« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月31日 (木)

空に本、絵まで浮かべて丘の上 そうだ未来は血の外にあり

て千四百四十三日目。

パノラマ1/15  閉じずに 開かれているということ 

Capture_one_144672

2019年1月30日 (水)

歌は詠まれ絵は目に触れて耀きを得るということいちどきりでも

千四百四十二日目。

パノラマー3 パノラマ―4 一度きりでお仕舞い

Capture_one_144552

2019年1月29日 (火)

風邪その他許容範囲を超えたようでしばし休眠 われも人なり

千四百四十一日目。

パノラマー1 パノラマー2 元気出さねば

Capture_one_144492

2019年1月28日 (月)

疎まれてわすれ去られし絵のように熟れるをまたず朽ちてゆく顔

千四百四十日目。

panorama-1st 2019 ギャラリー檜B・C 撮影:森岡純

Capture_one_144272

2019年1月27日 (日)

たっぷりとしたる絵の具がすずやかに籠るうつわを絵ともいうなり

千四百三十九日目。

8つのユーモレスク 全8点 ギャラリー檜B・C

Capture_one_144332

2019年1月26日 (土)

入り隠る側面にまで日が伸びて絵とは正面のみに語れず

千四百三十八日目。

正面があって 初めて側面が生まれる どちらでもなければ 表面と呼ばれる

Capture_one_145322

2019年1月25日 (金)

この歳でも熱が出るらし熱あるとお歌づくりもままならぬなり

千四百三十七日目。

8つのユーモレスク・ⅷ

Capture_one_145163

2019年1月24日 (木)

風邪多発許容範囲を超えたようで本日終診 医者も人なり

千四百三十六日目。

かかりつけ医につき救われるの巻 8つのユーモレスク・ⅶ

Capture_one_145122

2019年1月23日 (水)

そらをみてお天気を読む習慣も絶えてポチりとお日さまの黄(きい)

千四百三十五日目。

8つのユーモレスク・ⅵ

Capture_one_145052

2019年1月22日 (火)

愁いなき空の一部をみたしめて個展パノラマ見開きにあり

千四百三十四日目。

8つのユーモレスク・ⅴ

Capture_one_145022

2019年1月21日 (月)

職を捨て恃むものなきいくとせを描く自画像くらぐらとあり

千四百三十三日目。

8つのユーモレスク・ⅳ

Capture_one_144993

2019年1月20日 (日)

この絵捨てるべきかそれとも残すべきか 若きわが顔朽ちつつ笑むは

千四百三十二日目。

8つのユーモレスク・ⅲ 個展終わる。

Capture_one_127442

2019年1月19日 (土)

「絵のように」知らないうちにときが経ち闇のなかへと消えてゆく顔

千四百三十一日目。

8つのユーモレスク・ⅱ

Capture_one_127482

2019年1月18日 (金)

感情線刺激されつつ冬枯れの並木夜道に仰ぐ三日月

千四百三十日目。

8つのユーモレスク・ⅰ 2018

Capture_one_127402

2019年1月17日 (木)

乳のごとも秋の日白き昼下がりユーモレスクにつつまれてあり

千四百二十九日目。

縁側より・右 2017

Capture_one_1091922

2019年1月16日 (水)

わだかまり解けたるごとも夜の明けて 晴れのパノラマ遠のくグレイ

千四百二十八日目。

縁側より 2017

Capture_one_1091222

2019年1月15日 (火)

吊るされてはじめてわかる垂直のリアルはたまた身の丈の重さ

千四百二十七日目。

アクロバット・右 吉祥寺美術館

2_2

2019年1月14日 (月)

綻びが右に左に見え隠れ 騙されやすき民を打つ音

千四百二十六日目。

アクロバット・左 2017

2

2019年1月13日 (日)

街川のよどみの水に影うつしわらうカワセミ que será,seráとも

千四百二十五日目。

年金やら 失業手当やら 至る所で ほころびが 翻弄されるのみか 小市民われ

2

2019年1月12日 (土)

ぎりぎりの対語すなわちほどほどに だれでも思いつくようなこと

千四百二十四日目。

フラッグ《フェンスぎりぎり》パノラマ その全容

入口の壁面から左回りに

1  白秋・左 34.0×46.5㎝(P8)2018

2  白秋・右 34.0×46.5㎝(P8)2018

3  パノラマ・1/15 133.0×164.0×6.0 (F100) 2018

4  パノラマ・2/15 133.0×164.0×6.0 (F100) 2018

5  パノラマ・3/15 133.0×164.0×6.0 (F100) 2018

6  パノラマ・4/15 133.0×164.0×6.0 (F100) 2018

7  歪形(いびつなり)・左 54.0×46.5 (F10) 2018

8  歪形(いびつなり)・右 54.0×34.5 (M10) 2018

9  8つのユーモレスク・ⅰ 92.5×61.5×5.0 (M30) 2018

10 8つのユーモレスク・ⅱ 92.5×61.5×5.0 (M30) 2018

11 8つのユーモレスク・ⅲ 92.5×61.5×5.0 (M30) 2018

12 8つのユーモレスク・ⅳ 92.5×61.5×5.0 (M30) 2018

13 8つのユーモレスク・ⅴ 66.0×92.0 (P30) 2018

14 8つのユーモレスク・ⅵ 66.0×92.0 (P30) 2018

15 8つのユーモレスク・ⅶ 66.0×81.5 (F25) 2018

16 8つのユーモレスク・ⅷ 66.0×81.5 (F25) 2018

17 WHITE WOOD 41.5×54.0 (P10) 2018 

材質は、すべて画布に、アクリル塗料、ハウス・ペイント、鉛筆その他、以上です。

 

2019年1月11日 (金)

お祝いの新酒開ければ晴れ晴れと個展パノラマ春呼ぶ如し

千四百二十三日目。

panorama-4 見開き 20181223了

Dsc011802

2019年1月10日 (木)

身延山は枝垂れ桜の坂の道 花の向こうに霞むパノラマ

千四百二十二日目。

フラッグ《フェンスぎりぎり》パノラマ展 始まりました。
1月19日の土曜日まで。京橋にある、ギャラリ-檜B・Cにて。13日日曜日のみ休廊。

Kitamurashuichiten201902_2


2019年1月 9日 (水)

年ふれどあいも変わらずぎりぎりの私何かを止めるときかも

千四百二十一日目。

完全主義 多作大作主義指向 ぎこちなくとも 個展はじまる

2

2019年1月 8日 (火)

描き終えしそれぞれの絵の梱包も終えてようよう松飾りを解く

千四百二十日目。

パノラマ展搬入展示無事終了 ギリギリ間に合った こちらは一歩手前のためのトリプティク四月号

2_2

2019年1月 7日 (月)

どこかしらよそよそしくも晴れやかなり 正月七日の町行くわれも

千四百十九日目。

梱包作業がなかなか終わらない 一歩手前三月号

2

2019年1月 6日 (日)

寝ながらにシェーのイヤミのポーズ取り眠りいざなう夜夜の習わし

千四百十八日目。

睡眠療法段階その二 空耳の上

Capture_one_1089721mb

2019年1月 5日 (土)

人通り増えたるようなわが町のスーパー・ワタナベきょうが初売り

千四百十七日目。

コンビニと 大手ショッピングセンターの はざまに活きる 逞しさかな 即席

Capture_one_1095021mbsoramiminosita

2019年1月 4日 (金)

去年今年追い詰められていたのかも純粋理性批判落日

千四百十六日目。

校庭のバックネットのフェンス越し繋がりやすい影を見ている

Flag_fence_girigiri_201003_a5

2019年1月 3日 (木)

ほっこりと西に初富士二子玉や 駅に晴着のひともちらほら

千四百十五日目。

水牛のように 2019年1月号更新➡ http://suigyu.com/2019/01#post-5973
連句擬き 独吟三十六歌仙 新年篇 パノラマ★36 お読みください

20090119hinoki_006p1fencep80_blue

fence fence fence 2009

2019年1月 2日 (水)

鮮やかに連句の粋は飛躍にあり 京の都に「苦艾」踊らしめ

千四百十四日目。

苦艾 高橋悠治作曲のオーケストラ曲 独吟半歌仙馬場駿吉

8fence_girigiri_2013_c16_hekiko2_5
壁虎

2019年1月 1日 (火)

青々と背伸びのかたち元旦や 雨戸開ければ大空も開く

千四百十三日目。

特別な一日 元旦とは元日の朝のこと 知らなかった

12003flagakames602_2

アカメ

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

北村周一 フラッグ《フェンスぎりぎり》

  • 最新作およびテクスト満載
    flag-fence-girigiri

TWEETS

掲示板

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。
フォト

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。

Page Top

  • 右にある→
無料ブログはココログ