« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月18日 (日)

90 車間距離を測りながらにながめゆく早咲き桜東名わきの

短歌第90号刊。

041バラ満開、アジサイもそろそろ。

車間距離を測りながらにながめゆく早咲き桜東名わきの

だれよりものっぽのみずき花開き無垢と多感のおもてを晒す

聞きなれし声は過ぎりて山茶花のはなもそろそろ終わりねという

2014年5月15日 (木)

89 ひぐれのち雨の気配はカンヴァスにありていろ濃く撓む空間

短歌第89号刊。

雨が降り出しそう。グールドを聴く。平均律第2巻。

 

ひぐれのち雨の気配はカンヴァスにありていろ濃く撓む空間

P4300018ぽつねんと父がいいたり少尉だからな 同い年の小野田氏の敬礼

あかねさす富士を真中に右岸より二子玉川駅に入りたり

2014年5月13日 (火)

88 コントその可能性の中心は虚ろなるべし 鳩が飛び出す

短歌第88号。

思い付きではじめた、短歌新絵日記も、88回目を迎えました。以下三首。

 

 コントその可能性の中心は虚ろなるべし 鳩が飛び出す

 

 独断のまどろみを誘う弁護士のですます調の枯れた香水

 

 あたらしき人口瓦に葺き替えし隣家の屋根より春立ちのぼる

P9190052 有馬温泉

87 紙風船を突ける義母の手いきいきと記憶の底のバレーボール部

短歌第87号刊。下の写真は、近江八幡。

 

 紙風船を突ける義母の手いきいきと記憶の底のバレーボール部

 たしかなる動線のごとくカニューラの管は伸びきてその先の義父

 先刻まで木魚叩きし住職はちょっと前まで静岡銀行のひと

P8230006

2014年5月 8日 (木)

86 愛用の撫刷毛は純馬毛にて「賢い馬は孤独をきらう」

短歌第86号刊。

さにわべのクレマチス咲き始める。下の写真は、京都の梅林。

P3100001

愛用の撫刷毛は純馬毛にて「賢い馬は孤独をきらう」

神奈川の県のかたちになにとなく〈幸〉をおもえりポメラニアン種の

であい系サイトに嵌る末の娘を棒読みに呼ぶ 風呂に入れ

2014年5月 1日 (木)

85 歩の数を集めつつゆく冬の夜の駅のちかくへ来るとぬくとい

短歌第85号刊。

5月、心機一転。ブログの体裁も変わりました。

以下3首詠。

 歩の数を集めつつゆく冬の夜の駅のちかくへ来るとぬくとい

 駅の灯を浴びて仄浮く鉄塔のさきの先まで霧雨の中

 ミニパトの婦警さんたち一方通行(いっつう)を逆走しており 逃げるレガシィP5250037

 

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

フラッグ《フェンスぎりぎり》 公式ホームページ

  • 最新作およびテクスト満載 
    flag-fence-girigiri

Twitter

掲示板

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。
フォト

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ