« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月30日 (月)

迷い来し小鳥は窓をはなれずや 来しところより飛び立つ心

千百六十七日目。

逃げてくる 小鳥さまざま インコやら 手乗り文鳥 懐いたはずの

Img_20171202_1509302

2018年4月29日 (日)

紋甲にはげしき恋のインコかな つつきたいだけつつくをゆるせり

千百六十六日目。

急行や満員電車にわけあって乗れないひとよ、休み休み行こうじゃないか。

Img_20180428_0059382

2018年4月28日 (土)

十姉妹ぬらすしずくや春の雨 仕舞いわすれし母を叱る音

千百六十五日目。

最終を待つ新百合ヶ丘駅ホームの蔦。

Img_20180428_0058562

2018年4月27日 (金)

ベランダに籠を吊るせばメジロ鳴き ひだまりに父の声あり若し

千百六十四日目。

小鳥シリーズ

Img_20171202_1458592

2018年4月26日 (木)

襲われて飛べる鶉や春の空 のこるひとつはあわれ首なし

千百六十三日目。

つがいのウズラを狙ったノラ猫の仕業。

Img_20180425_1317422

2018年4月25日 (水)

漁師町に寺々あれば墓石屋も 仏花もとめて無人販売

千百六十二日目。

激しい雨ののちの初夏のような日差し 名古屋にて

Img_20180425_1317212

2018年4月24日 (火)

橋わたる老母追い越す春疾風 遅い昼食松崎あたりに

千百六十一日目。

西伊豆はもともと風が強いのだが。

Img_20171209_1406172

2018年4月23日 (月)

西伊豆や春うみ近き丘のみち へきち医療は有難き哉

千百六十日目。

都心からそんなに離れていなくても。

Img_20171209_0705132

2018年4月22日 (日)

母を率て眼科医訪えばうららかや 伊豆に南と西東あり

千百五十九日目。

中伊豆もあるが。

P52500302

2018年4月21日 (土)

黄砂ふるみちゆく人と二次会へ 画商はこよい気前よろしき

千百五十八日目。

美術市場における、中国マネーは勢いがある。

P43000212

2018年4月20日 (金)

年度末の館長さんは賑賑し 学芸員と気が合えばなり

千百五十七日目。

キャリアがものを言う世界。

Sworks_0192_2




2018年4月19日 (木)

思慮深いおとなはいずこ「サクラチル」 未来がぐにゃりぬかるみを来ぬ

千百五十六日目。

旧暦なら まだ三月なのだが。

P91900602

2018年4月18日 (水)

飛ぶ鳥の耳の背後に気圧無し 引力だけがほろびをかたりぬ

千百五十五日目。

うらゝかに汗かく耳のうしろかな 万太郎

P91700292

2018年4月17日 (火)

春かぜや旗ははためく夜もすがら つつみかくさず明かしたきこころ

千百五十四日目。

旗を見て 思うことごと 秋の日の かぜやわらかに けむり吐くきみ

P9170013

2018年4月16日 (月)

いずこにも目のあるふうけい彼岸かな 見ているように見られいるわれら

千百五十三日目。

近江には独特の匂いがある。

P91700112

2018年4月15日 (日)

ながき日や連句たのしむ路地のうら つぎ足しつぎ足し伸びてくる文字

千百五十二日目。

目はこわい。連句、懲りずに、もう少しつづけてみる。

Sworks_02622

2018年4月14日 (土)

野鳥手に捌く者あり春の暮れ かゆいところにとどくゆびさき

千百五十一日目。

ほんとうに医者になってしまった友達の話。

051112_0032_1

2018年4月13日 (金)

葉脈にまみずしみこむ酔いの朝 海水われのやみふかみかも

千百五十日目。

連句この辺でおしまいにしたい ふう

Img_20171115_1034022

2018年4月12日 (木)

月に二度もうかぶ満月はなびえも 窓にほのうく夜のあかるさ

千百四十九日目。

おそれなき裁判官の高鼾

P52500372

2018年4月11日 (水)

施しのごとく湯冷ましまくら辺に みんざいひとつぶ掌にのせ

千百四十八日目。

日のあたる石にさはればつめたさよ 子規

Pc0900302

2018年4月10日 (火)

ねむたげに春待つ耳のみぎひだり 暁のふりこが刻打つころを

千百四十七日目。

振り子時計の音色の余韻

Sworks_02522

2018年4月 9日 (月)

ゆめさめて踏みゆくゆかの冷たさよ わが身あずけるあなうらのふたつ

千百四十六日目。

連句に挑戦。手始めに。

Sworks_00722

2018年4月 8日 (日)

近隣にねこカフェなるものありしかど犬カフェはなしヒトカフェはみゆ

千百四十五日目。

いきているのか、そうでないのか。

P9190052

2018年4月 7日 (土)

あられもなくイス取りゲームに興じいる義理の嫂の蹠(あなうら)は昏し

千百四十四日目。

ふきだまり 花にあらし

P41100552

2018年4月 6日 (金)

若かりし頃のじぶんをこぎれいにえがく老画家小品なれども

千百四十三日目。

具象に帰る画家は意外に多い。

Img_20180404_1701492

2018年4月 5日 (木)

写実的わざのかぎりを尽くしたるのちのあなたは余りにも抽象的だ

千百四十二日目。

近江琵琶湖の人懐っこいネコ。

P91700252

2018年4月 4日 (水)

しずみそうな しみずのまちの かわべりの かすかにうみの においがする

こんさーと

しずみそうな

しみずのまちの かわべりの

かすかにうみの においがする

ぎんざどおりの いっかくに

ばーをみつけた

・・・・・水牛のように、はこちら↓
http://suigyu.com/2018/04#post-5583

くろいふくの上に零れたケチャップをティシューに拭えば驚きの赤

百四十一日目。

こちらは驚きのピンク色。

Img_20180328_1732042

2018年4月 3日 (火)

きつくしめすぎる性格われに似てむすめに持たす水筒ひとつ

百四十日目。

ハナミズキそろそろ満開です。それを見ながら。

Img_20180404_1700312

2018年4月 2日 (月)

それは絵のタイトルかなどとからかいに来たるむすこも二児の父親

千百三十九日目。

遠近両用サクラ花かな。ちょっとピンボケ。

Img_20180328_1707482

2018年4月 1日 (日)

シュウマイとグリーンピースとの色かげん試しみたれば絵の具よろこぶ

千百三十八日目。

シュウマイ派と餃子派に分かれるらしいが。

Img_20180328_1728312

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

フラッグ《フェンスぎりぎり》 公式ホームページ

  • 最新作およびテクスト満載 
    flag-fence-girigiri

Twitter

掲示板

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。
フォト

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ