« 週一集その二 Alumatiks、そして | トップページ | 週一集その一 CWR »

2013年6月26日 (水)

週一集その三 「爆笑問題」の左側

 

爆笑問題」の左側

電車の中吊り広告で見た、何のコマーシャルだったか、右は非日常的ポーズを取ってはいるが、目立たない。左は目立つ、なぜか? 

日常において際だっているからといって、情報として人目を引くわけではない。表現されたときに、この場合映像化されたときに、人の目を引きつけることが肝腎だ。

技量のある個性派俳優の日常は得てして俗っぽい。あくまでも表現上の問題であろう。一口に「センス」と呼ぶこともできるが(センスについては考えるときりがない、軽そうで重いテーマなのだ)、ここでは3つのポイントを押さえておきたい。

複雑な構造(つまりはヒネクレタといおうか)と、単純な表現性(シンプルであること、迷いがないともいえる)と、ストレートな攻撃力(ふだんは気づかず にいることを指し示すだけ)、の3点。  

巷には、瞬間芸があふれている。従って、わずかでも滞空時間のある芸は技術があるように見える。むしろ古くさい手法なのだろう。だとすれば、それがわかる人も多くはいないということになる。お笑い芸人の有り様は、現代の美術とも通底する問題を考えさせる。 

北野武の今風アートへの接近もたぶん偶然ではないのだ。(19988月)

« 週一集その二 Alumatiks、そして | トップページ | 週一集その一 CWR »

エッセー」カテゴリの記事

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

フラッグ《フェンスぎりぎり》 公式ホームページ

  • 最新作およびテクスト満載 
    flag-fence-girigiri

Twitter

掲示板

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。
フォト

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ