« 週一集その五 個人の自由 | トップページ | 週一集その七 セイタカアワダチソウをみつめて »

2013年6月26日 (水)

週一集その六 ±0、でも

±0、でも

単純さを急ぐあまり、奥行きを失いつつあるのか。

やっとこさ手に入れた単純さはそれゆえ、やっとこさ立っているにすぎないくらいの存在感しかないのだろうか。

P1020007

またまた、週一集のつづき。

±0。+100と-100、+10000と-10000。結果的に±0でも、その道程はまちまち、ひとくちにバランスをとるといってもふりこの振れ方は各々違う。大きく振れたときにまた大きな戻りを生ずる(健全な自浄能力があったものと仮定して)。

しかし手のうちようが幾分速かった場合、核心に迫る問題に届かぬままもとの鞘におさまってしまうことだってある。病は病として、あやまちはあやまちとして「かたち」をみせておかないと人は納得しない。

この先に、極めて危険な領域があり、それをいち早く察知した者が回避させる。のちに、この先に「それ」があったのだ、といってみたとしよう。すでに平穏な状態にあれば、コトはなかったこととして認知されるだろう。

「スーパー・フラット」がキー・ワードとして巷を徘徊している。日本の美術がフラットなのは今にはじまったことではない。思いつく限りの絵を想像してみるがよい。どれもみな平板である。日本人の顔や表情、言語のあり方に起因するといってみても詮無いことだ。もともとフラットだったのだ。

では一体何と較べて???????????????????????

思うにフラットであればこそ、大きな事件を嘱望することになる。波風を立てないでいると、大きな波風に巻き込まれる。むしろふりこが振り切れるくらいの大きな事件を期待していたのだともいえる。

では誰が期待したか。みんなが、である。事後、コトを忘れたかのごとくふたたびみんな、フラットに戻る。

「もの派(1970年前後の日本の概念芸術の一分野)」は、欧米の美術の文脈では、帰還不能な特攻隊と認識されたが、しかし「史」としては十二分に記録としてのこった。ゆえに美術史として再表現可能となり、以後何度も再制作されている。

いささか強引だけれど、「もの派」と「天皇制」はよく似ていると僕はおもう。

結論を急いではならないが、ここで3つのポイントを再確認したい。迷いのない単純な表現性、複雑な(ひねくれた)構造、ストレートな攻撃力。これら3点は、それぞれ、捨てる、拘る、ふだんは気づかずにいることを指し示すだけ、とも連鎖する。したがって、たとえ他にできることがあっても、ひとつのことに徹頭徹尾いれこんで、鍛え上げ認知させることが肝要であろう。

±0、でもポジティヴな方向性をみいだしたい。自然に物事ができあがったりこわれたりするのではないのだから。(20009月)

« 週一集その五 個人の自由 | トップページ | 週一集その七 セイタカアワダチソウをみつめて »

エッセー」カテゴリの記事

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

フラッグ《フェンスぎりぎり》 公式ホームページ

  • 最新作およびテクスト満載 
    flag-fence-girigiri

Twitter

掲示板

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。
フォト

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ