« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

ビラが舞う空が恋しき秋の日はひだり回りに昭和が降る

六百二十一日目。非常口 左・右 2014。

Dsc0033461m_2

ビラが舞う空が恋しき秋の日はひだり回りに昭和が降る

 

2016年10月30日 (日)

布団からはみ出さぬように眠りたい悪夢はひとの二の腕がすき

六百二十日目。寒さに負けない体力を保持したいものです。

051112_00922_3

布団からはみ出さぬように眠りたい悪夢はひとの二の腕がすき

 

 

 

2016年10月29日 (土)

逆らえぬ趣味判断はとりあえず美術手帖というカテゴリー

六百十九日目。とりあえず、ビールという感覚か。忖度-M60号。

_mg_192622

逆らえぬ趣味判断はとりあえず美術手帖というカテゴリー

 

2016年10月28日 (金)

しかるべきところを見つけて色を置くことなりまほら純白絵画

六百十八日目。まほらとは、よい場所のこと。

_mg_192532

しかるべきところを見つけて色を置くことなりまほら純白絵画

 

 

2016年10月27日 (木)

日溜まりに問われいるなりノラたちと遊ぶ余裕はありやなしやと

六百十七日目。黄花S60号。

Capture_one_784432kouka

日溜まりに問われいるなりノラたちと遊ぶ余裕はありやなしやと


 

 

 

2016年10月26日 (水)

文化人類学的かかるよみものの中のどこにも居場所があらず

六百十六日目。正方形による。桃花S60号。

Capture_one_78423_touka2

文化人類学的かかるよみものの中のどこにも居場所があらず

 

2016年10月25日 (火)

河原べに拾い集めし多摩川の石をその場であきなうこころ

六百十五日目。桜花S60号。だんだん寒くなります。

Capture_one_783622

河原べに拾い集めし多摩川の石をその場であきなうこころ

 

2016年10月24日 (月)

川岸にならぶ画廊に絵を搬び名と値をつけてひと待つところ

六百十三日目。新橋、三原橋、京橋、日本橋、いわゆる銀座界隈に画廊は多い。

Capture_one_784622 瀝青S40・くろぐろ

川岸にならぶ画廊に絵を搬び名と値をつけてひと待つところ


 

 

2016年10月23日 (日)

多摩川の石にも各々名はありて値段つけおり『無能の人』は

六百十三日目。うてな-左・右、F130号×二枚。

Dsc003132

多摩川の石にも各々名はありて値段つけおり『無能の人』は


 

 

2016年10月22日 (土)

拾ってはそれをその場で売りに出す アユにあらずば多摩川の石

六百十二日目。字母(マトリクス)金曜日と土曜日、F100号×二枚。

Dsc003122

拾ってはそれをその場で売りに出す アユにあらずば多摩川の石

 

2016年10月21日 (金)

土曜日の朝のさむさに遣られたる声をなめなめ谷保路地へ来ぬ

六百十一日目。プロトコル・左、F60号。

Capture_one_272522l

土曜日の朝のさむさに遣られたる声をなめなめ谷保路地へ来ぬ

 

 

2016年10月20日 (木)

谷保駅を降りて小さな踏切をわたれば迷子になりやすきかな

六百十日目。プロトコルとは、外交儀礼のこと、国旗を揚げる順番または、情報の交信手順のこと。

Capture_one_273122 protocol-r

谷保駅を降りて小さな踏切をわたれば迷子になりやすきかな

 

2016年10月19日 (水)

ものいわぬ物の巡りをぐるぐると能弁なりけり反芸術というは

六百九日目。灰色から始めてみる。

Capture_one_27392 plain 2010

ものいわぬ物の巡りをぐるぐると能弁なりけり反芸術というは

 

2016年10月18日 (火)

生きるとは自由に生きることなりとドラマの中の「スパイ」が語りぬ

六百八日目。海外TVドラマの中の一節。

Capture_one_27672 にわたずみP30

生きるとは自由に生きることなりとドラマの中の「スパイ」が語りぬ

 

2016年10月17日 (月)

取り留めなき話題ふくらむ若者の口に泡立つレモン・スカッシュ

六百七日目。「公共」の場所は禁煙にすべきでしょうね。

Capture_one_27872 snap p12

取り留めなき話題ふくらむ若者の口に泡立つレモン・スカッシュ

 

2016年10月16日 (日)

ちりそめしケヤキ並木に月は浮かび府中刑務所通りかぐわし

六百六日目。武蔵野のゆうべ。枯葉のにおいが香しい。

Capture_one_27422 post 2010

ちりそめしケヤキ並木に月は浮かび府中刑務所通りかぐわし

 

 

2016年10月15日 (土)

「急に寒くなったね」「なった」といいながら牡蠣鍋を食ぶアールつく月

六百五日目。満月でした。

Capture_one_76892 蝶番 2014

「急に寒くなったね」「なった」といいながら牡蠣鍋を食ぶアールつく月

 

2016年10月14日 (金)

自然から遠くはなれて立つ画家の意志のごとしも 絵ふでが撓う

六百四日目。カテゴリア-2010。

Capture_one_2750categoria2

自然から遠くはなれて立つ画家の意志のごとしも 絵ふでが撓う

 

 


 


 

 

 

 

2016年10月13日 (木)

自然から独立している一枚の絵を画くための準備がつづく

六百三日目。芸術の秋はほとほと忙しい。

_mg_20542 2010

自然から独立している一枚の絵を画くための準備がつづく

 

2016年10月12日 (水)

五線譜のかげにかくれている音に視点合わせるピアニストの目

六百二日目。モルトL・R、各F120号。2010年、ギャラリー檜。

_mg_20902

五線譜のかげにかくれている音に視点合わせるピアニストの目

 

 

 

2016年10月11日 (火)

きれい好きとかんがえ過ぎは相通ずあさなさな差す目薬の味

六百一日目。急に寒くなってしまいました。灰黄-ⅱ。

_mg_20792

きれい好きとかんがえ過ぎは相通ずあさなさな差す目薬の味



 

 

2016年10月10日 (月)

月の海、海の月かもマイク手にうたう声するひとりよりふたり

六百日目。神無月十日。運動会花盛り。

Dsc003382_2

月の海、海の月かもマイク手にうたう声するひとりよりふたり

 

2016年10月 9日 (日)

ゆびのちからだけを頼りに張り終えたキャンバスがたるむそれも絵の内

五百九十九日目。「縁側より」、十五枚の連作のうちの六点。

  縁側をゆらりゆうらり自転車の影はすぎゆく向こう岸まで

Dsc003312

ゆびのちからだけを頼りに張り終えたキャンバスがたるむそれも絵の内

 

2016年10月 8日 (土)

清潔に過ぎるは心苦しきにショート・カットの原始ビト居らず

五百九十八日目。天候が不安定な秋先、体調の維持管理が難しい。お元気ですか。

P80800092

清潔に過ぎるは心苦しきにショート・カットの原始ビト居らず

2016年10月 7日 (金)

堕ちろという声にときめくことのあり 木犀の花散りゆくよべを

五百九十七日目。灰黄-ⅰ、2010年、M120号。

_mg_20612

堕ちろという声にときめくことのあり 木犀の花散りゆくよべを

 

 

2016年10月 6日 (木)

花のいろは地の上にも宿るらし キンモクセイのちりぎわみだら

五百九十六日目。秋らしい好天。

P10300352

花のいろは地(つち)の上にも宿るらし キンモクセイのちりぎわみだら

 

 

 

2016年10月 5日 (水)

近いので「サイゼリヤ」へと来てみたりカボチャの子らで今宵満席

五百九十五日目。秋、黄金いろの食べ物をいただく。

P10400502

近いので「サイゼリヤ」へと来てみたりカボチャの子らで今宵満席

 

2016年10月 4日 (火)

その前のそのまた前に遡るためのあれこれ絵を画くための

五百九十四日目。みずからを遡るための準備の時間。

P10500522_2

その前のそのまた前に遡るためのあれこれ絵を画くための

 

 

 

2016年10月 3日 (月)

木犀の黄金の花々散らしたるごとき感触 南瓜の甘煮

五百九十三日目。ホクホクカボチャ。

Pb2700262

木犀の黄金の花々散らしたるごとき感触 南瓜の甘煮

 

 

 

 

2016年10月 2日 (日)

数珠つなぎに蕾ふくらむ宵のくち銀と金との木犀に出遇う

五百九十二日目。十七年前の十月のススキ。

Pa2503243

数珠つなぎに蕾ふくらむ宵のくち銀と金との木犀に出遇う


 

 

 

 

 

2016年10月 1日 (土)

雨の夜の金木犀の花の下 数珠つなぎにてほころぶこころ

五百九十一日目。きょうから十月。キンモクセイ満開。

P32400542

雨の夜の金木犀の花の下 数珠つなぎにてほころぶこころ

 

 

 

 

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

フラッグ《フェンスぎりぎり》 公式ホームページ

  • 最新作およびテクスト満載 
    flag-fence-girigiri

Twitter

掲示板

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。
フォト

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ