« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

16 赤にして葡萄酒あやしもギャラリーの床を滴滴手に紙コップ

短歌、第十六号刊。
個展会場風景、三首詠。

Capture_one_2794pm

赤にして葡萄酒あやしもギャラリーの床を滴滴手に紙コップ

右を見て左見ておりいずれもが顔見知りなる個展の宴

すみやかに去りゆく気配 ギャラリーの壁をいちもく見渡しにつつ

15 忘れ物したる級友えらばれてモデルとなりぬ図画の時間に

短歌、第十五号刊。
スケッチ帖より、へなちょこ三首。

Pc080042

忘れ物したる級友えらばれてモデルとなりぬ図画の時間に

いたいたしきまでにモデルをつとめたるクラスメイトの渾名薄鈍

絵葉書や切手とともに抽斗へ仕舞いわすれた東京五輪

14 機影なき爆音を目に追いながらカーワックスを拭き上げて無口

 短歌、第十四号刊。
速度をうたう、ついでの三首。

Pc110003

機影なき爆音を目に追いながらカーワックスを拭き上げて無口

高気圧を待つらん新車のボンネット磨き終えて空仰ぐ青年

寝静まりし街を駆け行くライダーよ至上の愛の空焚きは無援

13 国道を脇に逸れたるあのあたり菊地直子の住まいしところ

短歌、第十三号刊。
世の中の由無し事をつれづれに、三首。

Pb030377

国道を脇に逸れたるあのあたり菊地直子の住まいしところ

オウム真理教とのちがい簡明に述べよ説くべし 異教徒なれば

手配写真見ながら模写の真似ごとも 人を待ちつつKOBANの前

2013年7月30日 (火)

12 われらいまことば少なに手を添えてなに待つ泡立つビールを前に

短歌、第十二号刊。
ほとぼりの冷めないうちに、以下三首。

Pa230283_2

われらいまことば少なに手を添えてなに待つ泡立つビールを前に

のどもとより鼻腔に抜ける麦の香よ 麒麟ラガーの愛飲者たれ 

〈センセイの鞄〉を胸に抱くように読みつぐこころ とある酒場で

11 圧うすき線描のごとくレシートの文字は出で来ぬ 酒量を連れて

短歌、第十一号刊。
酒にまつわる、あれやこれや、とりあえず三首。

Pb030343

圧うすき線描のごとくレシートの文字は出で来ぬ 酒量を連れて

遺失物は紺のかばんに寺山と都築直子と中澤系ほか

畳み掛けてきたる正論まえにして声につぶやくそれはぼくのコップだ

2013年7月25日 (木)

10 球根はビニール袋を突き抜けて 鋭しアラビアン・レッドの発芽

短歌、第号刊。

切りよく三首、これでひとまず30首出そろいました。

P3180004_2

球根はビニール袋を突き抜けて 鋭しアラビアン・レッドの発芽

絵には絵のうたにはうたの定めありて風吹けば踊る紙の兵隊

どこがどうつまらないかということをうまい絵肴につつくしあわせ

9 世界一目立たないから中古車の白のカローラ テロにも使う

短歌、第九号刊。
月並み三首。

世界一目立たないから中古車の白のカローラ テロにも使う

水槽は人寄せやすく処方箋受付薬局の嵌殺し窓

座間基地を祝う花火がはらりはらり火の粉を降らせり仰ぎてあれば

Pa250317


2013年7月21日 (日)

8 アスファルト上に貼りつくいちまいのバンドエイドを跨ぎゆく足

またまた短歌、第八号刊。P1060049pm_3

三首、路上あれこれ。

アスファルト上に貼りつくいちまいのバンドエイドを跨ぎゆく足

道なりに駅へとつづくこの町の曲がり具合は不自然であろう

逆らってごめんなさいというように歩むに慣れて腰曲がりたり

2013年7月20日 (土)

7 仁丹の粒をふふみしくちもとに譜面をよせて武満氏あり

短歌、第七号刊。

現代音楽は、お好き?以下三首。

09060908_005

仁丹の粒をふふみしくちもとに譜面をよせて武満氏あり

ミニマルは打楽器がよろしなかんずくマリンバにわれ感情移入す

私に遮られない休息を教えみちびく秋の日の欲し

6 ジーンズと同色のシャツを着こなしてジョン・ケージ氏は大股である

6短歌、第六号刊。
下の絵は、2005年4月、distance no.22~素描-色へ~展のときのもの。

Image005_3

 

 

ジーンズと同色のシャツを着こなしてジョン・ケージ氏は大股である

ケージ氏は無類のキノコ好きなればたまに搬ばれて胃洗浄する

鼻みずが出たり引いたり哀しみのボレロ真白きマスク震わす

2013年7月12日 (金)

5 ああこれがなんじゃもんじゃの木ですかと声を上げつつなだれを来たり

短歌、第五号刊。甲州をうたう。

Image015

ああこれがなんじゃもんじゃの木ですかと声を上げつつなだれを来たり

野を吹く風 WILD WIND ジムニーを駆って一気に右左口村まで

大空の真下かすかにそらは揺れカーブ・ミラーが口開けて待つ

山梨県増穂町萬屋酒蔵店店先

 

2013年7月 5日 (金)

Flag,Flag,Flag

英訳文は、こちら。

「until_1999the_flag.doc」をダウンロード

The Flag

Until 1999,when the picture was given the title ‘The Flag’,

I ended up continuing to paint this series of two lines for about 10 years,top to bottom and right to left,which eventually converge.

続きを読む "Flag,Flag,Flag" »

フラッグ、フラッグ、フラッグ

フラッグ、フラッグ、フラッグ

1999年の、フラッグというタイトルをつけた一連の絵になるまでは、約10年のあいだ、最終的には上下、左右の2本の線に収斂するような、絵の制作をつづけて来ました。

続きを読む "フラッグ、フラッグ、フラッグ" »

2013年7月 3日 (水)

充実の朱夏

ブログパーツ増殖中、なれど少し減量。

09060908_054_2

木漏れ日の中の楽

2013年7月 1日 (月)

テンプレート衣更えしました。

P2010013

P1310021_2

4月の安芸の宮島、絵葉書みたいだけど。
とても暑かった。
いちどは訪れたい。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

フラッグ《フェンスぎりぎり》 公式ホームページ

  • 最新作およびテクスト満載 
    flag-fence-girigiri

Twitter

掲示板

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。
フォト

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ