« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

自転車の影はゆうらり縁側を抜けてましろき向う岸まで

三百四十七日目。雪マークが点いたり消えたり。

Dsc002252_2


自転車の影はゆうらり縁側を抜けてましろき向う岸まで

 

2016年1月30日 (土)

よく手入れされたる庭を縁側より見いるはすでに亡き人ばかり

三百四十六日目。訃報がつづく。雪になるだろうか。

Pc150601

よく手入れされたる庭を縁側より見いるはすでに亡き人ばかり

 

2016年1月29日 (金)

めざめれば冷えゆく世界にこやかに笑まう友あり 一月の三十日

三百四十五日目。大雪になるかも。

Pc1506132

めざめれば冷えゆく世界にこやかに笑まう友あり 一月の三十日

 

 

 

 

2016年1月28日 (木)

冷蔵庫の扉に靠れて夜の明けをねむるわがあり 雪降るらしも

三百四十四日目。週末は雨になるらしい。冷たい雨。

Pc150612

冷蔵庫の扉に靠れて夜の明けをねむるわがあり 雪降るらしも

 


 

 

2016年1月27日 (水)

舌のひらに白子ぽん酢の香を残し眠れるわれは冬寒の中 

三百四十三日目。少し寒さが緩みましたか。

02712


舌のひらに白子ぽん酢の香を残し眠れるわれは冬寒の中 

 

2016年1月26日 (火)

一路北へと向きを変えたるその男村人にあらず周旋屋なり

三百四十三日目。冬の寒さに身が引き締まる。

   一路北へと向きを変えたるその男村人にあらず周旋屋なり

Pb210002

初代VAIO

 

2016年1月25日 (月)

踵にも出来て疼くよこの年になっても足に霜焼けなんて

三百四十二日目。霜焼けは軽い凍傷だそうです。

34capture_one_77032
縁側より 2015

    踵にも出来て疼くよこの年になっても足に霜焼けなんて

 

2016年1月24日 (日)

早送りしてみればどれも灰色のそれは小暗きすぎゆきのような

三百四十日目。雪にはなりませんでしたが、とっても寒い。

下の絵は、「字母」 2013。

2114capture_one_27202201503102


早送りしてみればどれも灰色のそれは小暗きすぎゆきのような

 

2016年1月23日 (土)

環境に恵まれしものは逸速く芽を出し花を咲かせるという

三百三十九日目。寒波襲来。暖かくしましょう。

Dsc000892

環境に恵まれしものは逸速く芽を出し花を咲かせるという

 

2016年1月22日 (金)

肥満ののちマッチョへいたることわりに似ており軽く絵を描くことは

三百三十八日目。あすはまた雪が降るらしい。

Dsc000882

肥満ののちマッチョへいたることわりに似ており軽く絵を描くことは

 

 

2016年1月21日 (木)

よき趣味とまではいわねど早熟の才も老いには克てぬものらし

三百三十七日目。雪がまだ結構残っています。要注意。

Dsc000902

よき趣味とまではいわねど早熟の才も老いには克てぬものらし

 

 

2016年1月20日 (水)

緩やかにもとのからだに戻りゆくいとまもどかし春まだ浅し

三百三十六日目。寒さが身に染みます。

Dsc000802

緩やかにもとのからだに戻りゆくいとまもどかし春まだ浅し

 

2016年1月19日 (火)

キャンディーの棒を舐め舐め展開は甘くないね、とその口がいう

三百三十五日目。今週は寒い日が続きそうです。

Dsc000862

キャンディーの棒を舐め舐め展開は甘くないね、とその口がいう

 

2016年1月18日 (月)

遠近(おちこち)にサイレンの音は鳴り渡りしずかなりけり雪降る朝は

三百三十四日目。雪が降りました。けっこう積もりました。

Dsc000782

遠近(おちこち)にサイレンの音は鳴り渡りしずかなりけり雪降る朝は

 

2016年1月17日 (日)

面倒をみる人の方がみてもらう人より大事といってください

三百三十三日目。今夜半、雪が降るかもしれません。

011

面倒をみる人の方がみてもらう人より大事といってください

 

2016年1月16日 (土)

粉末のプルトニウムいっとんのゆくえもんじゅの智慧のほころび

三百三十二日目。今年も首都圏に雪は降るのだろうか。

017


粉末のプルトニウムいっとんのゆくえもんじゅの智慧のほころび

 

2016年1月15日 (金)

窓の外のプラットフォームは動き出しつかのま顔がさよならを告げる

三百三十一日目。暖冬の今年、雪の日はまだありません。

窓の外(と)のプラットフォームは動き出しつかのま顔がさよならを告げる

016

2016年1月14日 (木)

抽出しが開いてしまえばだれでしょう夢の中まで追いかけてくる

P3100057


三百三十日目。

寒中お見舞い申し上げます。

 

抽出しが開いてしまえばだれでしょう夢の中まで追いかけてくる

 

2016年1月13日 (水)

心身をすり減らしつつも良質の眠を夢見るこころ切なし

三百二十九日目。寒さが戻ってきました。

P31000552

心身をすり減らしつつも良質の眠を夢見るこころ切なし

 

2016年1月12日 (火)

宙に浮いたままに眠れぬわがなずきさまざまな夢が寝汗掻くまで

三百二十八日目。久しぶりの雨。庭の木々がほっとしている。

P3100042

宙に浮いたままに眠れぬわがなずきさまざまな夢が寝汗掻くまで

 

 

2016年1月11日 (月)

祖母の鳴らす下駄の音たかし幼きを連れてだれかに逢いゆくときの

三百二十七日目。ひとさわがせな成人の日。

P3100029

祖母の鳴らす下駄の音たかし幼きを連れてだれかに逢いゆくときの

 

2016年1月10日 (日)

福袋ぶら提げ歩く娘と母の影は伸びきておしゃべり止まず

三百二十六日目。

お昼頃、どんど焼きの青竹の割れる音が響いていました。

P3090012

福袋ぶら提げ歩く娘と母の影は伸びきておしゃべり止まず

 

2016年1月 9日 (土)

アスハルト道に毬突く少年の夢がときおりわが夢に交じる

325日目。寝ながら交差配列についてあれこれと考えてみる。

P3100003

アスハルト道に毬突く少年の夢がときおりわが夢に交じる

 

2016年1月 8日 (金)

オキナワヘ行った気分にさせてくれるアンテナショップを覗く銀座の

三百二十四日目。新しい年の新しい絵を見に画廊へ向かう。

P3100059

オキナワヘ行った気分にさせてくれるアンテナショップを覗く銀座の

 

2016年1月 7日 (木)

正月のまどろみなども醒め果てて歯医者通いは苦痛を伴う

三百二十三日目。暖かなお正月でした。

P3100054

正月のまどろみなども醒め果てて歯医者通いは苦痛を伴う

 

2016年1月 6日 (水)

みずからのちからでひとは眠りたい デパスは丸い白い錠剤

三百二十二日目。お屠蘇気分が抜けません。

Pa040043

みずからのちからでひとは眠りたい デパスは丸い白い錠剤

 

 

2016年1月 5日 (火)

空色とみずいろのあの境目はどこまでも伸びて水平ともいう

三百二十一日目。伊豆の海は少し荒れていました。

Pa040042

空色とみずいろのあの境目はどこまでも伸びて水平ともいう

 

2016年1月 4日 (月)

みずみずしき美術教師に連れられて観ており熱くルノアール展は

三百二十日目。思い出すことごと。

P1020012

みずみずしき美術教師に連れられて観ており熱くルノアール展は

 

2016年1月 3日 (日)

いただいた年賀状には返礼はしてきたつもりそれもそろそろ

三百十九日目。

健康に留意しながらお酒は嗜みたく思います。申年ですが。

P1020011

いただいた年賀状には返礼はしてきたつもりそれもそろそろ

 

2016年1月 2日 (土)

あさなあさな道に毬突く少年はいたり寝汗掻く老人いたり

三百十八日目。

穏やかなお正月を迎えることができました。感謝。

P20200462

あさなあさな道に毬突く少年はいたり寝汗掻く老人いたり

 

2016年1月 1日 (金)

家族には見せぬ笑顔もそれぞれがラクを介してゆるすひととき

三百十七日目。

謹賀新年良い年でありますように

P9300024

家族には見せぬ笑顔もそれぞれがラクを介してゆるすひととき

 

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

フラッグ《フェンスぎりぎり》 公式ホームページ

  • 最新作およびテクスト満載 
    flag-fence-girigiri

Twitter

掲示板

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。
フォト

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ