« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

アーケード街とっつきにあるあしひきの山田ラジオ店はきょう閉店す

四百三十七日目。 お疲れさまでした。

清水には駅前銀座ともう一つ清水銀座がありけり今も

P1300335

アーケード街とっつきにあるあしひきの山田ラジオ店はきょう閉店す

 

 

 

 

2016年4月29日 (金)

風にゆれるカーテンの下 窓際の席にゆうらりと降り立つ友よ

P5070357


四百三十六日目。飛び石連休とは言わないのだろうか。

 

  風にゆれるカーテンの下 窓際の席にゆうらりと降り立つ友よ

 

 

 

2016年4月28日 (木)

町はずれにクーサイコーバのありし頃の清水みなとは威勢よかりき

四百三十五日目。思い出すことごと。

P5070352

町はずれにクーサイコーバのありし頃の清水みなとは威勢よかりき

 

 

 

2016年4月27日 (水)

地上へと至る階段ながくして昇るわがあり『草枕』手に

四百三十四日目。朗読で聴く、草枕もよし。

P5070340

地上へと至る階段ながくして昇るわがあり『草枕』手に

 


 


 

 

2016年4月26日 (火)

卓上にてのひらのあとほんのりと残しゆくなり湯あがりのひと

四百三十三日目。輪郭から先に消えてしまう。

006

卓上にてのひらのあとほんのりと残しゆくなり湯あがりのひと

 

 

2016年4月25日 (月)

直角に自転車を向けて駆け上がる男のこころ土手はみどりだ

四百三十二日目。緑が眩しい。

007

直角に自転車を向けて駆け上がる男のこころ土手はみどりだ

 

2016年4月24日 (日)

あれもこれも詰め込み過ぎてなにとなく憂いがちなる四月のわたし

四百三十一日目。もうすぐ黄金週間がやってきます。

 

   あれもこれも詰め込み過ぎてなにとなく憂いがちなる四月のわたし

Img_20160225_1058372

 

 

 

2016年4月23日 (土)

だぶだぶの制服に身を固くして夢見るごとし一年男子

y四百三十日目。緊張感のある四月。

Img_20160225_1056572

だぶだぶの制服に身を固くして夢見るごとし一年男子

 

 

2016年4月22日 (金)

革靴のかたい感触ぎこちなく道をゆき交う季節は四月

四百二十九日目。はじめの一歩。

Img_20160225_110104

革靴のかたい感触ぎこちなく道をゆき交う季節は四月

 

 

2016年4月21日 (木)

うしろでのきみを見送る秋の日のさらば近江の空の遥けさ

四百二十八日目。サヨウナラ。

P9170012

うしろでのきみを見送る秋の日のさらば近江の空の遥けさ

 

 

 

2016年4月20日 (水)

目より手を手より頭を絵の中の真理とはつねに絵の中のこと

四百二十七日目。とある日の近江近郊。

P9170009

目より手を手より頭を絵の中の真理とはつねに絵の中のこと

 

2016年4月19日 (火)

殺し合う場面の多いバイブルを手にしてひとり 眠れぬ夜は

四百二十六日目。一年をかけて一冊読み通すべし。

P5010031

殺し合う場面の多いバイブルを手にしてひとり 眠れぬ夜は

 

 

2016年4月18日 (月)

一ドルが三百六十円のままに止まりし時代が顔を出すとき

四百二十五日目。春霞、あたたかくなりました。

P4110014

一ドルが三百六十円のままに止まりし時代が顔を出すとき

 

 

 

2016年4月17日 (日)

校庭の土にしみ入る春の夜の雨はやさしき雨音もまた

四百二十四日目。無情の春の嵐。

Pc200036

校庭の土にしみ入る春の夜の雨はやさしき雨音もまた

 

2016年4月16日 (土)

幾度となくわが子らの上に落としたるカミナリは今何処のそらへ

四百二十三日目。春のゆうぐれに思うことごと。

Pc200012

幾度となくわが子らの上に落としたるカミナリは今何処のそらへ

 

2016年4月15日 (金)

落とすべき相手もなくて懐かしむのみにカミナリさまは夕ぐれ

四百二十二日目。地震雷火事親父。

Pc200010

落とすべき相手もなくて懐かしむのみにカミナリさまは夕ぐれ

 

2016年4月14日 (木)

所得税を誤魔化す企業amazonより買い上げにけるkindleと遊ぶ

四百二十一日目。kindle fireは人気のタブレット。

Pc200015

所得税を誤魔化す企業amazonより買い上げにけるkindleと遊ぶ

 

 

2016年4月13日 (水)

堕ちろという声かもしれずとめどなく届くヴァージョン・アップの知らせは

四百二十日目。更新するたびにエラーが出てくることも。

P4090016

堕ちろという声かもしれずとめどなく届くヴァージョン・アップの知らせは

 

 

2016年4月12日 (火)

物音は行き来してのちわが耳にいたる他なく朝未だ暗し

四百十九日目。春眠。きのうきょう、風が冷たい。

P4110054


物音は行き来してのちわが耳にいたる他なく朝未だ暗し

2016年4月11日 (月)

斎場へつづくこのみち角ごとに立札はありてみな〈行き止まり〉

四百十八日目。ハナミズキがそろそろ見頃。

P4090010

斎場へつづくこのみち角ごとに立札はありてみな〈行き止まり〉

 

2016年4月10日 (日)

斎場は町の外れにあるらしく人のゆき交うゆきて戻り来

四百十七日目。藤枝の瀬戸川沿いのサクラはきょうが満開、見事でした。

P4110053

斎場は町の外れにあるらしく人のゆき交うゆきて戻り来

 

2016年4月 9日 (土)

四季をいろに譬えんとしてすみやかに散りゆくはさだめ さくら満開

四百十六日目。青の定義。

P409000920120106

四季をいろに譬えんとしてすみやかに散りゆくはさだめ さくら満開

 

 

 

 

2016年4月 8日 (金)

ひとの眼に触れやすきわが庭先より消えてしまいし水仙花ふたつ

四百十五日目。な折りそと折りてくれけり園の梅(太祇)の心境にはなかなか。

P7010576

ひとの眼に触れやすきわが庭先より消えてしまいし水仙花ふたつ

 

2016年4月 7日 (木)

入学の吾子を真中に晴れやかに父と母あり 桜の花も

四百十四日目。雨なのにサクラの花も校庭の晴れ着姿のだれもが明るい

P7010577

 

入学の吾子を真中に晴れやかに父と母あり 桜の花も

2016年4月 6日 (水)

雨晴れていきおう枝のさくら花老木一樹身震いをせり

四百十三日目。散らずに咲いているだけでよし。

Dsc004562 沼津市庄司美術館

 

 

雨晴れていきおう枝のさくら花老木一樹身震いをせり

 

 

 

 

2016年4月 5日 (火)

校門をいろとりどりの雨傘(かさ)ひらきどなたもが晴れ着 さくらの下を 

四百十二日目。入学式は花盛り。

Dsc004544

(

校門をいろとりどりの雨傘(かさ)ひらきどなたもが晴れ着 さくらの下を 

)

 

)

 

)

(

)

 

 

2016年4月 4日 (月)

重々しき夢から醒めて飲み直す眠剤はにがし水はつめたし

四百十一日目。水温む候となれども。

Dsc004502

重々しき夢から醒めて飲み直す眠剤はにがし水はつめたし

 

2016年4月 3日 (日)

枕もとに夜ごと水置く習慣は不幸の種を蒔くためにあらず

四百十日目。サクラはきっと入学式まで持つでしょう。

Dsc004412

枕もとに夜ごと水置く習慣は不幸の種を蒔くためにあらず

 

2016年4月 2日 (土)

再起動を促すべきかあやまちを認めたがらぬ窓のあかるさ

四百九日目。花寒。WINDOWS10の評価は如何に。

Dsc004322

再起動を促すべきかあやまちを認めたがらぬ窓のあかるさ

 

2016年4月 1日 (金)

団欒とさくら並木と夕暮れが一つになるとき窓はほころぶ

四百八日目。はなぐもりのいちにち。

Dsc004212


団欒とさくら並木と夕暮れが一つになるとき窓はほころぶ

 

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

フラッグ《フェンスぎりぎり》 公式ホームページ

  • 最新作およびテクスト満載 
    flag-fence-girigiri

Twitter

掲示板

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。
フォト

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ