« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月31日 (木)

シラス漁のはじまりし伯父の家熱し 声から先に茹(う)で上がりたり

千百九十八日目。

甘くとろける生じらす 酢味噌で 初夏

P82200272

2018年5月30日 (水)

改憲をうたう活字にからみあう安倍川という甘蜜のリアル

千百九十七日目。

安倍川餅 あべかわともいう 写真は相模川

P50100102

2018年5月29日 (火)

平成のつぎにくるべき年号は それより西野ジャパーンを憂う

千百九十六日目。

遅速 明るい灰いろのための。

Innfo

2018年5月28日 (月)

身に添わぬ荷物をほどきゆくごとく毛布のせいにしても眠れず

千百九十五日目。

シーツの色はむろん灰いろ。

Flag_fence_girigiri_201001_c82

2018年5月27日 (日)

目には見えぬものの繋がり解きほぐすごとし合図は三十一文字に

千百九十四日目。

昔和歌、今Twitter。

Flag_fence_girigiri_201003_a5

2018年5月26日 (土)

万が一の非常食にしてあのチキンラーメンたまに啜る悦楽

千百九十三日目。

美味しいというより、懐かしい味。むかしは、ピヨピヨラーメンともいった。純正にあらざれども。

Flag_fence_girigiri_201001_c102

2018年5月25日 (金)

前屈みになるときアゴが上がるときヒトからサルへ腰落とすとき

千百九十二日目。

年取るとひとは老いる。

Flag_fence_girigiri_201001_c91bm




2018年5月24日 (木)

洗っても洗っても色落ちしない血の色を目に焼き付けている

千百九十一日目。

四つのユーモレスクのうちの、三つ。

Capture_one_1273532

2018年5月23日 (水)

丸刈りのおとこのひとり父なれば白装束は病者のしるし

千百九十日目。

明るすぎる白あれば、暗すぎる白もあるならん。

Capture_one_127482

2018年5月22日 (火)

他人の眼が気になるあなたのその声にきょうも応える日本のテレヴィ

千百八十九日目。

絵の前に垂直に立つこころざし。

Capture_one_127442

2018年5月21日 (月)

あれもこれも駄目とばかりに言われ来し子どもが思うふつうの子ども

千百八十八日目。

四つのユーモレスク 左 黄色の厚み

Capture_one_127402

2018年5月20日 (日)

ご近所に古くからある評判の喫茶パレットのぞきみるのみ

千百八十七日目。

dialogue 2014 縁側に見る ゆめのごとし

Fence_girigiri_201403_dialogue21mb

2018年5月19日 (土)

たるみつつ日々に老いゆくりんかくの線を絵の具に置き換えてみる

千百八十六日目。

秋の日のような五月のひとひ。

Capture_one_58053

2018年5月18日 (金)

汗掻き掻きねむる幼子われにして理性の不安はとき遡る

千百八十五日目。

縁側に見る 理性の不安

Capture_one_5792

2018年5月17日 (木)

にちようのだらだら坂に十字架が見え出すときの幼子われは

千百八十四日目。

点々の数をかぞえてみてください。ジンチョウゲ

Capture_one_579720150519

2018年5月16日 (水)

手際よく顔剃り終えし早朝のおとこのすべてミラーに見てり

千百八十三日目。

かがみは何でも知っている。

Pc1105842

2018年5月15日 (火)

目を潤ませ小三男児その母の背後より来る こどもの日なのに

千百八十二日目。

十日前のこどもの日のこと。

Img_20180512_1217102

2018年5月14日 (月)

ドアノブに触れれば寒きゆめのはて ドアーの向こうがわにもノブは

千百八十一日目。

連句これにて終了、ふう。

Img_20180512_1743402

 

 

2018年5月13日 (日)

夜半にしてともに堕ちゆく闇のなか ダムの水路の八重ざくら夢

千百八十日目。

ちなみに足袋は冬の季語なり。

Img_20180512_1219562

2018年5月12日 (土)

てぶくろや片方ずつをふたり連れ ひとつの傘に雪ふるみちを

千百七十九日目。

春から冬へ舞い戻り。連句は時間を遡ってはいけないらしい。

Img_20180512_1210192

2018年5月11日 (金)

うら若き祖母のしぐさや春のあめ 番傘をたたみ足袋ぬぐときの

千百七十八日目。

とおいきおく。山梨は萬屋酒蔵店内中庭。

09060908_0232

2018年5月10日 (木)

「冬の旅」聴けずつめたき二月かな グループ展の初日を酔いぬ

千百七十七日目。

冬の旅 高橋悠治+波多野睦美 名古屋公演

P10103122

2018年5月 9日 (水)

みずからのちからでひとは眠りたい ノラとノラとが唸るあけぼの

千百七十六日目。

あともう少しで、似非三十六歌仙終了。

Img_20160510_13331622


2018年5月 8日 (火)

海のべのランチ忙しき春の日や カラス舞い降りハトが群れ飛び

千百七十五日目。

烏より怖い鳩の一群。

P10100132

2018年5月 7日 (月)

時計屋と通じ合うらし小鳥屋は おもいおもいにうごかす目玉

千百七十四日目。

草木の伸びがはやすぎて追いつかない。

Img_20170508_1813362

2018年5月 6日 (日)

老母連れ眼科のかえり春霞 長八美術館へも寄らな

千百七十三日目。

伊豆の長八美術館。建物に時代の流れを感じる。

Img_20171115_1034402

2018年5月 5日 (土)

しんじゅうみすいの美大教師は長閑なり 湖(うみ)のほとりに花束を提げて

千百七十二日目。

ほのぼのとこどもの日。

P10800042_2




2018年5月 4日 (金)

口を吐くけむり輪となるのどけさよ 冨士のすそのに墓まもるひと

千百七十一日目。

長閑。みどりの日。

Img_20180328_1729582

2018年5月 3日 (木)

親機鳴り子機が鳴りして春の昼 カネの無心をわが子のごとし

千百七十日目。

まだまだつづく、連句擬き。春の防犯キャンペーン。

Img_20180430_1712142

2018年5月 2日 (水)

行く春やセカチューファンは松崎へ やき場にのぼるけむりみたさに

千百六十九日目。

映画ではなく、テレビドラマのほうがおもしろかった、個人的には。

Img_20170605_1108272

2018年5月 1日 (火)

暖かや絵の具ふみたる土踏まず 朝のうんどうアトリエ前の

千百六十八日目。

灰いろの水のはじまり(その3)はこちらから
➡ http://suigyu.com/2018/05#post-5609

Img_20180430_1713155

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

weather report

tweets

Flag Fence Giri-giri

  • ALUMATIKSTUDIO
    flag-fence-girigiri

掲示板

フォト

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ

page top

  • 右にある→