« 現代絵画批判/北村 周一のフラッグ《フェンスぎりぎり》 | トップページ | 北村 周一 略歴 »

2013年6月 9日 (日)

エスキースの、エスキース

Image055

  エスキース・・・・この言葉の意味を厳密に捉えようとしてみると、妙な気分になってくるのはなぜなのだろうか。まるで、不意打ちを喰らったような、軽い眩暈をおぼえてしまう。

きたるべき絵画の下描きとしてのエスキースなどえがいたことがないし、また見せるべきエスキースも手許にはない、とまでいいきってしまうことにもなぜか気後れがする。

エスキースの、エスキース。

助詞「の」の解釈はさまざまにあると思われるが、たとえばエスキースのための、あるいはエスキースによる、またはエスキースのなかの、さらにはエスキースへの、・・・・エスキースというように、言葉のとりようは脹らんでゆく。

なかんずく、ここではたえず直前のしごとが、そのあとにつくられるであろう作品の試作品となるような反復を前提にしている。したがって、道を踏み外さないかぎりは、到底完成にいたることはないともいえるのだけれど。

みずからがえがいたことすら忘れていた一枚の水彩画を、十数年後アトリエの片隅から引っ張り出し、分けありげに油彩画に置き換えて、すでに七年が経った。

その絵にフラッグと名付けたのは、もともとは長方形の旗が、風のかたちに靡きながら揺れているそのさまを、画面のなかの空間に見立てたからだった。

木の枝に引っかかったまま風にふるえている、糸の切れた破れ凧のようなもの、そんな風情に意味を託した。

やがてこれらフラッグの連作が、一見それらと何の関係もなかったかのようにえがかれている、「アカメ」シリーズ(二枚一組)へと繋がってゆくのだが、そう思っているのはたぶん作者だけかもしれない。

(PARFUM no.134 2005)

« 現代絵画批判/北村 周一のフラッグ《フェンスぎりぎり》 | トップページ | 北村 周一 略歴 »

アート」カテゴリの記事

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

フラッグ《フェンスぎりぎり》 公式ホームページ

  • 最新作およびテクスト満載 
    flag-fence-girigiri

Twitter

掲示板

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。
フォト

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ