« アトリエの水場の蜘蛛は老いたれば餓死をえらべり巣より零れて | トップページ | 雨晴れてあかね雲浮く六月のたまに聴きたくなるラフマニノフ »

2016年6月 8日 (水)

うら窓よりうすみずいろのかげりさしすずしかりけり 学校プール

四百七十六日目。そろそろプール開きか。

 

『みずいろの使者』 全十六首

 

ひたひたと歩き回るはなんぴとかすでにプールの水は抜かれて

 

みずなきプールの底に身をしずめ動く右手はペンキぬる人

 

空いろの補色のいろに昏れながらプールの底の塗り替えを急く

 

塗りのこし見比べながらプールよりいづる者あり 刷毛持つ右手 

 

プールへと降りゆくそはペンキ塗りにてみずいろの使者たるごとし

 

日の暮れをならび立つかげ淡くしてプールサイドに四、五本の刷毛

 

みずみちて浮かび上がりし水底は瑞々しけれ プール塗り終う

 

あおあおき匂いこもれる夕まぐれプール開きの予感にみちて

 

ゆびからめ金網越しにみいる子の目にはさやけし プール満水

 

かげりなき空の一部をみたしめてプールサイドへ溢れ出すみず

 

掛け声はプールサイドにこだまして初泳ぎまだ水は冷たそう

 

忽ちの雨降りそそぎ沸き上がる子らの叫喚プールを奔る

 

雨上がりのプールサイドに群れいたる雀にぎわし溜まりの水に

 

ひとの子の背丈のほどを洩れ出だす水の音するプールサイドに

 

なつやすみ 水着のいろもまちまちに静かなるかな開放プール

 

うら窓よりうすみずいろのかげりさしすずしかりけり 学校プール

 

P5070013

 

 

 

 

« アトリエの水場の蜘蛛は老いたれば餓死をえらべり巣より零れて | トップページ | 雨晴れてあかね雲浮く六月のたまに聴きたくなるラフマニノフ »

短歌あらくさ」カテゴリの記事

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

フラッグ《フェンスぎりぎり》 公式ホームページ

  • 最新作およびテクスト満載 
    flag-fence-girigiri

Twitter

掲示板

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。
フォト

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ