-giri

  • ALUMATIKSTUDIO
    flag-fence-girigiri

掲示板

LINK

フォト

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ

page top

  • 右にある→