« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月31日 (火)

見返せば睨み返せり現代詩作家なるひと改札口で

見返せば睨み返せり現代詩作家なるひと改札口で

三十六日目。

P9230001
迫力のある眼差し。
黒い蝙蝠傘を持っていた。
場所は京橋駅改札。


2015年3月30日 (月)

装飾性華美なる悪をやっつけるウルトラマンの無表情、微妙

装飾性華美なる悪をやっつけるウルトラマンの無表情、微妙

三十五日目。P9230049_2


灰色は無表情ではないけれど、
やはり冷たい感じがあることは否めない。

モンミュゼ沼津での個展が始まりました。

春爛漫の駿河路は魅力的です。

2015年3月29日 (日)

暖かくなる日の朝は冷えやすくどこへ行くにもついてくるんだね、ラク

三十四日目。P8010029

暖かくなる日の朝は冷えやすくどこへ行くにもついてくるんだね、ラク




2015年3月28日 (土)

一瞬の静止をふくむ鳩のその着地へいたる動作面白

三十三日目。002

一瞬の静止をふくむ鳩のその着地へいたる動作面白

川崎駅前。

2015年3月27日 (金)

白線のはるか先ゆく自由へと駅のホームを鳩が飛び立つ

白線のはるか先ゆく自由へと駅のホームを鳩が飛び立つ

三十二日目。あしたは暖かくなるでしょう。040

2015年3月26日 (木)

川の底ひとつ小箱に身を寄せてねむる犬の子三つ子なりけり

三十一日目。015

寒の戻りにからだときもちが追いつかない。
熱海や湯河原は、桜がほころびはじめていた。

川の底ひとつ小箱に身を寄せてねむる犬の子三つ子なりけり

2015年3月25日 (水)

すて川とう名を持つ川の澱みにてしずめられたる犬の子その他

三十日目。P4290039

すて川とう名を持つ川の澱みにてしずめられたる犬の子その他

小さな川になんでも捨てていたむかし、
すて川も雨が降るとよく氾濫していた。

2015年3月24日 (火)

鳩一羽クツの底いにとまらせて脚組むわれは公園におり

二十九日目。そろそろ一巡。032


鳩一羽クツの底いにとまらせて脚組むわれは公園におり

2015年3月23日 (月)

自由への道はさすがに色褪せて聞こえよがしにハトうつ音も

自由への道はさすがに色褪せて聞こえよがしにハトうつ音も

二十八日目。

ことし庭の沈丁花は咲かない。006
枯れてしまった。

なぜだろう。

2015年3月22日 (日)

新自由主義に塗れしこの国のつぶつぶつぶつ鳩は眠らず

005
二十七日目。

鳩が寝ているところを見たことがない。

新自由主義に塗れしこの国のつぶつぶつぶつ鳩は眠らず

2015年3月21日 (土)

〈TOMORROW〉は地下にあるらし矢印がハローワークの出口に教う

二十六日目。春分の日。

041_4

入るときに気づかなくても、
出口ではそれと気づく看板がある。
tomorrowという名の飲食店はよく目にするが、

職安の地下1階に存在するのはレストランである。

〈TOMORROW〉は地下にあるらし矢印がハローワークの出口に教う

2015年3月20日 (金)

キャタピラーは毛だらけの猫灰だらけ毛虫のような人柄をいう

二十五日目。

P9270006キャタピラーは、商標名でもありますが、

原義は毛だらけの(=^・^=)。
または芋虫、まれに聖職者。
他人を食いものにする人のこと。



キャタピラーは毛だらけの猫灰だらけ毛虫のような人柄をいう

2015年3月19日 (木)

新しい朝というもの身につかず覚えなきまま動かす手足

新しい朝というもの身につかず覚えなきまま動かす手足028


二十四日目。

ラジオ体操が苦手な人も多かろう。

2015年3月18日 (水)

親思いの肉屋のむすめ嫁がずに家業を継げり 手でハエを追う

親思いの肉屋のむすめ嫁がずに家業を継げり 手でハエを追う

二十三日目。051112_003_2

ガラスケースの中に逃げ込んだ蠅をてのひらで潰してしまうのだ。

2015年3月17日 (火)

三輪セツ子先生の顔そっくりに描きたるのちあわくぼかせり

P9230046二十二日目。


三輪セツ子先生の顔そっくりに描きたるのちあわくぼかせり

小学校の似顔絵大会。
クラス代表として、担任の先生の顔を描く。
50歳をちょっと過ぎた三輪先生のやさしくもきびしい顔を思い出しながら描いたのだが。
あまり似すぎてもいけない。

2015年3月16日 (月)

自転車に乗って遠出をした帰り 決まって犬に追いかけられた

二十一日目。

自転車に乗って遠出をした帰り 決まって犬に追いかけられた

Pa040006

昭和三十年代の地方の漁師町には、犬猫とひとは共存していた。
遠出をした帰り道、空腹と疲れ、くわえて日が沈みかけて来ると無性にさみしくなり、つい道端にたたずむ犬に声をかける。
何かくれると思って犬は近づいて来るが、何もないと知ると途端に吠えたりときには咬みついて来る。逃げるしかない。

2015年3月15日 (日)

モンミュゼ沼津、沼津市庄司美術館へのご案内その2

A401


A402


春爛漫の沼津へ、お越しください。

春の個展、フラッグ《フェンスぎりぎり》1999年以後

沼津市の、庄司美術館にて、3月28日土曜日より、
フラッグ《フェンスぎりぎり》1999年以後展が開催されます。

よろしくお願いいたします。




Dm01web_2


Dm01web3_2


さよおなら 卒業生を代表しあいさつ終えてみれば爆笑

二十日目。

さよおなら 卒業生を代表しあいさつ終えてみれば爆笑

P4090015


中学三年の男子が、在校生に向かってお別れの挨拶の一コマ。
緊張して早口になるので、できるだけゆっくりと話すように教師から諭されていたのだが、それを思い出し、さいごのさいごで出てきたフレーズ。 

2015年3月14日 (土)

じっとりと汗ばむ両のてのひらよここより他の場所へ逃げたし

十九日目。P3310011

じっとりと汗ばむ両のてのひらよここより他の場所へ逃げたし

ここより他の場所、大江健三郎の短編にありましたね。

2015年3月13日 (金)

右寄りの話題豊富なトベさんが上目遣いにミラーを覗く

十八日目。
タクシーに乗り込むとき、緊張しませんか。P5250036_2

右寄りの話題豊富なトベさんが上目遣いにミラーを覗く

2015年3月12日 (木)

ハンドルの遊びの部分をしみじみと右に左にタクシー日和

十七日目。

ハンドルの遊びの部分をしみじみと右に左にタクシー日和 

P5070340
客を待つ間、日向ぼっこしているタクシーとその運転手。

2015年3月11日 (水)

トベさんは個人タクシーの運転手で早い話が短歌はじめた

Dsc000842_2十六日目。

トベさんは個人タクシーの運転手で早い話が短歌はじめた

言葉にしてみてはじめて自分が何を考えていたかがわかることがある。

2015年3月10日 (火)

窓に向かいお姉言葉を真似てみる すこしきぶんがラクになるわよ

十五日目。

窓に向かいお姉言葉を真似てみる すこしきぶんがラクになるわよ




014


この場合の窓は、家の窓ではなくて、車窓です。
電車の窓から眺める風景は、時間そのものです。
前へ進んでいるのに、過去へさかのぼるように時は流れる。

2015年3月 9日 (月)

茹でたまごつるんとむけて初恋のつぎなるお人の口に含ます

茹でたまごつるんとむけて初恋のつぎなるお人の口に含ます

十四日目。023_2

新鮮な玉子ほど茹でると殻が剥きにくい。
炭酸ガスが薄皮と殻の間につまっているからだ。

2015年3月 8日 (日)

甘納豆を肴に酒を飲むひとも 父のことなり性善説の

13日目。

甘納豆を肴に酒を飲むひとも 父のことなり性善説の

051112_001


いちまい一枚、薄紙を剥がすようにことばは記憶を遡るのでしょうか。

2015年3月 7日 (土)

満月や じいとばあとがいい合える平屋の家の前のしずけさ

十二日目。

満月や じいとばあとがいい合える平屋の家の前のしずけさ

P92300302たまに雨が降らないと、ことしは花粉がすごい。

二、三日前満月だった。

2015年3月 6日 (金)

澱みなきひかり湛えし校庭の溜まりのみずの静かなことも

11日目。

澱みなきひかり湛えし校庭の溜まりのみずの静かなことも

啓蟄です。梅の香りに誘われて。P3100003

2015年3月 5日 (木)

水たまりに歩み止まりしわが子らへおおらかに声をかけゆく保母さん

十日目。

水たまりに歩み止まりしわが子らへおおらかに声をかけゆく保母さん

Pc200033_2

おはようの挨拶でしょうか。
保育園に行き渋る子どもが、水たまりから顔を上げて、そばを通る保母さんと
声を交わす朝の光景。

2015年3月 4日 (水)

人品の下なるわたくし友を乞い酒飲むのみに九品仏へと

九日目。

人品の下なるわたくし友を乞い酒飲むのみに九品仏へと

P9230029
大酒のみは大成しないらしいのだ。

2015年3月 3日 (火)

逃げんとする猿のうつつをてのひらは憶えいるらし汗掻く両手

つづけて八日目。

逃げんとする猿のうつつをてのひらは憶えいるらし汗掻く両手

022

往復はがきはたいへん便利なツールだと思う。
特に出欠を取りたいときには、役に立つ。
けれど、出か欠か悩める人には困った代物だろう。
まんなかで切り取られもせずに、捨てられてしまった往復はがき、返信しなかった(できなかった)はがきはどれくらいあるのだろう。

2015年3月 2日 (月)

子供にもサルにも今は戻りたくないのでただの大人でいます

七日目。

子供にもサルにも今は戻りたくないのでただの大人でいます

P4090009


葬儀についてあれこれと考えることがある。



逝きし者のためか、遺されし者のためか。

どう生きてきたか、試されているのでもあろう。合掌

2015年3月 1日 (日)

逃げ場なきサルの憂いを炙り出すごとく汗ばむわたしの両手

六日目。

逃げ場なきサルの憂いを炙り出すごとく汗ばむわたしの両手

掌の記憶は、侮りがたし。P4090001

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

フラッグ《フェンスぎりぎり》 公式ホームページ

  • 最新作およびテクスト満載 
    flag-fence-girigiri

Twitter

掲示板

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。
フォト

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ