« 北村 周一の《フェンスぎりぎり》、オープン! | トップページ | マイフォトあらため、コーギーはお好き? »

2010年8月20日 (金)

カテゴリア《視像のゆくえ》展の、ゆくえ

P8160130_editedcategolie銀座ギャラリー檜Aにて開催された、カテゴリア展の会場風景です。
2010年7月26日~8月28日までのロングランでした。
さとう 陽子・稲 憲一郎・藤井 博・北村 周一の、4名のうちのふたりによる、二人展×4週という内容の濃い展覧会でした。暑い、熱い夏の記憶を今一度、あなたに。
そのカテゴリア展のおりの案内状をここに紹介します。

「kategoria_a.jpg」をダウンロード こちらが表、
「kategoria_e.jpg」をダウンロード こちらが裏 
テキストは、以下の通りです。 

カテゴリア~視像のゆくえ~(全文)

このカテゴリア展は、2008年の夏、練馬区立美術館にて開催された、「絵画にみるもの、絵画からみえてくるもの」展に着想を得て企画されたものです。
また、「視像のゆくえ」というサブタイトルは、その折りのパンフレットのテキスト(平井亮一氏寄稿)に拠るものであります。

カテゴリア(カテゴリー)とは、本来述語の意、西周により範疇とも訳されております。
今展では、「みること」、「目にみえてくること」に焦点を合わせるためにその判断の基準として、連続、展開、受容、反省の(いわゆる、量、質、関係、様相のカテゴリーに対応するところの)四つのカテゴリーを選定しました。

より深い理解を得るために、敢えて視野を狭める場合があります。
フレームが絵を隔てるように存在することと似ているかもしれません。
そしてまた、森へ来て個展におもいを馳せいたり さらに四つのカテゴリーなど、といった事態も間々起こりうるのです。ことほどさように、視像のゆくえは悩ましい。

さて、お盆休みの一週間をあいだにはさみ、四週連続して催されるこの四名のうちのふたりによる二人展は、毎回相手と画廊の壁面を(むろん作品も)替えながらの展示となります。
暑いさなかではありますが、ご高覧いただきますようご案内申しあげます。(きたむら)

  かんがへて飲みはじめたる一合の二合の酒の夏のゆふぐれ   牧水

« 北村 周一の《フェンスぎりぎり》、オープン! | トップページ | マイフォトあらため、コーギーはお好き? »

アート」カテゴリの記事

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

フラッグ《フェンスぎりぎり》 公式ホームページ

  • 最新作およびテクスト満載 
    flag-fence-girigiri

Twitter

掲示板

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。
フォト

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ