« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

存在の遮られないその軽さ ペットボトルの口に海苔つく

百九十四日目。

小雨降るなか、小田原ビエンナーレ展に行ってきました。

Dsc003642

                                           春の早雲寺

 

       存在の遮られないその軽さ ペットボトルの口に海苔つく

 

 

2015年8月30日 (日)

命日を飾ることなく捨子花 母のその母名はステという

百九十三日目。秋雨前線停滞中。

Dsc001462


  命日を飾ることなく捨子花 母のその母名はステという

2015年8月29日 (土)

きららかに クモの巣を浮かべ石和湯は露天の木々にいま日がのぼる

百九十二日目。

雨の日が続く。

P82703782

 

    きららかに クモの巣を浮かべ石和湯は露天の木々にいま日がのぼる


 

2015年8月28日 (金)

ようちゃんのアトピーに効くといいねとわが父母がヨモギを干して送りこすなり

百九十一日目。おとなになったら治るかと思ったのですが。

P82703772

 

 ようちゃんのアトピーに効くといいねとわが父母がヨモギを干して送りこすなり

 

2015年8月27日 (木)

曼殊沙華花なき茎をみず垂れて母はシングル・マザーをきらう

百九十日目。秋の気配濃厚なれど晩夏をたのしむ。オンザロックで。

P8270383


  曼殊沙華花なき茎をみず垂れて母はシングル・マザーをきらう

 

2015年8月26日 (水)

ふきつ、といい摘み花捨てゆく母にしてゆびにひがんのはなの紅

百八十九日目。涼しいというより寒い。

Pb0404042
 

     ふきつ、といい摘み花捨てゆく母にしてゆびにひがんのはなの紅

 

 

2015年8月25日 (火)

戯けつつ父が小道をあゆみくるその夕闇の草深きわが家へ

百八十八日目。過ごしやすい気温と湿度にからだが喜ぶ。

P82703791


   戯けつつ父が小道をあゆみくるその夕闇の草深きわが家へ

 

2015年8月24日 (月)

一月は地震、三月はサリン、九月には父の死のあり 一九九五

百八十七日目。涼しくなりました。

P82703722

   一月は地震、三月はサリン、九月には父の死のあり 一九九五

 

2015年8月23日 (日)

しにそこない、と声に出しつるわがありてその翌々月に父は死にたり

百八十六日目。

303


  しにそこない、と声に出しつるわがありてその翌々月に父は死にたり

 

2015年8月22日 (土)

みずの面に図形楽譜をえがきゆくごとくプールに小雨降りおり

百八十五日目。

また蒸し暑くなってしまった。

094浜名湖

   みずの面に図形楽譜をえがきゆくごとくプールに小雨降りおり

 

2015年8月21日 (金)

アナログへ回帰してゆく飼い主を見てもデジタル犬は哭かない

百八十四日目。なんとなく暑い。

308_2

   アナログへ回帰してゆく飼い主を見てもデジタル犬は哭かない

2015年8月20日 (木)

沼津市と清水市ともに人口を減らしたりしとおのおのの市民が憂う

百八十三日目。何か理由があるのだろう。

   沼津市と清水市ともに人口を減らしたりしとおのおのの市民が憂う

20090417olympus_003

   わが家族〆て三十名ほど集いしが清水在住ひとりも居ずなり

 

2015年8月19日 (水)

詩人F・ペソア氏描くリスボンは 遠き日の清水市街に似てなくもなし

百八十二日目。ここはどこ。   

Dsc001912_2



横砂の海岸も、袖師の入江も当時はうつくしかった。いまはコンビナート。
しのぶよしもなし。きれいなままの浜辺は、下田弓ヶ浜。

  詩人F・ペソア氏描くリスボンは 遠き日の清水市街に似てなくもなし

2015年8月18日 (火)

市電ありし頃の清水はたくましく馬糞踏みつつお馬も通る

百八十一日目。

横砂から新清水を抜けて港橋まで、子供五円大人は十円のチンチン電車。

014_3こちらは川崎駅裏

 市電ありし頃の清水はたくましく馬糞踏みつつお馬も通る

 

2015年8月17日 (月)

静かだな、濡れた路面をのりものがすぎゆく夜の明けの雨音

ことばのデッサン、はや百八十日目。

Flag_fence_girigiri_201001_c10
                                                2010年

 静かだな、濡れた路面をのりものがすぎゆく夜の明けの雨音

 

2015年8月16日 (日)

ガラス戸と網戸との間(あい)に挟まりしままに動かず、壁虎は夏の季語

百七十九日目。へきことはヤモリのこと。

 ガラス戸と網戸との間(あい)に挟まりしままに動かず、壁虎は夏の季語

Fence_girigiri_2013_c16_hekiko
                      ヘキコ:キャンヴァスに油彩ほか 2009年

2015年8月15日 (土)

満月の明かりをたよりに七曜を置き換えている若き看護婦

百七十八日目。

 満月の明かりをたよりに七曜を置き換えている若き看護婦

Pa230289

 

2015年8月14日 (金)

家猫の餌をばおりおり野良たちに与うよろこび隣家は知りぬ

百七十七日目。猫にエサをやらないでください、と書いてある看板をよく目にしますが。

P9170025 近江の(=^・^=)


家猫の餌をばおりおり野良たちに与うよろこび隣家は知りぬ

 

2015年8月13日 (木)

松林の途切れしところあおあおとひらけて沼津西高はここよ

百七十六日目。待望の雨。

下の写真は、春の比叡山を望む。

P3090003


松林の途切れしところあおあおとひらけて沼津西高はここよ

 

 

2015年8月12日 (水)

テクスチュアに話が及ぶ美学者の声聞きながら駅までの道

百七十五日目。Dsc005142_2

テクスチュアに話が及ぶ美学者の声聞きながら駅までの道

 

 

2015年8月11日 (火)

等々力の駅にて別れし美学者は小顔なりけり踏切が鳴る

百七十四日目。      flag 、fiag、 fiag

Dsc004732


等々力の駅にて別れし美学者は小顔なりけり踏切が鳴る

 

2015年8月10日 (月)

トントコトン妻と子を率(い)て来た道をもどる他なくお祭りはいずこ

百七十三日目。

P13100302_4

トントコトン妻と子を率(い)て来た道をもどる他なくお祭りはいずこ

 

2015年8月 9日 (日)

読み癖に見放されたる夏まひるカントは眠りヘーゲルは発つ

百七十二日目。風が少し涼しい。    躑躅と瓦礫。

P1300009
                                              

読み癖に見放されたる夏まひるカントは眠りヘーゲルは発つ

 


 

2015年8月 8日 (土)

裏庭に『日々の思い出』ひっそりと咲かせていたり ヤブランの花

百七十一日目。とはいえ、立秋。

小池光歌集『日々の思い出』再読。

  P1300013

裏庭に『日々の思い出』ひっそりと咲かせていたり ヤブランの花


 

2015年8月 7日 (金)

メダカメダカゆびのあいだを遁れゆくときに即ち命終えたり

百七十日目。あしたっからすこし涼しくなるようです。ほんとかな?

P1300003
旧広島市民球場

メダカメダカゆびのあいだを遁れゆくときに即ち命終えたり

 

2015年8月 6日 (木)

八月は清らかなる朝 永遠がTOTOの小部屋につっ立って居た

百六十四日目。原爆忌。

 手がありて鉄棒つかむ原爆忌 奥坂まや

 戦争が廊下の奥に立ってゐた 渡辺白泉

P1300001_3

八月は清らかなる朝 永遠がTOTOの小部屋につっ立って居た

                                   こんな朝が八月には何日もある。

 

2015年8月 5日 (水)

気泡出だす容器の口に身を寄せて揺れる穴子はまどろみの中

百六十三日目。安芸の宮島の穴子を思いて。

P1310026

気泡出だす容器の口に身を寄せて揺れる穴子はまどろみの中

2015年8月 4日 (火)

おでんひとつカップにしずめコンビニを出でゆく東電ОLふうに

百六十二日目。時季外れのおでんの味はまた格別。

 

おでんひとつカップにしずめコンビニを出でゆく東電ОLふうに

Dsc005092

 

2015年8月 3日 (月)

果物屋のフレッシュジュースは楽しそう 熟れた果実の華やぐところ

百六十一日目。たまに飲みたいフレッシュジュース。

Dsc005122


果物屋のフレッシュジュースは楽しそう 熟れた果実の華やぐところ

2015年8月 2日 (日)

じゃじゃ麺の味を知らずに眠るぼくの顔を跨いでゆく人の妻

百六十日目。まだまだ暑い。麺類が恋しい。

Dsc004982


じゃじゃ麺の味を知らずに眠るぼくの顔を跨いでゆく人の妻

 

2015年8月 1日 (土)

中華そばをすする喜びヤキブタはあとの後まで残し置きたし

百五十九日目。熱中症に気を付けましょう。下の写真は、スペース23°C。

Dsc004792


中華そばをすする喜びヤキブタはあとの後まで残し置きたし

 

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

フラッグ《フェンスぎりぎり》 公式ホームページ

  • 最新作およびテクスト満載 
    flag-fence-girigiri

Twitter

掲示板

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。
フォト

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ