« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月31日 (火)

さざんかの散りぎわにみる花びらの記憶の線は螺旋をむすぶ

1772日目。
大晦日 桃色がほぼ終わりを告げて白が続き赤がほころび始めた~山茶花だより・・・

Img_20191124_104303

2019年12月30日 (月)

空見上げからだの芯の奥底にヒカリ差すごと口開けいたり

1771日目。
ぬまづの晩秋の空 風が強かった・・・

Img_20191109_124049

2019年12月29日 (日)

昼となく夜となくわが奥底にときめきいたりゆめ見る装置

1770日目。
年の瀬も迫りつつある夕暮れの一室より望む風景・・・

Img_20191218_164314

2019年12月28日 (土)

みずからの体内にして水底にしずもるごとき感覚おぼゆ

1769日目。
庭の石蓮花 食用サボテンらしい 知らなかった・・・

Img_20191124_104348

2019年12月27日 (金)

静かなる青のめぐりに指の先あててききいる赤き血の音

1768日目。
静脈はなぜ青く見えるのか?・・・

Img_20191212_150957

2019年12月26日 (木)

Merryには時を短くするの謂いありて Christmas! うれいわすれて

1767日目。
『merry』の原義~時を短くする 楽しいときは早く過ぎ去るものらしい・・・

Img_20191212_151041

2019年12月25日 (水)

聖誕の夜を集える信徒らの顔のベールにうかぶ口許

1766日目。
初冬の九品仏浄真寺の境内 紅葉が見事~きょうはクリスマスだけれど・・・

Img_20191212_151114

2019年12月24日 (火)

この夜をデパス開放区と呼ぼう ドアーの向こうに群れる馴鹿

1765日目。
クリスマスイブの前日の朝 音もなく丹沢に雪が降った・・・

Img_20191223_085917

 

2019年12月23日 (月)

仰ぎみる冬至の空に血のいろの補色おもえばしぐれ降る雨

1764日目。
きのうは冬至 一日中曇り あけがた丹沢山塊に雪落とす・・・

_aku0086_1

2019年12月22日 (日)

つつがなく冬至の夜は明けながら生まれ落ちても奥のとは闇

1763日目。
きょうは冬至 うすら寒い 奥能登の満潮時間を調べてみる・・・

_aku0095_1

 

 

2019年12月21日 (土)

峪深き甲斐の猿橋両岸にもみじ蓄え雨呼ぶ如し

1762日目。
晩秋の甲斐の猿橋はみどころ一杯~ちょっと怖いくらい・・・。

Img_20191128_121846

 

 

2019年12月20日 (金)

生きるとは気持ちのいいことなかんずく分かち合うこと委細面談

1761日目。
いわゆるラク書き・・・。

Raku-mimikaikai-201705022

2019年12月19日 (木)

猿の背に猿を連ねて橋となす景色面白猿橋へ来よ

1760日目。
犬猿の仲・・・zzz

Raku-is-sleeping

2019年12月18日 (水)

しき嶋のやまとごゝろをとく君の肩に散らせし花びら隠微

1759日目。
しき嶋のやまとごゝろを人とはゝ゛朝日にゝほふ山ざくら花 本居宣長・・・

P409000920120106

2019年12月17日 (火)

かぜ吹けばおぐらき黒き安倍かわの蜜にからまる花びら無尽

1758日目。
安倍かわとは 安倍川餅の略 広辞苑にも記載あり・・・

P4110055

2019年12月16日 (月)

年忘れ はなみる会の喧騒も うたをわすれしカナリヤ哀れ

1757日目。
歌を忘れたカナリヤのうた・・・

Dsc009242

2019年12月15日 (日)

振り向けば日溜りのなかしどけなくねむるオマエはラクではないか

1756日目。
初冬の日溜り・・・

Dsc012902_20191215113701

 

2019年12月14日 (土)

よべの穢れぬぐい去るごと拭きいたるメガネレンズはかくまで涼し

1755日目。

春を待ち侘びる ハナミズキ・・・

Img_20191124_104428

2019年12月13日 (金)

ステンレス・シンクの上の水滴の、未必の故意の集合の妙

1754日目。
ひとつとしておなじかたちのない水溜り・・・

Img_20191124_104319

2019年12月12日 (木)

猿同士呼吸合わせてつぎつぎに組みゆくに似て甲斐の猿橋

1753日目。
いわゆる刎橋 はねばし 深い渓谷のために橋脚がない・・・

Img_20191128_121739

2019年12月11日 (水)

湯にあればぺたりぺたりと口笛の男ペタリ氏かたえに来おり

1752日目。
くちぶえは意外に耳にとどきやすい 耳障りともいう・・・

Img_20191128_121321

2019年12月10日 (火)

病得しキチキチバッタばったりと不意の知らせに恐々として

1751日目。
オノマトペ研究はたまた・・・

Img_20191128_121328

2019年12月 9日 (月)

忘れたい忘れられない忘れても忘れたことは忘れずにいる

1750日目。
年忘れ 花見る会の 喧噪も・・・

Img_20191128_121728

2019年12月 8日 (日)

花言葉唯我独尊嫌われて背高秋の麒麟草かな

1749日目。
通称セイタカアワダチソウ こちらは大月の猿橋・・・

Img_20191128_121751

2019年12月 7日 (土)

冬空に星々の声透きとおり夜間飛行は神々の証し

1748日目。
大月猿橋から見る絶景・・・

Img_20191128_121808

2019年12月 6日 (金)

今しばしことば脱ぎ捨てこのわたし風呂に入るなり忘れんがため

1747日目。
お風呂は確かに面倒くさいが・・・

Img_20191124_104454

2019年12月 5日 (木)

夜の月に攫われしごとも踏切に人影たえて 鬼子母神前

1746日目。
こちらは初冬の甲府盆地・・・

Img_20191128_071338

2019年12月 4日 (水)

デモ帰りの路地ゆくわれにくらぐらと赤く点る灯 鬼子母神前

1745日目。
こちらはうっすらと雪の丹沢・・・

Img_20191129_072953

2019年12月 3日 (火)

ちぶさより熱き湯いだす置物のありてほのぼのきょうの男湯

1744日目。
きのうの午後ほんの一瞬だったけれど 淵野辺の町におおきな虹がかかった
写真は石和の盆地・・・

Img_20191127_162634

2019年12月 2日 (月)

うれいなきひとのからだの軽々と浮くも沈むも坪湯にひとり

1743日目。
おおきな露天風呂があるというのに・・・

Sworks-0292

2019年12月 1日 (日)

露天湯の石の配置のいろどりに見覚えのあり子らと来しこと

1742日目。
あれもこれも 忘れてしまう 年齢に 近づきつつある 師走なりけり

Sworks-031

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

フラッグ《フェンスぎりぎり》 公式ホームページ

  • 最新作およびテクスト満載 
    flag-fence-girigiri

Twitter

掲示板

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。
フォト

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ