« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月31日 (火)

虹を織る手ゆびかすかにふるえつつ浅葱のいろにときめく二月

1862日目。
あさぎ 薄い葱の葉のいろの意。みずいろ、うすあお。

Dsc009392

2020年3月30日 (月)

霊いまだめざめを知らず 白濁の声にしわぶくあけの一月

1861日目。
デジタルカメラが便利なところ・・・

Dsc015042

2020年3月29日 (日)

麗かや 騙しの手口そこここに隠れ見えして滅びゆく民

1860日目。
ながく長く 持ちこたえる 体力は 残っているのだろうか・・・

Dsc014622

2020年3月28日 (土)

闇の夜に小暗き部分を隠すようにサクラ咲かせて笑顔満開

1859日目。
もはや部分ではないのかもしれないが・・・

Dsc014652

2020年3月27日 (金)

おしゃべり割60という文言にこころときめく老いびとは春

1858日目。
注意事項はよくよく読まなければいけませんよ・・・

Dsc014702

2020年3月26日 (木)

五輪の輪 ときどき知恵の輪のごとしクーベルタンは遠くなりにけるかも

1857日目。
資本主義が終わろうとしている・・・

Dsc014742

 

2020年3月25日 (水)

夢多き人のことばをわきに置きツツピツツピと鳴くシジュウカラ

1856日目。
四十雀 じつはゴジュウカラ(五十雀)という鳥もいるのです 春ですね・・・

Dsc014732

2020年3月24日 (火)

配合の妙を説きつつ摘まみゆく柿の種こそ悩ましきかな

1855日目。
終日 春の嵐の 吹き荒れて 何残すべき 何捨てるべき・・・

Dsc014722

2020年3月23日 (月)

それぞれに噛みしめいたる柿の種の、四の五の言わず食めとゆう声

1854日目。
配合が、6:4から7:3にかわった。忠実に摘まみたいのに~愛好者が多いなかで・・・

Dsc014712

2020年3月22日 (日)

何時間寝ても飽きない体力をふともおもえり彼岸の明けに

1853日目。
彼岸~春の季語 秋は秋彼岸というらしい・・・

P9170025_20200322152001

2020年3月21日 (土)

夜眠るまえの大事な所作のひとつけっして後ろをふり向かぬこと

1852日目。
よき眠りは 最高の杖・・・

P10307432

2020年3月20日 (金)

みてくれは良くも悪くもこの階段のぼるに険しくだるに辛し

1851日目。
階段こわし のぼりよくとも 危ない階段が多い・・・

Img_20171203_112048

2020年3月19日 (木)

老ふうふガラケーなるを卓に置き閉じこもるのみに暮らすも楽し

1850日目。
老年に入りたる人の正しい身の処し方、その他・・・

Img_20171203_112042

2020年3月18日 (水)

顔となり声となりしてあかときの闇に溶けだす夢のあかるさ

1849日目。
ノラ猫の集まる庭・・・

Img_20171203_112040

 

2020年3月17日 (火)

形容詞と副詞のぞけば何でしょう?民を欺く声たかくして

1848日目。
雄弁:人に感銘を与える、巧みで力強い弁舌・・・

Img_20170824_155058_626

2020年3月16日 (月)

謂われなき罪を着せられひと知れずなげくかなしむにくむ三月

1847日目。
寒の戻り 荒れ放題の天気 日溜りをもとめて・・・

Img_20171204_105053

2020年3月15日 (日)

在りし日の団欒にしてひりひりと夢のなかでも諍い止まず

1846日目。
この二匹は仲の良い兄弟なり・・・

Img_20171204_104904

 

2020年3月14日 (土)

夢ながらわが父母がいて子らがいてそれを見ている饒舌な目よ

1845日目。
それぞれの庭の片隅 ノラ猫のいる風景を切り取る・・・

Img_20171204_104458

 

 

2020年3月13日 (金)

夜もすがらあいてもとめてひとり見るゆめは果てなし何語るべき

1844日目。
目覚めても まだ夢の中にいるような感じがつづく・・・抱きたくても抱けぬ野良猫

Img_20170911_095300

 

2020年3月12日 (木)

夜眠るために昼間があることも デパス一つにたくす進退

1843日目。
どんな時でも 睡眠は大事です・・・ノラ猫のチビ

Img_20171204_1051582-20200312

 

2020年3月11日 (水)

みちみちに童子らの声あふれいて晴れ晴れとあり 病める三月  

1842日目。
縄跳びが流行りのようだ 暖かないちにち・・・

P1010014

 

2020年3月10日 (火)

公園に少年少女らつどい来て群れあそびおり やまいの春を

1841日目。
降って湧いたような ながーい春休みになりにけるかも・・・

Img_20180727_1056262

 

 

 

2020年3月 9日 (月)

マスクから目鼻耳くち脱ぐように両のてのひら浄めいるなり

1840日目。
手洗い励行 アルコール消毒なども 丁寧に・・・見えない裏側

P1141048

2020年3月 8日 (日)

騒音にも大気汚染にも耐えて来し庭のあらくさ抜けば楽しも

1839日目。
あらくさ 雑草のこと 体力つけねば・・・

Dsc010342_20200308121101

2020年3月 7日 (土)

捨てマスク顔のかたちにひらきしを風が舞い上ぐ天までのぼれ

1838日目。
ハクモクレンはいまが満開・・・

P1051011

 

2020年3月 6日 (金)

粛粛とマスク購う人つける人脱ぐ人ありてそを拾う人

1837日目。
粛粛 しゅくしゅく つつしむさま しずかにひっそりとしたさま 厳かなさま・・・

P1011002

2020年3月 5日 (木)

憂いつつニュース消したるそのままに佇ちいたるなりテレビの前に

1836日目。
ほんとうの ことを言わない ニュースなんて・・・

P1011001

2020年3月 4日 (水)

テレビ消して小暗きままに佇ちいたるわがあることもテレビは映す

1835日目。
フェンス・フェンス・フェンス 以下同文・・・

Pb150990

2020年3月 3日 (火)

さっきからぼうっと佇っているわれをテレヴィの暗い画面に知るも

1834日目。
テレビ切ったのにそのままじいっと佇むときがある・・・ニュースがちっとも要領を得ない!

Dsc011542

2020年3月 2日 (月)

しな切れの棚くうかんに弁明の文字がいならぶ 読むひとは読む

1833日目。
店員さんも説明に大わらわ 白いものから消えてゆくのか?・・・

Dsc011722

2020年3月 1日 (日)

けがれたる目鼻耳くち脱ぐように暗き湯ぶねにしずめおるなり

1832日目。
少し温めのお湯にゆったりと入るといいらしい・・・

Dsc011732

 

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

フラッグ《フェンスぎりぎり》 公式ホームページ

  • 最新作およびテクスト満載 
    flag-fence-girigiri

Twitter

掲示板

楽のいた日々、またはコーギーはお好き?

  • Dvc00042
    その犬の名は、楽。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク種のおんなの子。 英国原産の牧場犬。胴長短足。 1997年12月23日愛知県生まれ。 コーギーとは、北欧の妖精の謂い。
フォト

2015年の等々力のフラッグ

  • Dsc005142
    フラッグ《フェンスぎりぎり》素地への遡行展の記録。 2015年5月29日より6月21日まで。 東京世田谷の、スペース23°Cにて。

2015年の沼津のフラッグ

  • Dsc004662
    2015年3月~4月個展フラッグ《フェンスぎりぎり》:沼津市庄司美術館(静岡)

2015年のフラッグ

  • Flag_fence_girigiri_201510
    フラッグ《フェンスぎりぎり》展 2015年1月8日(木)~1月17日(土) ギャラリー檜B・C 撮影はすべて、森岡純氏。

1984年のAB

  • 1984alumatiksblue8
    初個展。銀座3丁目ギャラリー檜にて。1984年3月。
無料ブログはココログ