« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月31日 (土)

返答にあらぬ冗舌ききながら男女の機微の差異おもうなり

1650日目。
ダイアローグは、基本二人展。

Fence-girigiri-201403-dialogue23edited1

 

 

2019年8月30日 (金)

酔い潰れしみずからにしてその一部はだしの足をじっと見ている

1649日目。
絵画の延長線上に 彫刻はあるのか。

Fence-girigiri-201403-dialogue2

 

2019年8月29日 (木)

地の上に張りつく者のさだめにて想像力は天にも昇る

1648日目。
すべてはここからはじまったともいえる。縁側ーあ。2014年のこと。

Engawaa-201403_20190829123701

 

2019年8月28日 (水)

追伸2 ソラナックスにしておこうふかい眠りは枕元より

1647日目。
パノラマあらため~PAGE-4 2019

Capture-one-144792

2019年8月27日 (火)

とり敢えずデパスその一目覚めたらのむ約束の枕の友よ

1646日目。
枕元本舗提供。虫の声耳にききながら・・・

Capture-one-144672

2019年8月26日 (月)

ユーカリの毒の樹の下ならび立つ六年五組は卒業間近

1645日目。
還元と、滞留と。素地への遡行より。

_aku0085_12_20190826174601

2019年8月25日 (日)

甲府駅は信玄像を前にして坐しおり独り雨降るなかを

1644日目。
甲府駅周辺はおおきく様変わりしていた。こちらは箱根。

Dsc012572

 

2019年8月24日 (土)

ラジオよりかれ独特の声ながれ、十一月の梯子をかけよ

1643日目。
 November Steps  1967

Dsc013002

 

2019年8月23日 (金)

ぬぐほどにおもさ増しゆく人体のあれやこれやも湯けむりの中

1642日目。
ここよりほかの場所、または

Dsc012992

2019年8月22日 (木)

悪ふざけが過ぎる幼子夜になればその祖父よりも熟睡をせり

1641日目。
余白を多めにとって置くこと大事なり

Dsc012982

2019年8月21日 (水)

逃げ遅れし金魚はフナに戻るらし きらびやかなれ夏の歳時記

1640日目。
出荷箱数多の金魚ぶつからず 渡辺倫子

Dsc012972

2019年8月20日 (火)

カニは横へ海老はうしろへ逃げかくれどっちが美味かと声掛けおれば

1639日目。
どちらもうまい。

Dsc012962

2019年8月19日 (月)

目瞑りて首のうらよりわがなずき湯に浸けおれば卵黄気分

1638日目。
細胞が記憶しているのだ 月見て跳ねよ

Dsc012952

2019年8月18日 (日)

象徴としての表現みずからを省みるとき何語るべき(何を恥ずべき)

1637日目。
字余り?字足らず?

Dsc012932

2019年8月17日 (土)

物書きによわい体質見透かされ絵よりことばが先ゆくらんよ

1636日目。
不要不急の外出は避けるべしとのお達し~むべなるかな

Dsc012922

2019年8月16日 (金)

万国旗よじれつつわが右目より螺旋状にし斜るるごとし

1635日目。
右目というより、脳の衰えかも。

Dsc012912

 

2019年8月15日 (木)

今時の盆暮れにして父子のみに帰り来たりし我が子らと遊ぶ

1634日目。
盆三日あまり短し帰る刻 源義

Dsc012902

2019年8月14日 (水)

空腹はライスカレーを素通りし餃子ラーメン定に落ち着く

1633日目。
正確には、生中プラス半炒飯ラーメン餃子定食セット

Dsc012892

2019年8月13日 (火)

不自由をいとうことなく『表情と表現』の差異えがきわけたし

1632日目。
表情の自由とは あまり言わないかもしれないけれど

Dsc01288

2019年8月12日 (月)

七歳児叱る母音の声熱く籠もる子音の泣く音は細し

1631日目。
お盆休みは それなりに賑やかなれど

Dsc012862

2019年8月11日 (日)

昼火事やけむり巻くなかようようと町内会長自転車走らす

1630日目。
きのうのお昼ごろ、近所で火事があった。なかなか消えなかった。

Dsc01285

2019年8月10日 (土)

詩人とはサービスのひと秋立つとアートたずねて愛知へくだる

1629日目。
向日葵がすきで狂ひて死にし画家 虚子

Dsc012812

2019年8月 9日 (金)

進次郎結婚秘話が公共の電波にのって秋立つらしも

1628日目。
8月8日立秋 広島と長崎のあわい

Dsc012802

2019年8月 8日 (木)

一人より二人それともコレクティヴ チーム力とうことばの弾み

1627日目。
collective:共同体 correvtive:正すもの、中和剤 

Dsc012792

 

2019年8月 7日 (水)

穴めがけ玉打ち弾く快感は 適度にあそべパチンコ遊技

1626日目。
パチンコは、適度に楽しむ遊びです 全日本遊技事業協同組合連合会(略称:全日遊連)

Dsc012782

2019年8月 6日 (火)

煌めける夏の星星ほむるごと夜空あおげばわらう三日月

1625日目。
南と西 夏の天空ショー

Dsc012762

2019年8月 5日 (月)

夏ゆくや湖面に浮かぶ月影をとってくれろと泣く人魚かな

1624日目。
夏真盛り 庭の剪定ようやく終わる

Dsc012752

 

2019年8月 4日 (日)

明るめる星星ならべ夏の夜のそらに微笑む三日月ひとつ

1623日目。
西の空に沈む直前の三日月、目映し。

Dsc012722

2019年8月 3日 (土)

『絵画の骨』展、会場風景ほかアップされました

東京国立にある、宇フォーラム美術館での、
『絵のすがた――または、絵画の骨』展
会場風景、ならびにコメントなどの詳細は、
こちらからご覧になれます。➡ http://kunstverein.jp/custom317.html

_aku0111_15_20190803164101

水牛のように、8月号更新されました

灰いろの水のはじまり(その5)は、こちらから
➡ http://suigyu.com/2019/08#post-6309

星の子ら集まりしかばモノ盗りとなりて妖しき乱反射みす

1622日目。
視覚の構造~ヒカリへ 天の川なども

Dsc012652

 

2019年8月 2日 (金)

筆さきに分解されずに視野ふかくのこる裸婦像キュビズムともいう

1621日目。
キュビズムはその性格上具象からは完全には離反しない

Dsc012712

 

2019年8月 1日 (木)

独立の記念花火が真昼間の座間基地内のそらを焦がしむ

1620日目。
こちらは、はこね大文字

Dsc012662

 

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

フラッグ《フェンスぎりぎり》 公式ホームページ

  • 最新作およびテクスト満載 
    flag-fence-girigiri

Twitter

掲示板

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。
フォト

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ