« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月25日 (水)

58 黙しつつメール打つ音妻にしてだれも居ないと思った部屋に

短歌第五十八号刊。
忘れる勇気を持つべし、以下三首。P1110212

黙しつつメール打つ音妻にしてだれも居ないと思った部屋に

のびて来し妻の手掃うゆめながら窒息寸前点鼻薬さす

ノズル向けて放ちやるわが点鼻薬の威勢はよろし日に三度まで

2013年9月23日 (月)

57 思い出すたびにクシュクシュ窓の向こうスギの木の枝にうごく花叢

短歌第五十七号刊。
アレルギーについての考察、三首詠。

思い出すたびにクシュクシュ窓の向こうスギの木の枝にうごく花叢

Image014

杉一樹満遍無く花ひらかせて家のさかいのフェンス乗り越ゆ

雪を掻くシャベルの音いろみちみちに響く半時ばかりを眠る

2013年9月21日 (土)

56 灯が点り〈ファイヴ・スポット〉ゆうつかた音が氷に溶けてゆく音

短歌第五十六号刊。
「JAZZ FIVE SPOT」 という名の小さな喫茶店が清水の町にあった。
スタンダードな曲が似合いそうな晩夏、以下三首詠。20080115hinoki_017

灯が点り〈ファイヴ・スポット〉ゆうつかた音が氷に溶けてゆく音

踏切の開閉みつつ無為という空気をふかす嵌め殺し窓へ

また元に戻りゆく見ゆふみきりの遮断機が上がり警報機止む

2013年9月20日 (金)

55 一年中くびにスカーフ巻きつけてカウボウイはあり 顔覆うため

短歌第五十五号刊。
乗り物酔いには気をつけようの巻、三首。

20080115hinoki_049一年中くびにスカーフ巻きつけてカウボウイはあり 顔覆うため

愛車わがブルーバードは黄色(おうしょく)にして手を上げている青い眼のひと

歯ブラシを這わせながらにジムニーのボディは隈なく洗い清めたり

2013年9月19日 (木)

54 スーパーに白装束の一団が来ており例のオウムの子らも

短歌第五十四号刊。
西暦1995年、何しろいろんなことがありました、三首詠。下は、その当時の絵。

20080115hinoki_042p

一月地震三月サリン九月には父の死ウインドウズ九五の年

スーパーに白装束の一団が来ており例のオウムの子らも

一家族乗せて飛び出すワゴン車のしろきまひかり オウムを乗せて

 

2013年9月18日 (水)

53 歩を停めてともにみいりし蝉殻のふたつみつよつ 〈楽〉のいた日々

短歌第五十三号刊。
つつしみぶかく生きよと、誰かが言った。ぼくではない、の巻、三首。

歩を停めてともにみいりし蝉殻のふたつみつよつ 〈楽〉のいた日々

瀝青のにおい重たき雨の日の路に消えゆく霊柩車ひとつ

日に出でてひらくケイタイ義父の死のちかきを打てば掠れゆく文字

20080115hinoki_033

だれが描いても同じような絵、その一部分。

2013年9月17日 (火)

52 内向の性を問われし日のゆうべ 責任感のつよい蝉たち

短歌第五十二号刊。
もっと静かなところで暮らしたい、と思う人は多い、以下三首。

P1060045p

内向の性を問われし日のゆうべ 責任感のつよい蝉たち

ひらかれし扉の向こう 日に蔭に庭を横切る尼僧と神父

祭壇の背後に回りかくれがのごとき小部屋に私服にもどる

2013年9月16日 (月)

51 むきむきに茹で玉子の殻剥き合いてパステル色は春の誘い

短歌第五十一号刊。
カトリック教会の四季をうたう、三首詠。

P1060047pm_3

むきむきに茹で玉子の殻剥き合いてパステル色は春の誘い

汗に赤くかぶれた僕の背を見ては面白がっている信者の子

まずしければ貧しきなりに身を寄せて降誕祭の小夜待つ日々は

2013年9月13日 (金)

50 ふるさとは例えば路地の片かげり北に海もつ町は気だるく

短歌第五十号刊。
夏の記憶、あれこれ三首。

P1060048p_2

ふるさとは例えば路地の片かげり北に海もつ町は気だるく

欄干にゆびの爪など擦りつつわたる石橋 川向こうまで

天降る神の子のごと嫋やかに野道を来たり 愛されたくて

49 声のみの夕蝉の声こつねんと谺は無口な少年を追う

短歌第四十九号刊。
ホザンナとは、救い給えの意。以下三首詠。

P1060046

父母と別れてひとり告解へ罪の赦しは共にひとしく

天のいと高き処に幸あれと祈り続ける祈るべき人

声のみの夕蝉の声こつねんと谺は無口な少年を追う

48 わが胸に連なり来たる木立ありてホウシツクツク罪説く時間

短歌第四十八号刊。
夏の終わりは、能登の夕暮れ、以下三首。

P1060044

わが胸に連なり来たる木立ありてホウシツクツク罪説く時間

山ひとつ時雨れ鳴く見ゆおおいなる蝉が神父の声まねており

透き通るほどのうすずみその翅のいろに昏れゆくカナカナの声

2013年9月12日 (木)

47 われに手を翳したる者ききなれし声に囁く小窓を開けて

短歌第四十七号刊。
いちど憶えたら忘れないうたのかずかず、をうたう。以下三首。

P1060041flag200803fencehp_3

われに手を翳したる者ききなれし声に囁く小窓を開けて

われと知る誰か見ておりホーザンナ塔より高きところを仰ぐ

川の面をわたるうつしみくらぐらとありて漂う橋のかたえを

46 みみもとに残る余韻は引き綱におさめつつあり ミサが始まる

短歌第四十六号刊。
カトリック清水教会に通いしころのことごと、三首。

006

みみもとに残る余韻は引き綱におさめつつあり ミサが始まる

日曜の朝を空しく鳴くセミの声をしずめに教会へ入る

塔の下に笑みもてしばし集い来し信者らの声 鐘鳴るなかを

2013年9月 7日 (土)

45 同窓会の通知手にしてなにがなしおもうことあり 根に持つごとく

短歌第四十五号刊。
同窓会の巻、三首。残念ながら行った事がないけど。

Pb270024

同窓会の通知手にしてなにがなしおもうことあり 根に持つごとく

たまたまに小、中、高の各々より案内来ており 華甲の宴

上級生の吐息が重い 裏切るな 捩じ曲げられたる人差し指に

44 招かざる客かよひとりさむざむとエアコンの口あおげるおれは

短歌第四十四号刊。
夏の終わりをうたおうの巻、都合三首。

招かざる客かよひとりさむざむとエアコンの口あおげるおれは

図書室の歌誌をひらけば黒髪のしおりがひとすじ夏ページにて

ねてはさめさめてはみいる銀幕の繋がるまでの撓める時間

P8020049

2013年9月 5日 (木)

43 銀行のカレンダーにて親しむる日本画日本人の美意識

短歌第四十三号刊。
量と質の調和を目指す、三首詠。

Pc200030

銀行のカレンダーにて親しむる日本画日本人の美意識

壁一面所狭しと絵がならびさらに貼りつく金銀の短冊

サヨウナラかかるタイトル掲げては個展たびたびひらく画家おり

42 目には青葉 響動めき渡る万歳のこえはどこから武道館前

短歌第四十二号刊。
晴れ晴れと、五月をうたう、なにはともあれ三つ。

P5010010

目には青葉 響動めき渡る万歳のこえはどこから武道館前

こころせよだれが言ったか象徴の人は別段何もいわない

相模原上空を飛ぶ人民機かくもすずしき高度を保つ

2013年9月 4日 (水)

41 臘月やバックしますの電子音ちぢにみだれて路上を塞ぐ

短歌第四十一号刊。
季節はずれの、12月をうたう、三首。

005

臘月やバックしますの電子音ちぢにみだれて路上を塞ぐ

日捲りをめくりわすれていちどきに破らんとするに力の籠れる

ロマンスカー一駅とおく乗り越してありく家路はせつなく遠し

2013年9月 1日 (日)

40 夾竹桃 ふたいろあわく入り混じるその花かげに求め合う肌

短歌、第四十号刊。

劇画調なれど晩夏をうたう、とまれ三首。

Pa250324

夾竹桃 ふたいろあわく入り混じるその花かげに求め合う肌

ストレート・ノー・チェーサーと決めていた狂えるほどに冷静に 夏

線路沿いのフェンスにおまえを押しつけて過ぎる電車の影をゆれあう

39 この辺りに産婆なるひと住まいたり 母とわれとを取り上げし人

 短歌第三十九号刊。
能登の夏をうたう、いつもの三首。下、琵琶湖を望む。

P9170022

この辺りに産婆なるひと住まいたり 母とわれとを取り上げし人

浦山の社のわきの細き道上るわがあり 母生れし町

じわりじわり昇り詰めつつ奥能登に盆の踊りの夜のめぐり来

 

 

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

フラッグ《フェンスぎりぎり》 公式ホームページ

  • 最新作およびテクスト満載 
    flag-fence-girigiri

Twitter

掲示板

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。
フォト

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ