« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月30日 (水)

78 川の上に滝はなけれど夜の淵を溢れつづけるナイアガラ万歳

短歌第七十八号刊。
冬の花火と夏の花火、川の花火と、湖や海の花火、思い出しつつ三首詠。

気短なロケット花火に火を点けて宙に放てば隣家へくだる

川の上に滝はなけれど夜の淵を溢れつづけるナイアガラ万歳

むきむきに花火する処女浜に坐し風呂あがりの腿から照らし合う

P1310048

2013年10月29日 (火)

77 きいていてほしいことがあるのよ、午前零時庄や禁煙席にけぶれる

短歌第七十七号刊。
楽しみは後に残しておくタイプ、血はみずで洗いながしおくべし。三首詠。

P1310035

きいてほしいことがあるのよ、午前零時庄や禁煙席にけぶれる

ほんとはねっていい合いにつつ日に三度生き別れたりひとりのひとと

SFの世界の中に生き延びていたる漢字は灯りのごとし

2013年10月26日 (土)

76 肥大せし絵画空間そのように棚の画集が棚に収まる

短歌第七十六号刊。
どんどんどんどんおおきくなあれ、といわれても、身近なところで三首。

P1310041

肥大せし絵画空間そのように棚の画集が棚に収まる

週毎にかわる展示を楽しみに銀座京橋画廊界隈

銀座線を銀座で降りて神田まで画廊をめぐる  三越はふたつ

2013年10月25日 (金)

75 三保沖にしらすを掬いそを茹でて日々のくらしは海に賄う

短歌第七十五号刊。
些事ではあるが、積み重なると困ったことになる、外からの音はとくに制御不能ゆえに。
つづけて三首。

写真は、瀬戸内海の島々。

P1310024

三保沖にしらすを掬いそを茹でて日々のくらしは海に賄う

漁終えてガラス徳利一合の酒をくきくき飲み干すこころ

羽衣の松はいつしか銭湯の空間絵図となりて名を成す

2013年10月24日 (木)

74 河原べに獲物をならべて獺のうからなにやらまつりごとめく

短歌第七十四号刊。
高収入の人ほどよく笑うってほんとうか、三首詠。

P1300012

河原べに獲物をならべて獺のうからなにやらまつりごとめく

野良犬のすがたあらざるこのあたり基軸通貨はワンならずニャア

朝起きて夕の献立思案する吉本隆明氏的煩悩おもゆ

2013年10月23日 (水)

73 ああ「みやこ」、ひとつ話題に沸き上がる常連客の声音いやしき

短歌第七十三号刊。
速読、即詠をこころがけている、秋である。以下三首。

Pc110008

ああ「みやこ」、ひとつ話題に沸き上がる常連客の声音いやしき

とっくりの尻のラインを愛でにつつさぐる二合の中味のおもさ

最終の下り電車は遅れがちホームの客はみな西を向く

2013年10月17日 (木)

72 茹で上がりし笊のしらすを簾のうえに開けてほころぶおみならの声

短歌第七十二号刊。
台風が多い今年、雨漏りが心配、雨男月並み三首。

Pc080003_2

茹で上がりし笊のしらすを簾のうえに開けてほころぶおみならの声

うで立てのしらすを口につまみ撮み干しゆく甘きこの茹でじらす

白秋の手になるひとつちゃっきり節いわゆるCMソングの走り

2013年10月16日 (水)

71 わが名前のみの表札ひとつきをかけて彫りゆく檜の香のかおり

短歌第七十一号刊。
大風に煽られて、表札が飛んでいってしまった。落葉のなかから拾い出す。きょうも三首。

わが名前のみの表札ひとつきをかけて彫りゆく檜の香のかおり

なんらかの比重差のありて妻側へ傾ぎたがれる表札を外す

洗面の水にしずめし手の甲は毛蟹の如しおよびまるめて

P3100023

2013年10月15日 (火)

70 頭上より生温き雨のようなもの降り出だしわれを見下ろす歩道橋上の老人(ひと)

短歌第七十号刊。
何が起きるかわからない、まさか自分に、三首詠。Pa2503132013

頭上より生温き雨のようなもの降り出だしわれを見下ろす歩道橋上の老人(ひと)

ほこうきつえん窘めおれば携帯に写真撮られて通報されつ

黒白(こくびゃく)の諍いごとは果てるなく飽きるまで弾くネコフンジャッタその他

2013年10月14日 (月)

69 年熟れし者らのゆくえユニクロのユニセックスの装いに透けて

短歌第六十九号刊。
一日一冊の本を読み終えることを、自らに課す、ストイックなきょう、きのう、おとつい。
秋ど真中の三首詠。

Pa250306

年熟れし者らのゆくえユニクロのユニセックスの装いに透けて

イラク戦見ていしわれとわが妻とジーコとザッケローニ、五十九

ザ・プレミアム・モルツ飲む人いうなればプレモルの人特別の人

2013年10月13日 (日)

68 運動のダンベル熟(こな)す夜夜にして肝斑(しみ)のCMテレビは流す 

短歌第六十八号刊。
睡眠生活の大事を思う、ながいながいねむりに就くまえに、いざ、三首詠。

運動のダンベル熟(こな)す夜夜にして肝斑(しみ)のCMテレビは流す

P3270039

 

しじみのちしみのCMしみじみと秋の夜長のBSテレビ

おもいみればシミのCM美しく映せる地上アナログは見ず

67 此れの世の未来おぞましひとつふたつ撥ねてみたっていいじゃないばか

短歌第六十七号刊。
アンテナの感度がいいと、こころによけいな負担がかかる由、くわばらくわばら、
飽きもせず三首。

P1010032

江戸萩とメドーセージがだらだらと靠れ合いつつ一夏終えたり

憑きものが落ちたみたいに唸り出す獅子身中の虫虫の音

此れの世の未来おぞましひとつふたつ撥ねてみたっていいじゃないばか

2013年10月11日 (金)

66 絵画とは洋画のことか、降る雨に額あじさいの挿し木はぬれる

短歌第六十六号刊。
年若い人たちの歌集を読む、よろこびであるに違いない。つづけて三首詠。

P2120028

絵画とは洋画のことか、降る雨に額あじさいの挿し木はぬれる

レギュラーにかるく湯を足しわが前に運ばれ来たる亜米利加の味

一枚の重く濁れる油絵の色のかさなり具合気になる

2013年10月10日 (木)

65 みちみちに端折りながらにかなしみは微分してゆくあるく速度で

短歌第六十五号刊。
散歩してきたら、もっとおいしくなっているはず、三首詠。

P2090011

画板胸に抱えて子らは中庭に わたり廊下のしずかなことも

みちみちに端折りながらにかなしみは微分してゆくあるく速度で

かぎりなく平らかなるをかげとよび絵ふでにひろう繋がり止まず

2013年10月 9日 (水)

64 ここからは画家の領分かがみとのさみしき距離をつめつつ描くは

短歌第六十四号刊。
喋り過ぎるとつかれるけれど、話したい、肉声は耳に残りやすいのどの奥にも、で以下三首。

どこまでが顔なのかなと触れているみみのましたの顎のつけ根

ここからは画家の領分かがみとのさみしき距離をつめつつ描くは

なぜかしらん無性に腹に据えかねて鏡をみがく身の透けるまで

P2110025

2013年10月 8日 (火)

63 ななめ左向いてなに待つ手鏡のなかのわたくし絵筆手にして 

短歌第六十三号刊。
日本酒がやっぱりおいしい、「あきぃ」とう季節になりました、都合三首。

P1010308

ななめ左向いてなに待つ手鏡のなかのわたくし絵筆手にして

かさねゆく絵の具の厚み鼻先はかがみよかがみ 線描の的

喘ぎつつジャコメッティが口走る はなさきがすべて もっとも近い

2013年10月 7日 (月)

62 いまいちど絵を掛けなおす初個展壁にぴーんと糸張らしめて

短歌第62号刊。
きのうはじめて歌会に出た、声と言葉の饗宴であった。以下三首。

P1110215p_2

アトリエの水場にちいさき蜘蛛ありて餓死を選びぬ巣より零れて

いまいちど絵を掛けなおす初個展壁にぴーんと糸張らしめて

芳名簿白紙一枚とび越してサインしてあり さくら五分咲き

2013年10月 4日 (金)

61 桃太郎もルイ60もあかあかとごらん表紙の写真のとおり

P5190010p

短歌第六十一号刊。
家庭菜園をたのしもうの巻、腰を痛めずに、以下三首。

桃太郎もルイ60もあかあかとごらん表紙の写真のとおり

テキストの絵図を頼りにちょきちょきと二花房摘心三段仕立て

ジグザグに伸ばす枝先はやも実がトマトつつましコンテナ育ち

2013年10月 2日 (水)

60 母国愛曇る自己愛熱きその息もてふねの小窓を磨く

短歌六十号刊。
いつのまにか秋のよそおい、相変わらず三首。

P5190009p

母国愛曇る自己愛熱きその息もてふねの小窓を磨く

斉唱は義務の日この日二度までも園児を園に起たせながらに

自動車の行き交うところをわずかばかり削って歩道となせば自転車

59 ひとつきほど溜めた新聞読み終えて眼摩れば来世がかすむ

短歌第五十九号刊。
日々のことごと、つれづれに、三首詠。

毎日を朝日日経神奈川ときたりてしばし東京に落ち着く

ひとつきほど溜めた新聞読み終えて眼摩れば来世がかすむ

三百年以上噴火の史実なき冨士のお山のお鉢を覗く

P6060031t

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

フラッグ《フェンスぎりぎり》 公式ホームページ

  • 最新作およびテクスト満載 
    flag-fence-girigiri

Twitter

掲示板

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。
フォト

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ