« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月31日 (土)

サヨウナラ、と告げればそれはぼくの絵のタイトルだからと正直氏笑まう

千百三十七日目。

吉仲家の愛犬二匹、母と娘の実の親子である。

P91900432

2018年3月30日 (金)

みまかりし我が子をしのびしのび等伯がえがく涅槃図パノラマのごとし

千百三十六日目。

長谷川等伯の嫡男は有能な絵師としてその才を期待されていたが、弱冠二十六歳で急逝した。
大涅槃図、縦約十㍍、横約六㍍、京都本法寺蔵。

Img_20180323_1617142

2018年3月29日 (木)

寒暖の差のはげしきを嘆きつつ四条を西へ下るつれあい

千百三十五日目。

春は何かと気忙しい。

Img_20180328_1714072

2018年3月28日 (水)

無口なる運転手さんに行先を告げたるのちのこころのうごき

千百三十四日目。

こちらも満開。さんぽみち。

Img_20180328_1708032

2018年3月27日 (火)

能登の出の絵師等伯どのを追っかけて本法寺まで、相国寺まで

千百三十三日目。

歳をとるとのどの渇きもわからなくなるらしい、睡眠の質も。

Img_20180328_1707062

2018年3月26日 (月)

おひるには小倉トーストふふみつつ彼岸の明けの春をよろこぶ

千百三十二日目。

さくらみましたか。

Img_20180323_1613142

2018年3月25日 (日)

抽象を写実の技もてえがききる作法をひとは正直という

千百三十一日目。

寒くとも 暖かくとも さくら五分咲き 吉仲正直展を見る

Img_20180323_1613012

2018年3月24日 (土)

殊のほかハ行が似合うこのみやこ等伯どのもハヒフヘホハホ

千百三十日目。

彼岸明けのきょう、花粉飛び交う。バスの中より。

Img_20180322_1301322

2018年3月23日 (金)

歪みある線のしぜんを真直ぐに引きなおしゆく手わざ怖ろし

千百二十九日目。

ボケとブレもまた絵の一部なりや。

Img_20180322_1259542

2018年3月22日 (木)

歪(いびつ)なる身体の部位のあちこちが悲鳴上げおり彼岸の入りは

千百二十八日目。

毎年よ彼岸の入に寒いのは 子規

Img_20180323_1124442

2018年3月21日 (水)

うららかや教えたがりと教えられたがりが憩える蕎麦屋の座敷

千百二十七日目。

春分の日のゆきもよう。珍しくはないけれど。

199992

2018年3月20日 (火)

いそぎあしに読み返したりし処女歌集『起伏と遠景』は遺歌集でもある

千百二十六日目。

旗は穴でもあるか、どうか。

199952

2018年3月19日 (月)

覗きみればのぞかれもする穴をまえに怖くもあれば病みつきになる

千百二十五日目。

穴の向こうをおもいみる。

31flag_432

2018年3月18日 (日)

おもて向き七三分けにしてながく使用に耐えしつくも髪梳きやる

千百二十四日目。

つくも 九十九 百引く一 つまり白のこと

7320150305_capture_one_785122

2018年3月17日 (土)

射干玉の喪にあらねども芸術のひとらよくよく黒をこのめる

千百二十三日目。

アカメガシワも新芽を芽吹くころなれば。花粉いよいよわれを悩ます。

P730063822


2018年3月16日 (金)

教室のまどからそらへ放られゆくうわばきひとつ逃げ去るごとし

千百二十二日目。

ベランダを縁側とは呼ばないで。ひとつはぼくの足元に。スクールシューズ。

Img_20160605_174436_12

2018年3月15日 (木)

押し花にかおりを載せてはさみおく春の手紙はときをわすれず

千百二十一日目。

ハナミズキ芽吹き始める庭先にたてばふくかぜおだやかならず

Img_20160225_10583722

2018年3月14日 (水)

東京五輪終えたる体操選手らが演技披露す 清水へ来たりて

千百二十日目。

子どもの目にも、疲れているのがよくわかった。

Img_20160629_12120322

2018年3月13日 (火)

趣味の切手五輪シリーズそのすべて1・9・6・4 われ熱狂す

千百十九日目。

きっときってかってきて。

Img_20160605_172853_12

2018年3月12日 (月)

ヒノマル手に見送るわれら東京へはこべ聖火を聖火をはこべ

千百十八日目。

東京オリンピックから大阪万博までの六年のあわいはげしく少年期あり

Img_20160510_1332532

2018年3月11日 (日)

校庭を6年5組したがえて鼓笛隊はゆく朝礼のさなか

千百十七日目。

今週は暖かな日がつづきそう。小田原提灯ぶら下げて。

Img_20160221_14594422

2018年3月10日 (土)

このクラスの忌まわしきものみるように教師がぼくのかたえにたちぬ

千百十六日目。

たつ、は立つ、または佇つ、または顕つとも書く。ニンニン。

 Img_20160221_150030

2018年3月 9日 (金)

集団のなかに馴染めぬ疾しさを押し殺すごとくまなび舎にあり

千百十五日目。

春 予期せぬことが起こる季節。

Img_20160530_130046_12

2018年3月 8日 (木)

群れたがる友らのかげを追うようにフェンス越しにみる校庭は矮(ひく)し

千百十四日目。

失敗したときに見えてくるものがある、うまくいったときには多分隠れてしまうのだろう。

P73006352

2018年3月 7日 (水)

またあの子あの子とあの子も かげ淡きバックネットにわが身を寄せる

千百十三日目。

算数が一番好きだったのはなぜだろう。

P730062922

2018年3月 6日 (火)

酒を手に語り合うとき夜明けまで深夜放送われらが友よ

千百十二日目。

啓蟄。あしたあさっては寒さがぶり返すらしい。

P73006272

2018年3月 5日 (月)

やる前に奥襟ふかく掴みたがるズルを承知で勝ちにくるやつ

千百十一日目。

大荒れの月曜日。

Photo

2018年3月 4日 (日)

急行はやめて只管各駅にカフェインも摂らず脳をいたわる

千百十日目。

暖かくなってまいりました。はやく寝ることです。

Photo

2018年3月 3日 (土)

キュビズムの和風解析とでもいおうかモリカズ展老いゆくほどに多作

千百九日目。

金曜の夜は空いているかなと思っていたのに、ことのほか近代美術館は賑わっていた。
人気あるんだね、熊谷守一。

Photo

こちらは、一歩手前。 S&T PHOTO

2018年3月 2日 (金)

みみのみが外へ向かってひらかるる朝なり知らぬ振りして眠れ

千百八日目。

灰いろの水のはじまり(その2) 
3月の水牛のようには、こちら➡ http://suigyu.com/2018/03#post-5527

Photo

2018年3月 1日 (木)

開け閉めのたびに音立て寝ねきわをいたみおぼえし抽斗ひとつ

千百七日目。

キイキイと鳴くのは、いたみあるから。きょうから三月。

Photo

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

weather report

tweets

Flag Fence Giri-giri

  • ALUMATIKSTUDIO
    flag-fence-girigiri

掲示板

フォト

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ

page top

  • 右にある→