« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

命日がつづく長月たくさんの花の中から仏花をえらぶ

五百九十日目。九月が終わる。

P50100222 宮ケ瀬ダム

命日がつづく長月たくさんの花の中から仏花をえらぶ

 

2016年9月29日 (木)

世捨てびとと呼ばれしかれが売るために拾い来たれる多摩川の石 

五百八十九日目。こちらは多摩川ではなく、相模川です。念のため。

P5010011200105_2

世捨てびとと呼ばれしかれが売るために拾い来たれる多摩川の石 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年9月28日 (水)

溢れやすき輪郭はみよなみなみと注がれしそれにお口を運ぶ

五百八十八日目。真夏日のきょう。そろそろ熱燗なのに。

_mg_19263

溢れやすき輪郭はみよなみなみと注(つ)がれしそれにお口を運ぶ

 

 

2016年9月27日 (火)

青春は二度、三度あるとはいうものの銀幕の元スターたち出過ぎ

五百八十七日目。下は、木ノ星、F10号。

Capture_one_58053

青春は二度、三度あるとはいうものの銀幕の元スターたち出過ぎ

 

 

 

2016年9月26日 (月)

お笑いに似てなくもなしニッポンのゲンダイ美術史平たくいえば

五百八十六日目。

中ザワヒデキ著『現代美術史日本篇』は評判に違わぬ興味深い読み物になっています。

Dsc003362 沼津市庄司美術館2015

お笑いに似てなくもなしニッポンのゲンダイ美術史平たくいえば



 

 

2016年9月25日 (日)

ふれればほどけさふなのに暖かな握りこぶしがねむりをさそふ

五百八十五日目。ひさびさの秋晴れ。

Pc2500122

ふれればほどけさふなのに暖かな握りこぶしがねむりをさそふ

 

 

2016年9月24日 (土)

脳内でかんがえすぎると左眼が紅くなるので早起きが辛い

五百八十四日目。雨の土曜日。

Pb2104502

脳内でかんがえすぎると左眼が紅くなるので早起きが辛い

 

2016年9月23日 (金)

五つ六つ開手打つときいまはなき者らの顔が点りては消ゆる

五百八十三日目。あめもまたよし。

P50703512

五つ六つ開手打つときいまはなき者らの顔が点りては消ゆる

 

 

2016年9月22日 (木)

四股は百突きは二百を目安にて熟したるのちアトリエに入る

五百八十二日目。1990年、線の配合、ギャラリー檜。F100号。

199073

四股は百突きは二百を目安にて熟したるのちアトリエに入る

 

2016年9月21日 (水)

備蓄用カップ焼きそばの味がヘン名まえも一字ちがうペヨング

五百八十一日目。急に寒くなってしまいました。秋雨前線。

Scan00142

備蓄用カップ焼きそばの味がヘン名まえも一字ちがうペング

 

2016年9月20日 (火)

真ふたつに割れてしまえばそれはそれ友達みたいにぴたり寄り添う

五百八十日目。音楽に生かされる人はさいわい。

20080115hinoki_0462

真ふたつに割れてしまえばそれはそれ友達みたいにぴたり寄り添う

 

 

2016年9月19日 (月)

つげさんが拾ったであろう多摩川の石をもとめて登戸に立つ 

五百七十九日目。無能の人。

20080115hinoki_0342

つげさんが拾ったであろう多摩川の石をもとめて登戸に立つ 

 

 

 

 


 

 

2016年9月18日 (日)

建築家が捨ててゆきたる小石のみをいしずえにしてえがく抽象

五百七十八日目。紙の上に小石がひとつ、またひとつ。

Flag_fence_girigiri3_2008032_2

建築家が捨ててゆきたる小石のみをいしずえにしてえがく抽象


 

 

 

2016年9月17日 (土)

リフォームのときの廃材利用してつくった木枠に画布を廻らす

五百七十七日目。二本の線。1993年ギャラリーQ。F130号。

Flag_199320162

リフォームのときの廃材利用してつくった木枠に画布を廻らす


 

 

2016年9月16日 (金)

からっぽのビンとカンとが路上にて触れ合うきょうは聖金曜日

五百七十六日目。1994年春の二本の線。F130号。ギャラリー檜。

Scan52

からっぽのビンとカンとが路上にて触れ合うきょうは聖金曜日

 

2016年9月15日 (木)

大工さんが要らないといった木っ端だけで組んだ木枠は四隅が歪む

五百七十五日目。二本の線、1994年秋ギャラリー檜。P200号。

Top42

大工さんが要らないといった木っ端だけで組んだ木枠は四隅が歪む

 

 

2016年9月14日 (水)

虚と実のあわいをうつし出すように空に向かって開くパレット

五百七十四日目。パレットは不思議な存在である。

下の絵は、1997年神田ときわ画廊での個展の一枚。 time・lag-01、F200号。

Tokiwa6_1997

虚と実のあわいをうつし出すように空に向かって開くパレット

 

2016年9月13日 (火)

白百合の切花おもく仄浮くはよどや橋夜の領事館まえ

五百七十三日目。大阪淀屋橋にある、Oギャラリーeyes会場風景-2。

P91900062_2

白百合の切花おもく仄浮くはよどや橋夜の領事館まえ

 

 

2016年9月12日 (月)

泥塗れの幾何学もようはかなしきかも地べたに敷かれし古絨毯の

五百七十二日目。ぬれそぼつ雨の中なる古ジュータンは泥まみれ。

P21200292

泥塗れの幾何学もようはかなしきかも地べたに敷かれし古絨毯の

 

 

2016年9月11日 (日)

プロジェクトXが終わる頃合い画面かえれば二機目突っ込む

五百七十一日目。

2001年9月、大阪Oギャラリーeyesでの個展会場風景。

Top33

プロジェクトXが終わる頃合い画面かえれば二機目突っ込む

 

2016年9月10日 (土)

ユリの香のにおい重たき夜にして淀屋橋総領事館前九月の死

五百七十日目。 大阪の夜の町におもたくにおう白百合の花。

Dsc005083

ユリの香のにおい重たき夜にして淀屋橋総領事館前九月の死

 

 

2016年9月 9日 (金)

垂直に伸びゆくスギの夏木立木々の配置が風景の発見

五百六十九日目。晴れたり、急に雨になったり、曇ったり、ここのところ気候の変動が激しい。

Dsc005243

垂直に伸びゆくスギの夏木立木々の配置が風景の発見

 

 

2016年9月 8日 (木)

喋りつつ通り過ぎ行く自転車の人のうしろに座る幼子

五百六十八日目。自転車に乗る人が増えている気がする。お天気が不安定。

P12700142_2

喋りつつ通り過ぎ行く自転車の人のうしろに座る幼子

 

2016年9月 7日 (水)

東京の郊外に住みときどきはノイズを嗅ぎに都心へ出ます

五百六十七日目。人込みの中で、言葉を拾う。たまにおうたも。

Pc1704832

東京の郊外に住みときどきはノイズを嗅ぎに都心へ出ます

 

2016年9月 6日 (火)

始まりと終わりがどこにあるかさえ気づかぬままに動くふで先

五百六十六日目。動かしている本人ですら。

P12903282

始まりと終わりがどこにあるかさえ気づかぬままに動くふで先

 

2016年9月 5日 (月)

境内のうらの林のあおみどり杉の木立が風景のさいしょ

五百六十五日目。天気予報が当たらない。

P50703492_2

境内のうらの林のあおみどり杉の木立が風景のさいしょ

 

2016年9月 4日 (日)

重力に抗うことが生きている証しだものぷくぷく浮かぶ孑孑

五百六十四日目。いずれ羽化して成虫となる、はずのボウフラ。

Pb300030_3_2

重力に抗うことが生きている証しだものぷくぷく浮かぶ孑孑

 

2016年9月 3日 (土)

落とされし鳥の末路は羽だらけ苦もなく友がそを捌きゆく

五百六十三日目。里のトンボは人懐こい。

P50600062

落とされし鳥の末路は羽だらけ苦もなく友がそを捌きゆく

 

2016年9月 2日 (金)

敬礼の似合う男子になりたくて見送るぼくにボクを重ねる

五百六十二日目。飛び立つ前のトンボのこころ。

P50600102

敬礼の似合う男子になりたくて見送るぼくにボクを重ねる

 

2016年9月 1日 (木)

すではなくしおだと電話の声はいう ハチミツ屋さんの九州訛り

五百六十一日目。はや九月。

まだまだ暑い日が続くので、蜂蜜を水で割るときは、塩を足すといいですよというご案内でした。お酢ではなくて。

Pc0900222

ではなくしおだと電話の声はいう ハチミツ屋さんの九州訛り

 

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

フラッグ《フェンスぎりぎり》 公式ホームページ

  • 最新作およびテクスト満載 
    flag-fence-girigiri

Twitter

掲示板

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。
フォト

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ