« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月30日 (木)

秋の日のものがたりとして反射炉あり鉄を兵器に変えたるは昔

千十六日目。

伊豆韮山反射炉のこと。風光明媚。

Img_20171127_0912462

2017年11月29日 (水)

あらためて眠くなるまで二度三度夢を書きつぐ夜の習慣

千十五日目。

昼の正夢、夜の逆夢。アンテナを立てよ。雨雲にいたらんまでに。

Img_20170912_073806_hdr2

2017年11月28日 (火)

反射炉を背にして語る老いびとの眼差すところ茶畑のどか

千十四日目。

茶畑は冬のあいだも瑞々しい。

Img_20171127_0914012

2017年11月27日 (月)

多様とは同じいたみを分かち合うことなりひとり露天湯に浸る

千十三日目。

みみときわ 右。

Dsc007252_1

2017年11月26日 (日)

旅の宿のカラオケ演歌が切れ切れに夜を洩れくるわが枕辺に

千十二日目。

みみときわ 左 2017 白でしかできない仕事。

Dsc007252

2017年11月25日 (土)

指が触れるまえの音へとピアニッシモさざんかの花の散り際に似て

千十一日目。

動きを止めた時、その人の真価が問われる、所作または踊りなども。

Dsc007262

2017年11月24日 (金)

音になる前のしずけき音色までみちびかれゆく余韻のふかみ

千十日目。

余韻は音に限らないのだが。

Dsc005312

2017年11月23日 (木)

黄葉掃く音のなかなる月曜の校庭たかくイチョウ樹炎ゆる

千九日目。

月曜の朝の校庭は、いつもより賑やかだ。

Img_20170912_1759242

2017年11月22日 (水)

雲泥の交わりともいうらしいから続けていればいいことあるよ

千八日目。

天にある雲と地にある泥。無駄かもしれないけれど、捏ねつづけるしかない。
江戸萩いまだ健在。

Img_20171115_1033222

2017年11月21日 (火)

甘酒でも飲んで静かにおねむりよチルチルとミチル双子のように

千七日目。

クリスマスソングなど聴きながら。年子の二人。

Img_20171115_1034022

2017年11月20日 (月)

眠剤とうあやしげなるもの飲み下しうつらうつらと夜をねむらす

千六日目。

千日を超えて万両。まだ赤くならない。

Img_20171115_1033382

2017年11月19日 (日)

アルミ箔にきらめきにつつ眠剤あり 夜をまたたく懐中電灯

千五日目。

寒くなると、よけいにからだの節々が痛くなります。

Img_20171115_1032583


2017年11月18日 (土)

寝たいのか起きていたいのか三時間置きにのみつぐ眠剤と水

千四日目。

寒くなるとつらいですよね、クスリ飲むのも。

Img_20171115_1034402

2017年11月17日 (金)

初演のみに終わるのだろうかくきくきとさいしょの動機が息吹き返す

千三日目。

サザンカが咲き始めて十日余り、関東平野はますます寒し。

Img_20171115_1031432

2017年11月16日 (木)

わが皮膚(はだ)の内にこもりし赤き血の流れをふとも憐れみにつつ

千二日目。

じっと手を見るほかはなし。

P60300322

2017年11月15日 (水)

ひた走るきみの背後に流れゆく風はみているはためく旗を

千一日目。

前を向いて歩きだそう。

P60300302

2017年11月14日 (火)

壁に掛かる十一月の軽さかなうるるとさららのかぜにへらへら

千日目。

山茶花まさかり。ということは、もうすぐ冬。

P60300292

2017年11月13日 (月)

血や水の流れとは相馴染まざる砂の流れにこころ通わす

九百九十九日目。

能登半島に、九十九(つくも)湾という溺れ谷あり。

P60300282

2017年11月12日 (日)

こちら側へ降りて来よ来よおとうとよ長谷別邸にわれら集いたり

九百九十八日目。

鎌倉、長谷寺近くの古民家、長谷別邸。

P60300272

2017年11月11日 (土)

海風に旗がはためきトビが舞いきょうのよき日を秋空たかし

九百九十七日目。

前向きに進んでいるときは、旗はうしろ向きにはためく。

P60300262

2017年11月10日 (金)

切り株のごとし全身灰いろのネコが気配を消しつつ道に

九百九十六日目。

擬態ともいう。

P60300232

2017年11月 9日 (木)

ほそぼそとうしろっ首というところ枕の上にねむたかりけり

九百九十五日目。

明朝の冷え込みは厳しそう。北風。

P60300222

2017年11月 8日 (水)

のびやかなるめぞそぷらののおんいきにちりばめられしにほんごをきく

九百九十四日目。

のびやかなるメゾソプラノの音域に散りばめられし日本語を聞く

歌い手は、波多野睦美さん。

P60300172

 

2017年11月 7日 (火)

はつだいはなつのひのごごおおどかににほんごをうたうこえのゆたけさ

九百九十三日目。

初台は夏の日の午後おおどかに日本語を歌う声のゆたけさ

P60300142

 

2017年11月 6日 (月)

砂山の汗の男にしのび寄るおんなの膚とタケミツ・トーン

九百九十二日目。

いわずとしれた砂の女。原作脚本安部公房、監督勅使河原宏、音楽武満徹。1964年公開。

P60300132

2017年11月 5日 (日)

霜月の九日 場所は紐育、半世紀前の初演はいかに

九百九十一日目。

きょうの初演は、「夢蝶 for Julia」。高橋悠治作曲。ピアノ、ジュリア・スー。

P60300122

 

2017年11月 4日 (土)

厳かに十一月の階段を聴くわがありてラジオの前に

九百九十日目。

いまから50年前の、1967年11月9日、ニューヨークにて、November Stepsは初演の運びとなった。
指揮は小澤征爾。

Pb27002622

2017年11月 3日 (金)

有名になる前のきみに逢いたくて階段駆け上がる十一月

九百八十九日目。

小春日和。都内は警備がものものしい。ラクのお気に入りのアヒル。

P73000212

2017年11月 2日 (木)

失ってはじめてわかる正しさの行方はけだしテレビは言わず

九百八十八日目。

テレビだけではないけれど。

P31000252

2017年11月 1日 (水)

ことばがき添えて送りし写し絵は届くともなくヒガンバナ咲く

九百八十七日目。

目に見えるように描く作業が絵画のしごと。

P31000352

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

weather report

tweets

Flag Fence Giri-giri

  • ALUMATIKSTUDIO
    flag-fence-girigiri

掲示板

フォト

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ

page top

  • 右にある→