« ギャラリー檜 ART FAIR ⅩⅤ開催のおしらせ | トップページ | 21 銀座シネパトス横目にひたひたと地下道を行く三原橋地下 »

2013年8月 5日 (月)

展評アーカイヴ:構造第11号より

門田 秀雄氏による、個展短評。(1995年8月刊)

Flag_19931pm

北村周一展(1994年3月14日~24日/ギャラリー檜)

 絵具の物質感や筆致の流露、また色彩の微妙なニュアンスや既知のフォルム、というような絵画の要素をできるだけ抑えて、しかも絵具という色彩と物質性をになう素材によって、発表に耐えうる絵画が出来ないか。それは決して達成しえない矛盾の狙いであり、態度なのだが、そういうこだわりによってはじめて、この仕事は生みだされたように見える。
 
 色彩はいくつかの色が重なって消し合って寡黙な淡白にいきつき、そしてたぶん有意味のフォルムを避け、絵具の自然の質感をすら希釈するために、線がもとめられる。その線は、線としての美を主張するのではなく、面の物質感をよわめるための、面を区切る境界線であり、流露とは対照的な、ぎこちない色の細帯である。この絵画は色にも、線にも、フォルムにも、質感にも、ネガティヴであろうとして、存在の微光を発している。
 
 これは一方で、今日の絵画の明らかな一つの袋小路である。ただこの袋小路には、作者の何らかの生についての意志的な選択と切り離せないような批評的空気が感じられる。
 
 なお、今年の個展では筆のタッチが再び―再びというのはおそらく以前にもあった筈であるので―あらわれるが、ここでは前作の印象にかぎることにした。

« ギャラリー檜 ART FAIR ⅩⅤ開催のおしらせ | トップページ | 21 銀座シネパトス横目にひたひたと地下道を行く三原橋地下 »

アート」カテゴリの記事

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

フラッグ《フェンスぎりぎり》 公式ホームページ

  • 最新作およびテクスト満載 
    flag-fence-girigiri

Twitter

掲示板

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。
フォト

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ