« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

どのカベも企業広告ばかりなる車内風景は見れど飽かぬかも

五百二十九日目。目が疲れませんか。

Img_20160225_1100262

どのカベも企業広告ばかりなる車内風景は見れど飽かぬかも

 

 

2016年7月30日 (土)

着替え中なりしいもうと小舟より落ちて波まに浮かびいるなり

五百二十八日目。親戚の漁船に乗って、三保へ海水浴に行った帰りの出来事。

Dsc002412R指向・右

着替え中なりしいもうと小舟より落ちて波まに浮かびいるなり

 

 

 

 



 

 

2016年7月29日 (金)

報道のヘリが飛び交う相模原上空はいまだ梅雨明けぬらし

五百二十七日目。朝晩は気持ちいいのですが。

Dsc002462

報道のヘリが飛び交う相模原上空はいまだ梅雨明けぬらし

 

2016年7月28日 (木)

集中を余儀なくされしわがおゆび思い断ち切りゆで玉子剥く

五百二十六日目。夏の空にヘリコプターが飛び交う。大きな事件があった。

Dsc002472

集中を余儀なくされしわがおゆび思い断ち切りゆで玉子剥く

 

2016年7月27日 (水)

茹でたまご剥きつつおもい出すことのひとつに悔しきいじめの記憶

五百二十五日目。茹で玉子を剥くときには、集中力が必要です。

Dsc002452

茹でたまご剥きつつおもい出すことのひとつに悔しきいじめの記憶

 

 

2016年7月26日 (火)

窓際にそってあかるむ喪服かな うからならべて花一匁

五百二十四日目。下から上へ、時計草は今日も元気だ。

Img_20160719_1428582

窓際にそってあかるむ喪服かな うからならべて花一匁

 

2016年7月25日 (月)

両の翼休めんとして空間に線をもとむる脚首はふたつ

五百二十三日目。降り立つ姿勢は危なっかしい。

Img_20160719_1429312

両の翼休めんとして空間に線をもとむる脚首はふたつ

 


 

 

2016年7月24日 (日)

真空に近いところに風立ちて浮力はつねに抗うちから

五百二十二日目。かげ(光)は繋がりやすい。

Img_20160719_1429472

真空に近いところに風立ちて浮力はつねに抗うちから

 

2016年7月23日 (土)

葉緑素生みえぬわれがさみどりのえのぐのチューブを搾り切るまで

五百二十一日目。みどりにはむらさきいろがよく似合う。

Img_20160719_1430002

葉緑素生みえぬわれがさみどりのえのぐのチューブを搾り切るまで

 

 

 


 

 

2016年7月22日 (金)

打ち返すテニスボールの音遠くちかくにきこゆ 斎場はどちら?

五百二十日目。時計草は驚くほど成長が早い。

Img_20160719_1428482

打ち返すテニスボールの音遠くちかくにきこゆ 斎場はどちら?

 

 

2016年7月21日 (木)

ここにねむる 父が脳天墓石に打ちつけたのが夢の始まり

五百十九日目。シュールな夢の始まりは、夏。

Img_20160719_1428322

ここにねむる 父が脳天墓石に打ちつけたのが夢の始まり

 

2016年7月20日 (水)

炎昼を踊る輪の中 父ありて白衣はやまい持つ者のしるし

五百十八日目。富士山麓、とある病院の中庭にて。

Img_20160719_1428192

炎昼を踊る輪の中 父ありて白衣はやまい持つ者のしるし


 

 

2016年7月19日 (火)

酒を朝から飲むしあわせと不幸とを色に分けつつ子は父を慕う

五百十七日目。ミニマルは感情を嫌う、ようにみえる。

Img_20160719_1428032

酒を朝から飲むしあわせと不幸とを色に分けつつ子は父を慕う

 

2016年7月18日 (月)

ダンス好きの父のためにと借りて来し『タンゴ名曲』 母は踊らじ

五百十六日目。LPレコード時代の話。

Img_20160703_1110342

ダンス好きの父のためにと借りて来し『タンゴ名曲』 母は踊らじ

 

2016年7月17日 (日)

瞬間に垣間見るものすき間よりのぞくものあり 受け止めてみむ

五百十五日目。赤芽柏の木。

Img_20160703_1111372

瞬間に垣間見るものすき間よりのぞくものあり 受け止めてみむ

 

 

2016年7月16日 (土)

悩みごとやさしくきいてくれそうな雲水さんはどちらの駅へ

五百十四日目。絵の具は、壁にたらすものです。

Img_20160703_1112572

悩みごとやさしくきいてくれそうな雲水さんは人込みが好き

 

 

2016年7月15日 (金)

駅を背に雲水さんが佇っている 何を訊いても「無」といわれそう

五百十三日目。コンクリートの無表情な床。

Img_20160703_1112302

駅を背に雲水さんが佇っている 何を訊いても「無」といわれそう


 

 

2016年7月14日 (木)

東方より朗報は来たり八王子経由にてかの吉祥寺より 

五百十二日目。今年の夏は暑くなりそうです。

Dsc0049822

東方より朗報は来たり八王子経由にてかの吉祥寺より 

 

 

 

 

2016年7月13日 (水)

ねむりにつくまでのあれこれ腹筋は三十回と決めて仰向く

五百十一日目。目前のフェンス。

Dsc004792

ねむりにつくまでのあれこれ腹筋は三十回と決めて仰向く

 

2016年7月12日 (火)

お布施よりもポケットティシューに手が伸びる人の流れのこころのリアル

五百十日目。雲水の佇つ駅頭風景。托鉢よりも。

Dsc004852

お布施よりもポケットティシューに手が伸びる人の流れのこころのリアル

 

 

2016年7月11日 (月)

信じやすき者らの影のごとくあり 十二番目の顔持つかれは

五百九日目。最後の晩餐の光景。

Dsc004882

信じやすき者らの影のごとくあり 十二番目の顔持つかれは


 

 

2016年7月10日 (日)

思慮深き悪意の人の誠意あることばはつねに入念なるらん

五百八日目。悪魔のように細心に、天使のように大胆に。ちょっと古いかもしれないけれど。

Dsc004942

思慮深き悪意の人の誠意あることばはつねに入念なるらん



 

 

2016年7月 9日 (土)

疑念なき善意の人の誠意あることばはときに不用意なるらん

五百七日目。ときのつれづれに。言葉は難しい。じっと手を見る。

Dsc004892

疑念なき善意の人の誠意あることばはときに不用意なるらん

 

 


 

 

2016年7月 8日 (金)

夏帽子にかおを覆いて微睡めばたちまち額にけぶることの葉

五百六日目。お昼寝のすすめ。鎮守の森で。

Dsc004872

夏帽子にかおを覆いて微睡めばたちまち額にけぶることの葉

 

 



 

 

 

2016年7月 7日 (木)

夢の如くはなれ駒いま駈けんとす林めざして雪降る朝を

五百五日目。七夕なのに、雪をうたうとは。

Dsc0048132

夢の如くはなれ駒いま駈けんとす林めざして雪降る朝を

 

2016年7月 6日 (水)

ゆきがえだに撓垂れるようにアジサイの花の白きが咲いていたっけ

五百四日目。そろそろ夏祭り。

Dsc004732

ゆきがえだに撓垂れるようにアジサイの花の白きが咲いていたっけ

 

2016年7月 5日 (火)

あまぞらを見上げておもう六月の 友よことしは空梅雨ですか?

五百三日目。友はいつも遠方よりやって来る、しぐれ降るきょうの雨もまた。

Dsc004742


あまぞらを見上げておもう六月の 友よことしは空梅雨ですか?

 

 

2016年7月 4日 (月)

描いては消し消してはえがく下描きの下描きのような絵のようなもの 

五百と二日目。暑い、暑いとばかり言ってられません。

Dsc004952

描いては消し消してはえがく下描きの下描きのような絵のようなもの 


 

 

2016年7月 3日 (日)

2015年の等々力のフラッグをアップしました。

2015年5月から6月まで、東京世田谷のスペース23°Cで開催された
フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録写真をアップしました。

右サイドバーの表示項目をクリックしてください。

Dsc005142

木炭紙に炭もてえがくフラッグの素描はさながら木版画のよう

五百と一日目。はや、文月三日。急に暑くなってしまいました。

Img_20160703_1111482

木炭紙に炭もてえがくフラッグの素描はさながら木版画のよう

 

 

 

2016年7月 2日 (土)

「目と耳と絵の具とことば」 まずは手をなにはともあれ動かしてみる 

五百日目。半分まで来ました。もう少しだけがんばってみよう。

Dsc002532

ことば」   まずは手をなにはともあれ動かしてみる 

 

 

 

 



 

 

 

2016年7月 1日 (金)

目に見えるもののそれより目には見えぬもののリアルにわれはときめく

四百九十九日目。直感を信頼したい。

Dsc002253

目に見えるもののそれより目には見えぬもののリアルにわれはときめく

 

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

フラッグ《フェンスぎりぎり》 公式ホームページ

  • 最新作およびテクスト満載 
    flag-fence-girigiri

Twitter

掲示板

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。
フォト

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ