« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月30日 (火)

十一月顔をそろえしはらからに媚び売るごとも七七日あり

1527日目。
七七日 なななぬか 四十九日のこと

Dsc010992

2019年4月29日 (月)

四月馬鹿テレヴィの箱にへらへらと降り来たれる元号阿波礼

1526日目。
戦争が廊下の奥に立ってゐた 渡辺白泉

Dsc011742

2019年4月28日 (日)

昇るより降りたがれる人格の 路地に入りたる救急車しずか

1525日目。
なんとも寒い日が続く ゴールデン・ウイークなのに ちょっと残念

Dsc011642

2019年4月27日 (土)

西暦に読み直すさえもどかしく 年号というは象徴にあらず

1524日目。
冷たい雨 黄金週間始まる

Dsc011152

2019年4月26日 (金)

拡張子みたいな尾鰭がついて回る西暦のかげの元号のこと

千五百二十三日目。
元号に尾ヒレのごとき動きありてつかずはなれずルビふる如し

Dsc011102 

2019年4月25日 (木)

お知らせ

北村周一 フラッグ《フェンスぎりぎり》

公式サイト、フラッグ《フェンスぎりぎり》 全面的にリニューアルしました。
たとえばこんな感じ。 Flag Fence Giri-giri

Top

最新のフラッグはこちらから

たなごころ共に振りつつそれぞれの道に散りゆく花の終わりを

千五百二十二日目。
たなごころ 掌 てのひら てのうら

Dsc011072

淡島水族館

2019年4月24日 (水)

ひとひ終えて床によこたう喜びよ安らけくあれわが現身は

千五百二十一日目。
見ていると 逆に見られているような 気がするときがある

Dsc010252

2019年4月23日 (火)

左目の瞼のきわも懇ろに描かれいたるその絵の怖さ

千五百二十日目。
エルンスト・マッハのつづき こちらでさらに詳しく説明している記述を見つけました➡
https://note.mu/tanahashi/n/n48131fc2035b

Dsc009442

伊豆長八美術館

2019年4月22日 (月)

右目つむり左目のみに描かれし学者マッハの自画像の冴え

千五百十九日目。
エルンスト・マッハ オーストリアの物理学者・哲学者 主著『感覚の分析』
音速のマッハとしても知られている

Dsc009412

冬の富士

2019年4月21日 (日)

カマスの目白くなったらうら返し皮に焼き色つけて仕上げん

千五百十八日目。
カマスの焼き方 片面グリル篇 カマスは焼き過ぎてはいけない 実がかたくなります

Dsc009262

2019年4月20日 (土)

表面にもうら表ありや焦がされて旨味増しゆくサンマの開き

千五百十七日目。

車窓より低気圧を撮る

Dsc009612

2019年4月19日 (金)

むねに刺さる名札もときに武器になる安全ピンのピンを外せば

千五百十六日目。
韮山反射炉 フェンス状の支えが印象的

Dsc009252_1

2019年4月18日 (木)

ちりおえて深いねむりに沈みゆくまでのひととき安らけくあれ

千五百十五日目。
本法寺のお庭

Dsc009752_3

2019年4月17日 (水)

量よりも質の向上かえりみる睡眠力こそあらまほしけれ

Dsc009882_1

千五百十四日目。
あらまほし そうありたい そうあってほしい 理想的である

2019年4月16日 (火)

量にあらず質にこだわる睡眠の力(りき)に目覚めしわれのあけぼの

千五百十三日目。
短くてもいいらしい 気にしないことだ ちなみにこちらは京都本法寺

Dsc009832_1

2019年4月15日 (月)

完壁主義そこそこ真面目で几帳面ふみんに悩むことこそが病

Dsc010083_1

千五百十二日目。
中国で売られている MAZDACX-4 広島本社内で

2019年4月14日 (日)

ふかぶかと花ちりおえし夜半にしてつかの間ひらく余白の余韻

千五百十一日目。
余白の余韻 ほんらいは展覧会ののタイトル名だったのだが

072_1 

2019年4月13日 (土)

雨戸開けるたびに目に入る丹沢の遠いやまなみ隣家のさくら

千五百十日目。
遠く丹沢山塊にはまだ雪が僅かばかり残っている 隣地の小学校の桜の木々もおおかた
花散り終えて、しばしの休息

Capture-one-57663 

2019年4月12日 (金)

犬子(えのころ)の先をよまれて逃げまどう仕種かわいやそを追う児らも

千五百九日目。
水牛のように 4月号もよろしく~待ちながら➡ http://suigyu.com/2019/04#post-6122

Jinchouge21mb_2

沈丁花 2008

2019年4月11日 (木)

情景よりことばが先にあることも 見つけられたる隠れ家を閉ざす

千五百八日目。
昨晩の冷たい雨が雪に変わったようで、丹沢の山並みも白を刷いたように雪化粧 桜花散りつつ

Engawaa-201403_1 

縁側・あ 2014

2019年4月10日 (水)

夢のつづき語りたがれる朋といてレムレムノンレムねむれぬ夜は

千五百七日目。
レム 浅い睡眠 REM Rapid Eye Movement Sleep

Capture-one-76812-20161014321mb_1 

2019年4月 9日 (火)

いのちあるうちにわかれは告げたきに尻尾ふりふり手をふるごとし

千五百六日目。
絵の具を付けて 付けたところに圧力をかけると 付ける前の地があらわれてくる

Capture-one-7684221mbhijyougutil_1

非常口・右 2015

2019年4月 8日 (月)

愁いつつちがいのわかる男一人 カウンター席の丸椅子が苦手

千五百五日目。
腰に悪い。

Capture-one-7727221mb

筆記体・左 2015

2019年4月 7日 (日)

身の丈を超えんばかりに描きためし素描自慢のおとこの地獄

千五百四日目。
美術研究所には、こういったつわものが少なからずいる。

Capture-one-7723321mb

筆記体・右 2015

2019年4月 6日 (土)

式を前に校門わきのさくら花 右にひだりに教師華やぐ

千五百三日目。
見開き・右 2015 道を選挙カーが行き交う 就活運動にしか聞こえない

Capture-one-7679221mbmihiraki

2019年4月 5日 (金)

春かぜや生きものの如くイチジクの形の容器が地べたを這いぬ

千五百二日目。
春の珍事 怖ろしや

Capture-one-7672221mbmihirakil

見開き・左 2015

2019年4月 4日 (木)

ふる雨に電話ボックス濡れながら会話しており水中花ひとつ

千五百一日目。
深夜の銀座界隈

Capture-one-76932

背表紙・左 2015

2019年4月 3日 (水)

土踏まずクツの上から掻くような声が聞こえて不調に終わる

千五百日目。
春一番?遠く丹沢の山並みにうっすらと雪 その下に満開のサクラ

Capture-one-7736221mb_1

R指向・右 2015

2019年4月 2日 (火)

元号に尾ヒレのごとき動きありてつかずはなれず西暦の下

千四百九十九日目。
不即不離 たとうれば生死と涅槃のような

Capture-one-7740221mb

R指向・左 2015

2019年4月 1日 (月)

船遠く釣り人ひとり店番の娘がひとり宇和島はのどかなり

千四百九十八日目。
鉤括弧・右 2015 伊予宇和島を舞台に展開する映画を観た記憶から・・・

Capture-one-7730221mb

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

北村周一 フラッグ《フェンスぎりぎり》

  • 最新作およびテクスト満載
    flag-fence-girigiri

TWEETS

掲示板

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。
フォト

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。

Page Top

  • 右にある→
無料ブログはココログ